このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

「スマート農業実証プロジェクト」について

スマート農業実証プロジェクトとは

本プロジェクトは、ロボット、AI、IoTなど先端技術を活用した「スマート農業」を実証し、スマート農業の社会実装を加速させていく事業です。
スマート農業技術を実際に生産現場に導入し、技術実証を行うとともに、技術の導入による経営への効果を明らかにすることを目的としています。
令和元年度から開始し、これまで全国179地区(令和元年度69地区、令和2年度55地区、令和2年度補正24地区、令和3年度31地区を採択)において実証を行っています。
本ウェブサイトでは、プロジェクトに関する最新情報、現場の声、実証データ等を掲載しています。

お知らせ

2021年7月16日(金曜日)
公募情報 令和3年度「スマート農業実証プロジェクト」(ローカル5G)の公募受付を終了しました。
2021年6月16日(水曜日)
公募情報 令和3年度「スマート農業実証プロジェクト」(ローカル5G)の公募について
2021年3月30日(火曜日)
公募情報 令和3年度「スマート農業実証プロジェクト」の採択結果について

報道情報

2021年3月30日(火曜日)
プレスリリーススマート農業の導入によるさまざまなメリットや課題が明らかに!
2020年12月11日(金曜日)
プレスリリーススマート農業に関する最新情報を動画を交えて一斉公開!
~「スマート農業推進フォーラム2020」が12月11日にオープン~
2020年10月30日(金曜日)
プレスリリーススマート農業で平場でも中山間でも、水田作での労働時間の短縮が可能に!
2020年10月1日(木曜日)
プレスリリース「スマート農業総合推進パッケージ」を策定しました。
2020年9月4日(金曜日)
プレスリリース スマート農業は農家のモチベーションを高める!

スマート農業を推進していくためのアンケートを実施しています。ご協力をお願いいたします。

  • アンケート水田作の農業者の方はこちら
  • アンケート畑作・園芸等の農業者の方はこちら

「MAFFアプリ」に登録いただくと、スマート農業をはじめ農政の最新情報を受け取ることができます。詳細はこちらをご覧ください。

スマート農業全般に関する情報は、こちらをご覧ください。

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究推進課

担当者:中西、吉田、齋藤
代表:03-3502-8111(内線5891)
ダイヤルイン:03-3502-7438