このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

農林水産研究成果10大トピックス

2016年


2016年農林水産研究成果10大トピックス一覧(PDF : 2,474KB)



TOPIC1
刈刃の回転を即座に止める機構の開発 -刈払機の刈刃との接触事故低減に期待!!-

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(以下「農研機構」という。)は、刈払機を用いた作業中に転倒したり、刈刃が障害物や地面に当たった反動で跳ね返ったりした場合に回り続ける刈刃による事故を低減させるため、市販機への後付も考慮した刈刃停止機構を開発した。刈刃に直接ブレーキパッドを接触させて制動することで、停止まで20秒以上要していた刈刃の回転時間を約3秒に短縮でき、事故低減が期待される。

TOPIC2
飼料用米に適した水稲新品種「オオナリ」を開発 -10アール1トンの超多収に期待!!-

農研機構は、飼料用米に適した水稲新品種「オオナリ」を開発した。多収品種「タカナリ」の脱粒性を改善することにより、収穫期の損失が減少し、これまでで最高レベルの収量性を持っている。「オオナリ」の普及により、飼料用米の生産コストの削減が期待される。

TOPIC3
光で天敵を集め、害虫を減らす技術を開発 -化学農薬が効かないアザミウマの防除に期待!!-

農研機構、筑波大学、株式会社シグレイは共同で、特定の波長を作物に照射し、アザミウマの天敵であるハナカメムシを作物上へ誘引・定着させる技術を開発した。紫色LEDを1日3時間作物に照射することで、天敵が最大10倍まで増加し、害虫を効率的に捕食させ防除することが可能となった。本技術による農薬散布の削減や薬剤抵抗性害虫の防除への効果が期待される。

TOPIC4
コウモリを真似た超音波でガの飛来を阻害する技術を開発 -環境に優しい物理的害虫防除が可能!!-

農研機構は、農業害虫である「ガ」が嫌がる超音波のパルスの長さを明らかにした。ガをよく捕食するコウモリが発する超音波パルスを模した合成音を聞かせることで、ノメイガの農作物への飛来を減らすことができ、本手法により、ガの産卵を高効率に阻害することで化学殺虫剤の散布回数を削減し、環境負荷の少ない害虫防除技術の開発が期待される。

TOPIC5
トマトの青枯病にアミノ酸が効くことを発見 -新しい青枯病防除剤の開発に期待!!-

農研機構は、トマトの重要病害である青枯病の防除にヒスチジンやアルギニン、リシン等のアミノ酸が有効であることを発見した。ヒスチジン等のアミノ酸に青枯病の原因である青枯病菌を直接殺菌する効果はないものの、植物の病害抵抗性を高め、発病を抑える効果があることを確認した。作物の病害抵抗力を利用した青枯病防除剤の素材として期待される。

TOPIC6
養豚農家で使える受精卵移植技術の実証に成功 -伝染病侵入の危険が少ない種豚導入に期待!!-

佐賀県畜産試験場は、農研機構動物衛生研究部門など5研究機関と共同で、一般養豚場に輸送した凍結保存受精卵を、開腹手術をせずに母豚に移植し子豚を生産することに成功した。この技術の普及によって、受精卵での種豚導入が可能となる。これにより、種豚の移動が不要となるため、伝染病侵入リスクの低減や輸送の際に生じる経費削減や省力化が期待される。

TOPIC7
日本初のデュラム小麦品種「セトデュール」を育成 -国産セモリナ粉で本格的なパスタを提供!!-

農研機構は、日本初のデュラム小麦品種「セトデュール」を育成した。黄色みのあるセモリナ粉が取れ、スパゲッティはデュラム小麦特有の食感を示す。100%国産のデュラムセモリナを使用したパスタ製品の提供が可能となり、小麦栽培の拡大や地産地消、6次産業化への貢献が期待される。

TOPIC8
野菜の品種開発を加速する新しいDNAマーカー育種技術を開発 -開発期間3年でトマト新品種の育成を実現!!-

タキイ種苗株式会社は、高度なDNAマーカー選抜技術を駆使し、野菜の品種開発を大きく加速する新しい育種技術を開発した。トマトでは複数の新しい耐病性を持ち農業形質にも優れた新品種開発が従来の半分以下の期間(3年程度)で可能であることを実証した。多くの野菜品目で、新しい形質をもつ優良品種の高速育成が期待される。

TOPIC9
ベータ-クリプトキサンチンで生活習慣病の発症リスクの低下を実証 -ウンシュウミカンの消費拡大に期待!!-

農研機構は、浜松医科大学、浜松市と合同で、ベータ-クリプトキサンチンを多く含むウンシュウミカンの摂取により、生活習慣病の発症リスクが低下することを明らかにした。既に表示が認められている骨の健康に役立つ機能に加え、新たな機能性表示に繋がり、ウンシュウミカンの更なる消費拡大が期待される。

TOPIC10
自家受粉が可能なニホンナシ新品種「なるみ」を育成 -人工受粉の省力化が可能!!-

農研機構は、自分の花粉で受精し人工受粉が不要なニホンナシ新品種「なるみ」を育成した。一般にナシは自分と同じ品種の花粉では実ができないが、「なるみ」は自分の花粉でも結実可能である。全国のニホンナシ産地で栽培可能であり、花粉調製が不要で人工受粉の省力化が可能な品種として普及が期待される。

2015年

1.中山間地対応型栽培管理ビークルを開発-耕うんから管理作業までを1 台でカバー、投資コストの低減に期待-(PDF:253KB)

農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センターは、三菱農機株式会社と共同で、小型で旋回しやすいため小区画ほ場でも作業し易く、また、後輪を上げ下げできるため水田から出る時や傾斜のきつい農道を走行時の安全性が向上する中山間地対応型栽培管理ビークルを開発した。作業機を交換することで耕うん、田植えなど様々な農作業が可能であり、中山間地の小区画・非定型水田における作業の省力化及び新規就農時の初期投資の抑制つながることが期待される。

2.全てのナシ品種を結実させる花粉を作るニホンナシ系統を作出-人工受粉が要らない品種・全てのナシ品種に使える受粉専用品種の育成に期待-(PDF:393KB)

農業・食品産業技術総合研究機構 果樹研究所は、自分の花粉で受精し人工授精が不要な日本梨の新系統を育成した。農業生物資源研究所放射線育種場に植えていた「幸水」の花粉を果樹研究所の「幸水」と交配して育成。一般に梨は自分と同じ品種の花粉では実ができないが、この新系統は全ての梨を結実させる花粉を作れるという。これをもとに、人工授粉が不要な優良品種や授粉用の花粉を生産する専用品種の育成が期待される。

3.簡単に使えて、きれいに治すばんそうこう型人工皮膚を開発-生体適合性に優れた革新的な再生医療機器の開発に期待-(PDF:248KB)

佐賀大学、農業生物資源研究所、祐徳薬品工業株式会社は共同で、ブタのコラーゲンから「アテロコラーゲンビトリゲル®膜」を使用した、ばんそうこう型人工皮膚を開発した。動物実験では、傷痕をほとんど残すことなく治癒されることを確認しており、生体適合性に優れた革新的な再生医療機器の開発が期待される。

4.受粉せずに果実が肥大する高糖度トマトの変異体とその遺伝子を発見-消費者も栽培者もうれしいトマト品種の開発に期待-(PDF:384KB)

筑波大学は、トマトの大規模変異体集団の中から、受粉せずに果実が肥大し、糖度が高い新規の変異体を選抜。原因遺伝子を同定するとともに、そのDNA マーカーを開発。交配育種によって低コスト・労力で栽培できる糖度が高いトマト品種の開発に貢献できると期待される。

5.ナスの受粉作業を省くことができる新しい遺伝子を発見-ナス科野菜の省力・安定生産に貢献が期待-(PDF:450KB)

農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所とタキイ種苗株式会社は共同で、ナス、トマト、ピーマン等のナス科野菜に単為結果性をもたらす新しい遺伝子を発見。この遺伝子に突然変異が生じることがあり、果実の成長に必要な植物ホルモンであるオーキシンが増える原因であることが明らかになった。さらに、トマトやピーマンにも同じ働きを持つ類似の遺伝子があり、国内生産現場における生産性向上や栽培の省力化に大きく貢献することが期待される。

6.“人類最古の農業”栽培オオムギの起源を解明-ムギ類の効率的な品種育成に期待-(PDF:396KB)

農業生物資源研究所と岡山大学は共同で、オオムギの栽培化のルーツとなった実が落ちない遺伝子を特定し、世界の2 つの大きなオオムギ品種のグループを分子的に判定することを可能にした。2 つのグループの交配で現れる「実が落ちる」形質を、DNAマーカーを利用することで除去できることから、両者を交配する育種が効率的に実施でき、新たな性質をもつ品種の育成が期待される。

7.コメ粒を巨大化させる遺伝子を発見-超多収イネ品種の育成に期待-(PDF:490KB)

名古屋大学は、イネの種子を大きくする遺伝子を発見。コメ粒が短いジャポニカ米「日本晴」と細長いインディカ米「カサラス」の遺伝子を比較。12 本の染色体のうち、第6 染色体にコメの大きさを制御する遺伝子「GW6a」を発見し、この働きが、「カサラス」が「日本晴」より強いことを突き止めた。この遺伝子を識別できるDNA マーカーを開発することによって品種開発が容易となり、超多収イネの育成に貢献することが期待される。

8.イチゴのパック詰めロボットを開発-軟弱な果実を傷つけずにハンドリング-(PDF:346KB)

農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センターとヤンマーグリーンシステム株式会社は、イチゴの選果施設を対象としたパック詰めロボットを開発した。1 回に最大で6 個の果実を同時に扱えることにより、人が行うよりも作業時間を40%程度短縮することができる。本装置により選果施設の処理能力が拡大されることで、イチゴ生産者がパック詰め作業から完全に解放され、よりきめ細かい栽培管理や規模の拡大が可能となり産地の活性化が期待される。

9.大豆の落ちこぼれを救う遺伝子を発見-機械収穫に対応した効率的な品種開発に期待-(PDF:543KB)

農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター、作物研究所、北海道大学、農業生物資源研究所、香川大学は共同で、大豆の収穫ロスを抑制する遺伝子を明らかにした。この遺伝子を導入すると、成熟後、乾燥してもさやがはじけにくく、畑に落ちる大豆が減る。DNA マーカーの利用による新品種開発の効率化を通じて、大豆の安定生産への貢献に期待される。

10.市販機器で自作可能な放牧向け自動飲水供給システムを開発-電気牧柵システムを活用して家畜管理の省力化に期待-(PDF:253KB)

農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所は、電気牧柵などに使う太陽光発電装置を電源に使った放牧向けの飲水供給システムを開発。電気が通じておらず、川や用水路などの水源が放牧地より低いような場所で活用できる装置で、耕作放棄地放牧にも適している。飲水を省力的に自動で供給可能。直流電源用のポンプなど、市販の機器を組み合わせて自作でき、導入コストの低減が期待される。


これまでの10大トピックス

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究調整課

担当者:広報班
代表:03-3502-8111(内線5847)
ダイヤルイン:03-3502-7407
FAX番号:03-5511-8622

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader