このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

デジタル土壌図と農地放射性物質濃度分布図の作成

 

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構農業環境変動研究センター 企画チーム長  高田 裕介

 

平成28年度(第12回)「若手農林水産研究者表彰」農林水産技術会議会長賞という栄誉を賜り、誠に光栄に存じます。本研究の共同研究者に、この場を借りて感謝申し上げます。

以下に授賞対象となった研究につきまして、その概要を紹介します。農業の生産性や環境への影響等を評価する際には、土壌の種類毎の分布状況が分かるデジタル化された農地土壌図があると便利です。しかしごく最近まで、わが国では最新の農地の分布状況を反映したデジタル農地土壌図は整備されていませんでした。そこで私は、既存の農地土壌図と最新の地目情報を空間的に統合することで、日本全国のデジタル農地土壌図を作成しました。また、当デジタル農地土壌図を基図として、東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う農地土壌放射性物質濃度分布図を作成し、作物の吸収抑制対策や市町村別の除染を必要とする農地面積の推計などに貢献することができました。

本研究により作成した日本全国のデジタル農地土壌図について、その他の土壌情報と併せて「土壌情報閲覧システム」、「e-土壌図」および「土壌のCO2吸収量見える化サイト」としてWEB上に公開してきました。本年4月には、「土壌情報閲覧システム」および「e-土壌図」の後継サイトおよびアプリとして、「日本土壌インベントリー(http://soil-inventory.dc.affrc.go.jp/)」および「e-土壌図II」を公開しました。新しいシステムでは、これまで公開していたデジタル農地土壌図に加え、全国土を対象としたデジタル土壌図も公開しています。今後も土壌情報の利活用の高度化に寄与したいと思います。

20170715_3

平成294月に新たに公開したデジタル土壌情報のWeb配信サイト

「日本土壌インベントリー(http://soil-inventory.dc.affrc.go.jp/)」

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究調整課

担当者:広報班
代表:03-3502-8111(内線5847)
ダイヤルイン:03-3502-7407
FAX番号:03-5511-8622

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader