このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

国際農業研究情報集積サイト 

 新 着 情 報 (最終更新:2017年5月25日) NEWアイコン

農林水産省における国際農業研究の取組 

国際農業研究に係る政策・施策等  

2012年9月「国際的に通用する農林水産研究者の育成に関する基本方針(PDF : 237KB)
国際的な対応の必要性の高まりを受け、農林水産研究に携わる人材育成のあり方を示したものです。

2016年7月「国際農林水産業研究戦略」-国益に直結するオール・ジャパンによる攻めの国際研究の推進のために-
農林水産分野の国際研究を取り巻く最近の国内外の環境の変容に対応しうる今後の国際農林水産業研究に係る施策の方向性を示すため、農林水産技術会議で討議し「国際農林水産業研究戦略」を策定しました。

 

実施中の主な国際農業研究プロジェクト  

国際連携による気候変動対応技術の開発(PDF : 355KB) (2013から2017年度 委託プロジェクト研究)>

  • 途上国における乾燥耐性品種の開発
  • アジア地域の農地における温室効果ガス排出削減技術の開発
  • 途上国における農産廃棄物の有効利用による気候変動緩和技術の開発

<CGIARへの拠出金による研究協力(ODA)>

 国際農業研究の推進のための取組(人材育成・ネットワーク構築等)

海外の研究者の一層の意欲向上に資するため、優れた功績を挙げつつある若手外国人研究者に対して、2007年から毎年度、表彰を行っています。

農林水産・食品分野における試験研究において、我が国の政策ニーズを踏まえた海外の研究機関と連携し取組を進めるべき具体的な研究テーマに基づき、共同研究の実現に向けて、研究資源などの把握を含む実現可能性の調査、共同研究体制の構築、詳細な共同研究課題の策定等、海外の調査対象研究機関との共同研究実施に必要な調整を実施します。(2016年度の募集は終了しました。)  

OECD(経済協力開発機構)が実施する事業で、本CRP参加国(OECD加盟国のうち24カ国)で短期在外研究を行う際の旅費等や、国際会議/ワークショップ/シンポジウム等の開催の際に招へいする講演者の旅費等を支援します。 

 海外の国際農業研究機関等において、食料・環境問題解決に向けた途上国研究者の人材育成を支援します。 

(終了した事業)

国際農業研究の現場から

世界で活躍する研究者からのメッセージ      

様々な方面で活躍する国際農業研究者からのメッセージを紹介します。 

国際農業研究の取組事例の紹介

海外で活動している研究拠点の情報や実施中のプロジェクトについて紹介します。

国際的な農業研究の枠組みや動向 

主な国際研究ネットワーク

国際農業研究協議グループ(CGIAR)などの国際的な研究の枠組みについて紹介します。 

国際的な動向

 農業研究に関する国際的な動向について紹介します。

国際農業研究協議グループ (CGIAR)関係機関の空席情報

CGIAR関係機関の研究者の空席情報に関するリンク先を紹介します。

関連する組織や団体等へのリンク 

 

お問合せ先

農林水産技術会議事務局国際研究官室

代表:03-3502-8111(内線5900)
ダイヤルイン:03-3502-7467
FAX番号:03-5511-8788

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader