このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

コンテナ収容式キャベツ収穫機の開発

 

                                                                         キャベツ収穫機開発グループ
                                                                         (代表  ヤンマー株式会社  丸山 高史、代表  オサダ農機株式会社  長田 秀治)

 

キャベツは農業産出額で1,000億円(平成26年)に達し、国民生活に欠かせない主要野菜です。近年の需要は加工・業務用が家計消費向けを上回り、不足分は輸入に頼っている状況です。一方、生産現場では10a当たり8tにもなる収穫作業の労働時間は全体の30%を占めており、規模拡大や生産コスト低減を図るためには、キャベツ収穫機の実用化が不可欠です。

このため、緊プロ事業で3次にわたり課題化された成果を基に、ヤンマー(株)、オサダ農機(株)が生研センター(現:農研機構農業技術革新工学研究センター)の協力を得て実用機を完成させました。開発したキャベツ収穫機は、切断精度を向上させるためにキャベツの姿勢制御機構及び茎高さを揃えてカットする機構を備え、クローラ(履帯)式の走行部を持ち、国内初の機上選別調製作業・大型コンテナ収容方式を採用しました。これにより、収穫作業の労働時間の40%削減と軽労化、出荷経費の30%削減を実現するとともに、モーダルシフト(鉄道・船舶輸送への切り替え)にも対応できる仕様となっています。

期待される効果として、生産規模拡大、生産コスト低減、収益向上などが見込まれます。また、加工・業務用野菜における国産農産物の割合の増加(輸入農産物の置き換え)による自給率の向上が期待できます。そして、重量物野菜生産地の持続的継続、後継者育成を実践できると考えています。

本機は、高性能農業機械実用化促進事業の対象となっており、総合農機メーカー4社が販売を表明しています。現場では大規模生産者を中心に本機に対する関心は高く、平成28年現在、当初目標としていた50台に対して、53台(受注済みを含む)の本格的な普及が始まっています。

今後、新規産地(水田有効活用など)への収穫機のみならず、機械化一貫体系の提案・普及により、キャベツの安定供給や収益向上に貢献していきたいと考えています。

コンテナ収容式キャベツ収穫機の外観 コンテナ収容式キャベツ収穫機による収穫作業


コンテナ収容式キャベツ収穫機の外観


コンテナ収容式キャベツ収穫機による収穫作業

 

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究調整課

担当者:広報班
代表:03-3502-8111(内線5847)
ダイヤルイン:03-3502-7407
FAX番号:03-5511-8622