このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

スマート農業実証プロジェクト  現場の声

スマート農業実証プロジェクトでは、全国148地区で実証を行っており、本ページでは、各実証地区の「現場」の声をお届けします。 これからスマート農業に取り組もうとする方や既に取り組んでいらっしゃる方にご覧いただき、今後の農業経営にスマート農業技術を導入するきっかけにしていただきたいと考えています。
また、動画をご覧いただいた後は「アンケート(3分)」に回答いただき、今後のスマート農業を推進するための方策についてのご意見をお聞かせください。ご協力のほどよろしくお願いいたします。

農業者REAL VOICE  第2弾 -畑作・園芸等  編-

REAL VOICE NO.9  岡田農場(北海道更別村)

畑作

  • ロボットトラクタは、何も操作しなくても作業が正確にできるので、誰でも扱いやすい。
  • ロボットトラクタを導入したことで、(収穫作業の)労働時間が1人分(25%)削減できた。
  • 岡田農場をスマート農業の実践の場にし、他の農業者に普及していきたい。

REAL VOICE NO.10  TMRセンターアクシス&漆原牧場(北海道中標津町)

畜産

  • (飼料作物の)収穫時の自動記録システムによって、進捗管理に要する時間が11%ほど減少。
  • 今年増設した牛舎と新たに導入した搾乳ロボットで、約3年で2200tくらいの生産量までもっていくことも可能だと考えている。
  • 畜産のスマート化について、実際に計根別に見に来て、地元に持ち帰って発信してもらいたい。

REAL VOICE NO.11  園芸メガ共同利用組合(秋田県男鹿市)

花き

  • 耐候性赤色LED電球で開花抑制を行うことで、植え付けたキクの9割以上を需要期に確実に出荷できるようになった。
  • 自動直進機能付きうね内部分施用機によって、事前準備がなくなり、従来より4割の労働時間削減。
  • (実証プロジェクトを通じて)いろいろな機械や技術を導入したことで、今後経営の幅が大いに広がる実感を得た。

REAL VOICE NO.12  (株)エア・ウォーター(長野県安曇野市)

施設園芸

  • 人材確保が非常に困難な地方都市において自動収穫が行えるようになれば、大きな問題解決の一助になる。
  • 人手収穫は、熟練度により適期判断に差が生じるが、収穫ロボットは条件に基づき的確に収穫するので適期を逃さず収穫できる。
  • 新型コロナウィルスの影響で、海外からトマトが入ってこなくなり、国産需要が高まった。国産トマトの生産を増やしていくには、人材確保・人件費の課題があり、収穫ロボットに期待している。

REAL VOICE NO.13  井澗農園(和歌山県上富田町)

果樹

  • 従来は、かん水作業を始めるまでに(準備で)40分かかっていたが、自動かん水装置を使えば、スマートフォンで2分ほどの設定で作業開始できる。
  • 自動かん水装置の通信・制御ユニットは、隣接する複数農家と共有することで、さらなるコストダウンが可能。
  • 私が就農した時と比べると、スマート農業技術によって、新規就農者にとってはるかに条件は良くなっている。スマート農業技術は、新規就農の後押しになる。

REAL VOICE NO.14  (株)ジェイエイフーズみやざき(宮崎県西都市)

露地野菜

  • ロボットトラクタに耕うんさせながら、畝立て、肥料散布を同時に行えるようになり、作業によっては倍の効率が出せるようになった。準備時間全体で7割ほどの労働時間が削減された。
  • 収穫データや生育管理予測データとAIの予測を組み合わせることで、半日かかっていた作業が30分に短縮された。
  • ほ場に入る必要がないドローンによる追肥によって、雨の直後でも計画通り作業ができ、また葉を傷つけるリスクや病気蔓延リスクが低減。

REAL VOICE NO.15  鹿児島堀口製茶(有)(鹿児島県志布志市)

  • ロボット茶園管理機(摘採機と中切機)の導入により、20%の労働時間削減につながった。
  • 経営管理システム等で情報の見える化を行い、経営者以外でも、客観的に生産工程が把握できるシステムを構築している。
  • 海外に輸出できるお茶の原料の生産にスマート農業技術を使用し、海外に活路を見出していきたい。

アンケート(REAL VOICE 第2弾)

(回答時間 約3分)
スマート農業を実際に導入している農業者の生の声を聞いて、スマート農業に対する見え方は変わりましたか?スマート農業をより一層広めるための今後の検討の参考とするため、どんな課題があるのか、どんな取り組みが必要かなど、皆様の声をお聞かせください。多くの農業者や事業者の方からのご回答をお待ちしています。

農業者REAL VOICE  第1弾 -水田作編-

REAL VOICE NO.1  白石農園(北海道新十津川町)

大規模/家族経営

  • 農薬散布ドローンにより、従来と同じ時間で2倍の面積の作業が可能。
  • スマート農機の活用により、朝晩の労働時間が少なくなり、空いた時間を利用してトマト栽培へ注力し、収益を向上。
  • (スマート農機導入は)確実に労力の軽減や効率化に繋がる。毛嫌いせずに挑戦する価値がある。

REAL VOICE NO.2  (株)十三湖ファーム(青森県中泊町)

大規模/法人経営

  • 自動直進可変施肥田植機では、最初にA地点とB地点を登録すれば、風が強いときでも自動でまっすぐ進むので扱いやすい機械。施肥ではムラ直しもない。
  • 自分の目でみて感じる生育状況とデータでは、自分が思っていたのと全然違う。スマート農業技術を活用すればもっと多く作れる。

REAL VOICE NO.3  (有)横田農場(茨城県龍ヶ崎市)

大規模/法人経営

  • 栽培管理システムが算出する追肥の量が正しいのか疑問に思ったが、結果を見るとそれがなかなか良かったりした。自分たちの経験だけでは発想しないアイディアを提案してくれるところが面白く、役に立つ。
  • 新しい技術がより発展して現場に浸透することで、(作業の効率化や収益性の向上が期待できることから、)今後、一経営体1,000haとか2,000haという規模が現実となるのではないか、という雰囲気が出てきている。

REAL VOICE NO.4  (株)ライス&グリーン石島(茨城県下妻市)

輸出/法人経営

  • 作業工程の見える化により、関係者間の情報共有や(過去のデータに基づき)次の作業工程を組み立てることができるようになった。
  • 作業工程の「見える化」により(効率化を図ることで)コスト削減ができる。
  • 多収穫品種とスマート農業の活用により、競争力ある輸出用米生産に取り組みたい。

REAL VOICE NO.5  (有)米八(新潟県新潟市)

大規模/法人経営

  • 圃場の筆数が多く点在しているため、従前は間違えて代掻きや田植えを行うなどの間違いがあったが、営農管理システムの活用により、間違えず、だれでもその圃場に行ける。それが一番役に立っている。
  • (スマート農業技術に懐疑的だったが、)実際に使ってみたら、良くて手放せない。

REAL VOICE NO.6  (農)夢耕坊(石川県白山市)

大規模/集落営農

  • (農薬散布)ドローンの活用により、自動でムラなく行え、労働時間の削減ができた。また、身体の維持管理もしやすくなった。
  • (ドローンは)日々経験を積んでいけば、60歳を超えていても十分に操作飛行が可能。
  • (実証を)1年やってみて、効果が出てきているので、(周囲の農家にも)広く勧めたい。

REAL VOICE NO.7  (株)Amnak(兵庫県養父市)

中山間/法人経営

  • スマート農機によって、かなりキツイ労働が軽減(草刈り:9時間/人→80分/人)され、社員のモチベーションが向上。収量の確保や品質の向上が期待できる。
  • 昔ながらの農業も大事だが、スマート農業技術を取り入れて産地として生き残っていきたい。
  • 自社だけで山間地の農業を担っていくのではなく、集落の皆さんと共生しながら、持続可能な山間地における農業経営モデルを確立し、発信していきたい。

REAL VOICE NO.8  (農)寄江原(岡山県真庭市)

中山間/集落営農

  • (南北に長く、標高差もある地形の特性を活用し、極早生品種と中生品種でのスマート農業機械シェアリングを実施。)直進キープ付田植機を近隣の市町村でシェアリングを行った。1箇所で使うより減価償却費を大きく削減でき、稼働率も上がるので(スマート農業技術普及のために必要なコスト削減の)効果があると考える。

アンケート(REAL VOICE 第1弾)

(回答時間 約3分)
スマート農業を実際に導入している農業者の生の声を聞いて、スマート農業に対する見え方は変わりましたか?スマート農業をより一層広めるための今後の検討の参考とするため、どんな課題があるのか、どんな取り組みが必要かなど、皆様の声をお聞かせください。多くの農業者や事業者の方からのご回答をお待ちしています。


お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究推進課

担当者:朝日、吉田、松尾
代表:03-3502-8111(内線5893)
ダイヤルイン:03-3502-2209