このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

腕上げ作業補助器具〃腕楽っく〃の商品化

株式会社ニッカリ  保田 将史、 元 株式会社ニッカリ  大西 久雄  

ブドウ・ナシなどの棚栽培果樹においては、作業者が長時間腕を上げて作業を行う事が多く、そのため肩や腕の肉体的負担は想像以上に大きくなっています。この負担を軽減する目的として、農業分野でもアシストスーツ等の人体装着型補助器具を用いる試みが盛んに行われています。しかし、現存する補助器具には負担軽減に対して一定の効果はあるものの、バッテリ等の外部動力が必要なために、作業時間や作業環境の制限、重量が重い、価格が高価であるなど、必ずしも作業者が満足する仕様を満たしておらず、これら補助器具の普及が進んでいないのが現状です。そこで補助器具のさらなる普及と作業者の負担軽減を目的として、外部動力を使用せず、簡便な機構で軽量・安価な腕上げ作業用補助器具「腕楽っく」の研究開発および商品化を行いました。

この「腕楽っく」は、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構が特許権者である特許を基本特許とし、製品化に向けた詳細設計、試作、耐久性評価、市場調査(器具使用後の作業者へのヒアリングを含む)を行い、商品化に繋がりました。「腕楽っく」は、動力・電力を必要とせず、簡単な機械構成かつ重量も約1.8kgと軽量であることから、長時間腕を上げた状態を保持することができます。また、農業分野以外の腕を上げた状態での作業が想定される産業(造船、電力、建築、自動車等)への適用も可能です。

「腕楽っく」は、販売開始より徐々に売り上げ数を伸ばしており、各県の農機具店、JA経由で販売されています。また、造船・電力・建築・自動車関係各社でも使用されています。さらに海外からも問い合わせがあり、特に腕を上げたままの栽培作業が多い韓国でも「腕楽っく」が使用されています。

腕楽っく


腕楽っく  本機

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究調整課

担当者:広報班
代表:03-3502-8111(内線5847)
ダイヤルイン:03-3502-7407
FAX番号:03-5511-8622

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader