このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

プレスリリース

「農林水産研究イノベーション戦略2022」の策定について

  • 印刷
令和4年5月24日
農林水産省

農林水産省は、本日、「農林水産研究イノベーション戦略2022」を策定しましたのでお知らせします。

1.「農林水産研究イノベーション戦略2022」について

農林水産省では、生産現場が直面する課題を解決するための研究開発や地球温暖化対策など中長期的な視点で取り組むべき研究開発を総合的に推進しています。
本戦略は、日進月歩の科学技術の発展を踏まえ、食料・農業・農村基本計画に基づき毎年度策定することとしており、今般の戦略では、「持続可能で健康な食の実現」、「2050年カーボンニュートラル達成への貢献と資源循環の追求」、「スマート農林水産業の早期実装を通じた諸課題の解決」をテーマに、今後の研究開発の方向性を示しました。あわせて、産学官と現場が一体となった研究開発環境の整備強化の方向性を示しました。

2.概要

第1部 農林水産研究をめぐる最近の社会・経済や政策の情勢

ポストコロナ社会への対応、サプライチェーンリスク、健康と環境に良い食料システム、脱炭素化、デジタル化等について、我が国の現状や海外の動きを分析・整理。

第2部 重点的に行う研究政策

最近の施策や国際情勢を踏まえ、「持続可能で健康な食の実現」、「2050年カーボンニュートラル達成への貢献と資源循環の追求」、「スマート農林水産業の早期実装を通じた諸課題の解決」の研究開発に関して、目指す姿、実現に向けた具体的な方向性と道筋を提示。

第3部 研究開発環境の整備

研究開発と成果の普及を効果的に行うため、研究推進制度の充実、戦略的な知的財産マネジメントや国際標準化、人材育成、オープンイノベーション等の研究開発環境の整備と強化の方向性を提示。


添付資料

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究企画課イノベーション戦略室

担当者:羽子田、岡崎、坪田、松尾、関根
代表:03-3502-8111(内線5863)
ダイヤルイン:03-3502-7408

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader