このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

令和2年度戦略的国際共同研究推進委託事業のうちの国際共同研究パイロット事業(イスラエルとの共同公募に基づく共同研究分野、ロシアとの共同公募に基づく共同研究分野)及び日中二国間共同研究事業の公募について

1.事業の実施

農林水産省では、令和2年度から実施予定の戦略的国際共同研究推進委託事業のうちの「国際共同研究パイロット事業(イスラエルとの共同公募に基づく共同研究分野、ロシアとの共同公募に基づく共同研究分野)及び日中二国間共同研究事業」に係るイスラエル、ロシア及び中国との国際共同研究の実施を希望する研究機関等を一般に広く募ることにしました。

2.応募期間

令和2年2月21日(金曜日)10時00分から令和2年4月1日(水曜日)17時00分まで募集は終了しました。

3.説明会

日時:令和2年3月2日(月曜日)10時00分から
会場:農林水産省農林水産技術会議事務局会議室本館6階ドア番号本668
所在地:東京都千代田区霞が関1-2-1
説明会参加申込書(EXCEL : 14KB):2月28日(金曜日)12時までにFAXでお申し込み下さい。

4.公募について

本事業で公募する課題は以下のとおりで、相手国と合同審査委員会を開催して予算の範囲内で委託先を選定します。なお、令和2年度予算政府案に基づき行っているため、予算成立が前提となります。今後、予算成立までの過程で内容等に変更等があり得ることをあらかじめ御承知おきください。


(a)公示
(b)応募課題

 【イスラエル】

(1)精密農業(灌漑・施肥モデル)(Precision Agriculture)
(2)植物科学(Plant Science)
(3)植物防疫(Plant Protection)
(4)廃棄物管理(Waste Management)
(5)動物科学(Animal Science)
(6)栽培漁業(Mariculture) 

 【ロシア】

(1)バイオテクノロジー(Biotechnology)
(2)動物衛生(Animal Health)
(3)植物病害虫(Plant Pest and Disease)
(4)森林管理(Forest Management)
(5)野菜生産技術(Vegetable Production)

 【中国】

(1)越境性病害虫(Transboundary Plant Pests)
(2)動物衛生(Animal Health)
(3)農業環境・気候変動(Agricultural Environment・Climate Change)
 
(c)応募要領

(1)応募要領全文(PDF : 1,838KB)
(2)イスラエル(WORD : 28KB)ロシア(WORD : 28KB)中国(WORD : 28KB)応募要領の別紙1-1、別紙1-2、別紙1-3
(3)e-Radによる応募手続きについて(PDF : 232KB)応募要領の別紙2
(4)提案書(応募様式)(WORD : 56KB)応募要領の別紙3
(5)説明会申込書(EXCEL : 14KB)応募要領の別紙4
(6)契約方式について(PDF : 97KB)応募要領の別紙5
(7)委託契約で計上できる経費(PDF : 232KB)応募要領の別紙6
(8)国際共同研究パイロット事業実施要領(PDF : 196KB)応募要領の別紙7
(9)日中二国間共同研究事業実施要領(PDF : 127KB)応募要領の別紙8
(10)調達における情報セキュリティ基準(PDF : 165KB)応募要領の別紙9
(11)調達における情報セキュリティの確保に関する特約条項(PDF : 91KB)応募要領の別紙10

(d)契約書(案)(PDF : 1,001KB)

(e)選定結果
本事業に応募のあった課題について、審査を実施し、別紙のとおり委託予定先を選定しましたのでお知らせします。

(別紙)選定結果(イスラエルとの共同公募に基づく共同研究分野)(PDF : 79KB)
(別紙)選定結果(ロシアとの共同公募に基づく共同研究分野)(PDF : 111KB)
(別紙)選定結果(日中二国間共同研究事業)(PDF : 89KB)
 

5.応募方法

応募者は、府省共通研究開発管理システム(以下「e-Rad」という。)を利用して電子申請を行ってください。郵送、持参、FAX及び電子メールによる提出は受け付けることができませんのでご注意ください。

e-Radを利用した応募を行うに当たっては、応募者におかれては、あらかじめ研究機関及び研究者情報を登録することが必要です。研究機関登録手続き等のe-Rad利用方法の詳細については、こちら(https://www.e-rad.go.jp/index.html)及び応募要領の別紙1を御覧ください。

応募時までに、代表機関だけでなく共同研究機関(日本側のみ)も研究機関コード・研究者番号を取得していただく必要があります。


6.審査委員会

※新型コロナウイルス対策の一環で、4月6、7、9日に開催予定しておりました審査委員会は対面での審査は中止とし、書面審査にて行うことになりました。応募者におかれましては、引き続き説明資料の準備をお願いいたします(動画、スライド、wordファイル等任意)。

審査の日程は以下を予定しております。

令和2年4月5日応募者は事務局に審査説明資料を提出
4月6日事務局は審査委員に審査書類一式を送付
4月7日~16日審査委員による審査
4月17日  審査終了

7.その他

ご不明点につきましては、下記担当者に直接お問い合わせ下さい。

お問合せ先

農林水産技術会議事務局国際研究官室

担当者:大野、榎本
ダイヤルイン:03-3502-7467
FAX番号:03-5511-8788

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader