このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

若手外国人農林水産研究者表彰について

概要

国際的な食料、環境問題の解決に向けた研究開発が求められる中、食料・農業・農村基本計画において、我が国も国際的な食料問題、環境問題の解決を図るための研究開発を目標に掲げ、海外の研究機関との連携による共同研究の推進を図っているところです。
海外の研究機関との連携をより密接なものとし、我が国が行う開発途上地域のための技術開発に貢献する海外の研究者の一層の意欲向上に資するため、優れた功績を挙げつつある若手外国人研究者に対しても表彰を行うことがきわめて重要と考えています。
このため、優れた功績を挙げつつある若手外国人研究者(40歳未満)に対する表彰を2007年(平成19年度)から実施しています。

これまでの受賞者(敬称略、順不同)

<2016年度(第10回)>業績概要(PDF : 461KB)

受賞者 業績名 所属
ムサイダ・マーシー・マンユチ (32歳) 食物残渣を利用したミミズ堆肥及びミミズ液肥のバイオ肥料の生産 ハラレ工科大学
ギャザヘン・ギルマ・テセマ (36歳) ヤム遺伝資源の保全及び育種技術の改善へ向けた新たな手法 国際熱帯農業研究所(国籍エチオピア)
アロンゾ・アルロド・ガブリエル (35歳) 精密食品加工:食品安全、食品防御(食品の人為的要因を含む劣化の防止など)、及び食品の品質確保のための食品の微生物学的、及び物理化学的特性に関する数理モデルの構築 フィリピン大学ディリマン校

 

<2015年度(第9回)>業績概要(PDF : 475KB)

受賞者 業績名 所属
アニ ウィディアストゥティ (38歳) ヒートショック誘導抵抗性のメカニズム、有効性、および実用的応用 インドネシアガジャマダ大学
ビエンサクン ナパサー (37歳) ラオスでの持続可能な畜産農業促進のための牛用飼料向けサイレージ技術と農業副産物の開発と利用 ラオス 国立大学
アーテフ スウェラム (39歳) ナイル川デルタ地帯の土地及び水生産性を高めるための、小規模農場向けで費用対効果の高い揚床機械の開発 国際乾燥地農業研究センター(国籍エジプト)

 

<2014年度(第8回)> 業績概要(PDF : 457KB)

受賞者 業績名 所属
ギリラジ アマルナート (36歳) アジアとアフリカにおける小農のための農業の洪水リスクに対する回復力と適応力の向上に関する研究 国際水管理研究所(国籍インド)
ホー レ ティ (39歳) ベトナム原産キュウリ品種およびベトナム稲品種に含まれるアレロパシーとアレロケミカルに関する研究 ベトナム農業科学アカデミークーロンデルタ稲研究所
アサド ジャン (38歳) 環境ストレス状況下における植物の成長制御の解析 パキスタン ペシャワール農業大学

 

<2013年度(第7回)> 業績概要(PDF : 434KB)

受賞者 業績名 所属
リーホン ナ (31歳) DNA アプローチによるマレーシアの重要木材種Neobalanocarpus heimii (フタバガキ科)の木材追跡システム マレーシア森林研究所、マレーシア
ノウマン ベルコ (35歳) ササゲ(Vigna unguiculata L. (Walp.))の耐乾性に関する効率的な評価と選抜 セネガル農業研究所、ブルキナファソ
パヌワン チャンタワンナクル(38歳) ミツバチ病理学とアジアにおける養蜂の開発 チェンマイ大学、タイ王国

 

<2012年度(第6回)> 業績概要(PDF : 652KB)

受賞者 業績名 所属
スディシャ ジョガイア (37歳) トウジンビエのベト病対策に関する研究(新規抗ベト病物質の解明とベト病抵抗性DNAマーカーの開発) マイソール大学、インド
カノックワン シラッタナー (30歳) 家畜および絶滅危惧種の安定した増殖に向けた生物学的手法の改良 スラナリー工科大学、タイ王国
イン リージュン (40歳) 伝統食品の品質・機能性向上のための加工技術の開発と新たな乳化技術の適用による革新的処理システムの構築 中国農業大学、中華人民共和国

 

<2011年度(第5回)> 業績概要(PDF : 738KB)

受賞者 業績名 所属
ロエル ロドリゲス スラルタ (37歳) 変動する土壌水分ストレスの下でイネの乾物生産量を維持するための根の可塑性の重要性  フィリピン稲研究所(PhilRice)、フィリピン
モハマド アブドール アリム (39歳) ダニ及びダニのもたらす病害に関する斬新な抑制戦略の開発を目指したダニ分子生物学の研究 バングラデシュ農業大学、バングラデシュ
ヨネ ローデンブルフ (36歳) 資源の乏しい稲作農家のための社会的に実現可能な雑草管理戦略 アフリカ稲センター、タンザニア

 

<2010年度(第4回)> 業績概要(PDF : 1,290KB)

受賞者 業績名 所属
デウプラ アチャリゲ リリシャ リーラマニー(35歳) モデル土壌を利用した土壌撥水性に関する研究 ルフナ大学、スリランカ
ラテイーヤ ワイオヌクーン(31歳) リグノセルロース系バイオマスを効果的に分解するための多酵素複合体の開発 キングモンクット工科大学トンブリ校(KMUTT)、タイ
ジェンビン イェン(34歳) トウモロコシ粒におけるプロビタミンAの生物学的栄養強化 国際とうもろこし・小麦改良センター(CIMMYT)、中国

 

<2009年度(第3回)> 業績概要(PDF : 247KB)

受賞者 業績名 所属
マリア・ジュネミー・ヘイゼル・レオニーダ・リバターラモス(37歳) 熱帯地域における商業的に重要かつ絶滅が危惧される海洋無脊椎動物の資源量の増強 東南アジア漁業開発センター(SEAFDEC/AQC)、フィリピン
アモス・アデインカ・オナサンヤ(39歳) 西アフリカのイネに見られるいもち病、イネ黄斑ウイルス病、白葉枯病、シントメタマバエの病原型に関する分子レベルの特徴付け アフリカ稲センター(Africa Rice)、ベナン
 ケビン キッション・アン(33歳) 数種の熱帯樹木の遺伝的多様性に対する空間構造と伐採の影響 マレーシア森林研究所(FRIM)、マレーシア

 

 <2008年度(第2回)> 業務概要(PDF : 247KB)

受賞者 業績名 所属
イェン・シャオユアン(顔暁元)(37歳) 耕地に対する温室効果ガス放出目録の開発とその環境影響評価 中国科学院南京土壌研究所(ISSCAS)、中国
 マリアン・アンブンド・インブミ(29歳) アフリカの葉菜による栄養価、健康及び収入の向上 ケニア在来知識活用資源センター(KENRIK)、ケニア
トゥイ・ティ・トゥ・グイエン(36歳) 養殖と漁業管理への分子遺伝学の応用 アジアパシフィック養殖ネットワークセンター(NACA)、タイ

 

<2007年度(第1回)> 業績概要(PDF : 365KB)

受賞者 業績名 所属
コウ・セイキョウ(江 正強)(36歳) 食品加工分野における酵素の利活用に関する研究とその展開 中国農業大学(CAU)、中国
チャランポン・カドマニー(39歳) 薬用・食品・工業用優良作物の試験管内選抜と大量増殖・苗化に関する研究技術開発 タイ王国遺伝工学・バイテクセンター(BIOTEC)、タイ
ジョナサン・ホージア・クラウチ
(39歳)
水分ストレス耐性を持つ主要農作物の分子育種 国際とうもろこし・小麦改良センター(CIMMYT)、メキシコ

 *受賞者の年齢は、受賞年の1月1日時点のものです。また、所属は、受賞時点のものです。

国立研究開発法人国際農林水産業研究センター(JIRCAS)のサイト

 

お問合せ先

農林水産技術会議事務局国際研究官室

代表:03-3502-8111(内線5902)
ダイヤルイン:03-3502-7466
FAX番号:03-5511-8788

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader