このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

ムーンショット型農林水産研究開発事業について

ムーンショット型研究開発制度とは

ムーンショット型研究開発制度は、我が国発の破壊的イノベーションの創出を目指し、従来の延長にない、より大胆な発想に基づく挑戦的な研究開発を、総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)の下、関係省庁が一体となって推進する新たな制度です。
本制度では、CSTIが決定するムーンショット目標及び関係省庁が目標達成に向けて策定する研究開発構想に基づき、挑戦的な研究開発を推進します。

ムーンショット型研究開発制度について(内閣府ホームページ)(外部リンク)

 

ムーンショット型農林水産研究開発事業について

農林水産省では、ムーンショット目標のうち、目標5「2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出」を達成するため、研究開発構想を策定し、ムーンショット型農林水産研究開発事業を実施します。

ムーンショット目標5について

ムーンショット目標5について(PDF : 351KB)

Moonshot Goal 5(PDF : 170KB)


研究開発構想について

ムーンショット目標5 研究開発構想について(PDF : 608KB)

Moonshot Goal 5 Research and Development Conception(PDF : 892KB)


ムーンショット型農林水産研究開発事業の概要

ムーンショット型農林水産研究開発事業の概要(PDF : 361KB)


事業に係る公募等は、生物系特定産業技術研究支援センターが実施します。

ムーンショット型農林水産研究開発事業(生物系特定産業技術研究支援センターホームページ)(外部リンク)



業務に関する報告書

令和元年度業務報告書(PDF : 1,136KB)




お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究推進課

ダイヤルイン:03-3502-5530
FAX番号:03-3593-2209

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader