このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

 

農林水産分野の主な国際研究ネットワーク

国際農業研究協議グループ (CGIAR)

CGIARについて

     1971年5月、ワシントンにおいて、世界銀行(WB)、国連食糧農業機関(FAO)及び国連開発計画(UNDP)を発起機関とし、我が国を含む先進国、地域開発銀行、途上国農業研究支援に実績を有する民間財団等の参加の下に設立された協議体であり、国際農林水産研究に対する長期的かつ組織的支援を通じて、開発途上国における食糧増産、農林水産業の持続可能な生産性改善により住民の福祉向上を図ることを目指しています。CGIAR傘下には、現在、15の国際研究機関が活動しています。(CGIARサイトへ

 

     CGIAR傘下の国際研究機関 (各機関のサイトへ)

 

 

 CGIAR改革とCGIAR研究プログラム

    国際農業研究協議グループ(CGIAR)では、傘下15国際研究機関(研究センター)の研究システムを世界の急速な変化に対応させるため、特に研究成果の普及に重点をおいた改革を進めています(CGIAR関係サイトへ)。その改革の一環として、これまで各センターは独自の課題設定の下で主な研究活動を行っていましたが、今後は、目標と方法、スケジュール等を複数のセンターが共有し、世界のパートナーとともに取り組むCGIAR研究プログラムにより全ての研究活動を行うこととなりました。このため、2011年4月、CGIARの40年の歴史上初めてCGIAR全体の共有戦略「戦略と成果の枠組み(SRF)」が採択され、そこに掲げられた4つのシステム・レベル・アウトカム(SLO)を達成するための7分野15のCRPが活動を開始しています。

    我が国に特に関係の深いものとしては、国際稲研究所が主導しているGRiSP(Global Rice Scinece Partnership) があり、日本からはJIRCASが計画策定のための主要機関の1つとして参加しています。( IRRI-GRiSPサイトへ

    他のCRPについても、JIRCASがCGIARに対する日本の拠点研究機関(focal point)として、日本の研究機関とCRPとの連絡調整を行っています。

 

CGIARの4つのシステム・レベル・アウトカム(SLO)

  • 農村の貧困削減
  • 食料安全保障の改善
  • 栄養と健康の改善
  • 自然資源の持続的管理

 

7分野15のCGIAR研究プログラム
分野


CGIAR研究プログラム(CRP)

  1. 栽培システム    1.1 乾燥地域、1.2 熱帯湿潤地域、1.3 水生農業地域
  2. 政策    2.政策
  3. 作物生産性    3.1 小麦、3.2 トウモロコシ、3.3 コメ (GRiSP)、3.4 マメ、3.5 根茎・塊茎・バナナ(プランテイン)、3.6 雑穀、3.7 家畜・魚
  4. 栄養と食品安全    4. 栄養と食品安全
  5. 土、水、生態系    5. 土・水・生態系
  6. 森林    6. 森林
  7. 気候変動    7. 気候変動・農業・食料安全保障 (CCAFS)

 

農業温室効果ガスに関するグローバル・リサーチ・アライアンス(GRA)

   「農業分野の温室効果ガス関係の国際研究を推進するための研究ネットワーク。2009年12月より活動を開始し、水田・畑作・畜産の3つの研究グループと炭素窒素循環・インベントリーの2つの分野横断グループを設置。2011年6月24日ローマで開催された閣僚サミットにおいて、GRAの意思決定プロセス等を定めたアライアンス憲章が32ヶ国によって署名され、GRAが正式に立ち上げられました。(アライアンスサイトへ

水田研究グループ

   日本はウルグアイと共同で水田研究グループの議長を務めています。その関連で、平成24年度ODA予算等の事業として、国際稲研究所(IRRI)への資金拠出により「 水田からの温室効果ガス発生を削減する技術の多国間検証」を行っています。

(独)農業環境技術研究所HP上のGRA水田研究グループに関する紹介記事

小麦イニシアティブ(WI)

    食料安全保障のための主要な穀物である小麦の国際的な研究取り組みを調整するためのイニシアティブ。
2011年フランスにて開催されたG20農業大臣会合で合意された「食料価格乱高下及び農業に関する行動計画」において、当初、国際小麦改良研究イニシアティブ(IRIWI)として発足し、その後、名称を小麦イニシアティブ(WI)に変更。平成25年に国際会合を横浜にて開催予定。

 

モンスーンアジア農業環境研究コンソーシアム(MARCO)

   2006年12月、モンスーンアジア地域における農業をめぐる環境の諸問題を解決するため、地域内の研究者、技術者、行政関係者等が国際的に密接な関係の下に、一体となって、問題の解決に当たるため、設立されました。(MARCOサイトへ) 

 

農業分野温室効果ガス関連研究の世界の動き

  •  「CGIAR気候変動・農業・食料安全保障」CGIAR研究プログラム(CCAFS)

   国際農業研究協議グループ(CGIAR)とコペンハーゲン大学が主導し、地球科学パートナーシップ(ESSP)と連携するCGIAR研究プログラムの1つとして、気候変動による農業や食料安全保障への影響、特に地域の住民に対する影響を緩和するための新たな方法を開発することを目的として、2010年から10年計画で開始されています。(CGIARサイトへ

 

  • EU農業・気候変動・食料安全保障共同研究イニシアチブ

   欧州共同体(European Community)が主導する共同研究プログラム(Joint Programming)の一つとして、サブサハラアフリカ地域も含め、気候変動による農業や食料安全保障に対する気候変動への対応、影響の緩和を目指し、関連機関による共同研究を促進するため、2010年から10カ年計画で開始されています。(関係サイトへ

 

  • 畜産農業温室効果ガス世界会合(GGAA)

 2001年、日本(帯広、事務局:帯広畜産大学)において、世界の畜産農業の温室効果ガスに関する研究者、技術者が20カ国から約200名参加し、第1回会合が開催されました。以降、2005年、2007年にも開催され、さらに2010年にはカナダで第4回会合が開催されました。 

 

農業研究世界フォーラム(GFAR)

   1996年10月、農業研究機関の世界的な連携強化を目指して、発足し、1998年から活動が本格化しました。事務局は、国連食糧農業機関(FAO)本部におかれ、世界主要地域のフォーラムと連携して、各国農業研究機関の国際的な取組を支援しています。日本は、国際農林水産業研究センターがアジア太平洋地域のメンバーとして参加しています。(GFARサイトへ

 

農業研究地域フォーラム

    GFARの下には、世界主な各地域ごとにフォーラムが組織化されており、各国の農業研究機関等が参加しています。

アジア太平洋地域農業研究機関協議会 (APAARI)

   1990年12月、国連食糧農業機関(FAO)アジア太平洋地域事務所の提唱により、アジア太平洋地域の農業研究機関のネットワーク強化のために発足しました。日本からは、国際農林水産業研究センターが参加しています (APAARIサイトへ

アフリカ農業研究フォーラム(FARA) FARAサイトへ

北アフリカ・中近東農業研究機関協議会(AARINENAAARINENAサイトへ

中央アジア・コーカサス農業研究機関協議会(CACAARI)  (CACAARIサイトへ

アメリカ農業研究技術開発フォーラム(FORAGRO) FORAGROサイトへ

ヨーロッパ開発のための農業研究フォーラム(EFARD) (EFARDサイトへ)

 

開発のための若手農業研究者プラットフォーム(YPARD)

   2006年11月に開催された農業研究世界フォーラム世界大会において、若い世代が農業や農業研究に関心を高め、相互の交流を深めるための場を設けるため発足しました。(YPARDサイトへ

 

アジア太平洋地域林業研究機関連合 (APAFRI)  

   1995年2月、国連食糧農業機関アジア太平洋地域事務所の提唱により、アジア太平洋地域の森林・林業研究機関のネットワーク強化のために発足した。日本は、国際農林水産研究センター及び森林総合研究所が参加しています。(APAFRIサイトへ

 

アフリカ稲作振興のための共同体(CARD)

    2008年5月、日本で開催された第4回アフリカ開発会議(TICAD4)において、国際協力機構(JICA)及びアフリカ緑の革命のための同盟(AGRA)が共同で提案し、2008年に第1回会合がケニア・ナイロビで開催されました。アフリカにおけるコメ生産を10年間で倍増することを目的に、二国間ドナー、多国間ドナー、アフリカ地域機関及び国際機関と協議グループを形成し、アフリカ稲作振興に向けた協力の促進・援助の調和化を図ることを目指しています。日本からは、国際協力機構のほか、国際農林水産業研究センターが参加しています。(CARDサイトへ

 

持続的開発のための農林水産国際研究フォーム (J-FARD)

   2004年7月、開発途上国の農林水産業に関する問題研究活動を通じて携わって、相互の情報交換並びに協調と連携の「場」を提供することを目指して、我が国の農林水産分野の国際研究に関わる組織により 設立されました。

 

農学知的支援ネットワーク(JISNAS)

   2009年11月、農学知的支援ネットワークは、大学や国際農業研究機関、国際協力機関などの、農学および農学分野の国際協力に関わる幅広い組織の連携ネットワークとして、設立されました。(JISNASサイトへ

 

北東アジア農政研究フォーラム(FANEA)

2003年3月、日本の提案で、日本、韓国、中国の農業経済研究の連携を促進するためのネットワークとして、設立されました。(FANEAサイトへ

 

アフリカ日本協議会(AJF)

   1993年10月東京で開かれた「アフリカ開発会議」を機に民間の手で「アフリカシンポジウム」が開催されアフリカの人々の地域自立への取り組みが報告されたが、その時集まった個人がアフリカの開発を考え、行動するために設立されました。食料安全保障研究会などの調査研究活動を行っており、またアフリカ関係のNGO、NPOのデータベースの構築にも取り組んでいます。 (AJFサイトへ) 

 

その他の国際・国外ネットワーク

Council for Partnerships on Rice Research in Asia (CORRA)

   1996年、国際稲研究所(IRRI)の提唱により、アジア地域の稲作研究機関のネットワーク強化のために発足しました。日本は、国際農林水産研究センターが代表機関として参加しています。(CORRAサイトへ

Collaborative Research Support Programs (CRSP)

   1975年からアメリカ開発援助庁(USAID)の支援を受けて、米国の主要大学が、開発途上国を対象とした食料・農業分野の国際研究とそのための教育訓練を行っています。現在、9つのプログラムが実施されています。( CRSPサイトへ

ERA-NET(ERA-ARD)

   2005年からEUの第6次研究・技術開発枠組み計画によりEU加盟国や関連国における国・地域レベルの共同研究や相互連携の活動をより高い水準に引き上げるために開始されています。(ERA-NETサイトへ

Agreenium

    2009年、フランスの食料農業省、高等教育・研究省、外務・欧州省の共同省令により設立されたコンソーシアム機関で、農学・畜産学の研究分野で食料安全保障や持続的開発に国際的に貢献することを目指しています。(Agreeniumサイトへ

UJNR

 UJNR(天然資源の開発利用に関する日米会議:The U.S.-Japan Cooperative Program in Natural Resources)は、1964年1月の第3回日米貿易経済合同委員会での合意に基づき設置されたもので、現在、同会議の下には18の専門部会があり、農林水産業の分野においても、協力活動が続けられています。(UJNRサイトへ)

水産増養殖専門部会(水産増養殖部会サイトへ) 

家畜・家禽疾病専門部会

▶2010年

UJNR第45回家畜・家禽疾病専門部会日米合同会議報告((独)農業・食品産業技術総合研究機構  動物衛生研究所サイトへ

 食品・農業専門部会

有毒微生物専門部会

▶2010年

UJNR第45回有毒微生物専門部会日米合同会議報告((独)農業・食品産業技術総合研究機構  動物衛生研究所サイトへ)  

お問合せ先

農林水産技術会議事務局国際研究官

代表:03-3502-8111(内線5900)
ダイヤルイン:03-3502-7467
FAX番号:03-5511-8788