このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

技術研究組合制度とは

技術研究組合制度は、企業間の共同研究を行うための旧「鉱工業技術研究組合」制度を改正したもので、「技術研究組合」は、技術研究組合法(昭和36年法律第81号)に基づき設立される、試験研究を協同して行うための研究法人です。制度の改正により、企業間の共同研究だけでなく、企業と大学、企業と公的研究機関との共同研究も行えるようになりました。また、共同研究終了後に営利会社化し、そのまま事業化できるようになりました。ただし、当組合は利益のみを目的とした事業を行うことはできません。

新しい技術研究組合は、産学官の連携強化や、研究成果の事業化を促進する制度として期待されています。

詳細につきましては、以下のホームページをご参照ください。

「研究開発パートナーシップ」

(技術研究組合制度(経済産業省産業技術環境局技術振興課HP))

http://www.meti.go.jp/policy/tech_promotion/kenkyuu/kenkyuuindex.html

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader