このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

作物育種を加速する培養不要で汎用性の高い革新的ゲノム編集技術の開発

株式会社カネカ  濱田 晴康、三木 隆二、田岡 直明、柳楽 洋三

近年、特定の遺伝子を狙って改変する「ゲノム編集技術」の開発が進み、作物の品種改良への応用が期待されています。これまで、ゲノム編集技術を主要作物に適用する際は、「組織培養」が必須でしたが、コムギ等の多くの作物種では、農業的に優れた品種での組織培養が難しく、ゲノム編集の利用が困難でした。

そこで、弊社では、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構との共同研究により、茎頂の生長点にDNA等を直接打ち込むことにより組織培養が不要となる革新的な導入技術「インプランタパーティクルボンバードメント法(iPB法)」を確立し、当手法を用いたゲノム編集技術を開発しました。これにより、主要作物における有用品種開発の劇的な加速を可能にしました。

今後は、当技術の高度化に向け、適用作物の拡大、ノックイン技術の開発等を進めます。既にオオムギやダイズ、トウモロコシの実用品種において、当代でのゲノム編集に成功しており、これら作物に加え、様々な主要作物種に関し、国内の公的研究機関等において、技術開発を進めています。当手法は、ゲノムへ組み込んだゲノム編集酵素遺伝子の除去が困難な果樹類(ブドウ、リンゴ等)、ジャガイモ、花卉等の栄養繁殖性作物における実用的なゲノム編集技術としても期待されています。

最近では、CRISPR/cas9の改良や、CRISPR/cas9以外の新規ゲノム編集技術の開発が世界中の研究機関において精力的に進められていますが、これらの技術を作物育種に活用する際にも、優れた形質転換技術は必須であり、その観点でも当手法の更なる利用拡大が期待されます。

弊社では、将来的な社会実装に向けた技術開発、市場開発も併せて進めており、将来的に当iPB法を作物育種技術のデファクトスタンダードとすべく開発を進めていく方針です。

iPB法


iPB法の概要

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究企画課

担当者:戦略的実装班
代表:03-3502-8111(内線5847)
ダイヤルイン:03-3502-7407
FAX番号:03-3507-8794

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader