このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

予算関連情報

本ページでは「スマート農業実証プロジェクト」に関する「関連情報」のうち、予算について掲載しています。

スマート農業技術の開発・実証等に係る令和3年度補正予算について

 これまでのスマート農業実証プロジェクトで得られた成果と課題を踏まえ、⽣産現場のスマート農業の加速化等に必要な技術の開発から、個々の経営の枠を超えて効率的に利⽤するための実証、実装に向けた情報発信までを総合的に取り組みます。

令和4年度スマート農業技術の開発・実証等に係る新たな予算(案)について

 人口減少社会の進展に対応し、地域が一体となって、持続性の高い生産基盤の構築を図るため、サービス事業体等を活用して産地単位で作業集約等を図るスマート農業産地のモデル実証に加え、環境保全効果が高い最先端技術の実証等を行います。

 スマート農業の開発が必ずしも十分でない品目や分野について、地場メーカーや農業者、大学、地域金融機関等と先端技術を有する研究機関・企業が連携しておこなう、地域のニーズと農業者目線に基づいた技術開発・改良を推進します。

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究推進課スマート農業実証プロジェクト推進チーム

代表:03-3502-8111(内線5891)
ダイヤルイン:03-3502-7437

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader