このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

【終了しました】 農林水産・食品分野における研究成果の知的財産マネジメントと人材育成フォーラム


【モデレーター並びにパネリスト】

  【モデレーター】
   鮫島正洋 氏 
   内田・鮫島法律事務 代表パートナー 弁護士・弁理士

(略歴)
東京工業大学金属工学科卒業。藤倉電線(株)(現 (株)フジクラ)にてエンジニア(電線材料の開発)、92年弁理士登録後、日本アイ・ビー・エム(株)にて知的財産業務を経て99年弁護士登録。2004年内田・鮫島法律事務所を設立、現在に至る。
弁護士業に留まることなく、知財戦略、知財マネジメント、知財政策など多方面に向けた発言を行い、その貢献に対して2012年知財功労賞受賞。
著書;「新・特許戦略ハンドブック」(商事法務2006)〔編著〕、「技術法務のススメ」(日本加除出版2014)〔共著〕、「知財戦略のススメ コモディティ化する時代に競争優位を築く」(日経BP2016)〔共著〕など。
「下町ロケット」に登場する神谷弁護士のモデル。
 http://www.uslf.jp/



【モデレーター】
   野元伸一郎氏 
   株式会社日本能率協会コンサルティング グローバル開発革新センター センター長

(略歴)
北陸先端科学技術大学院大学 知識科学Ph.D. 専門は開発設計マネジメント革新/イノベーション、技術ロードマップ、コンカレントエンジニアリング、プロジェクト・マネジメント、ASEANビジネス・イノベーション、グローバル人材育成で、同分野のコンサルティング、研修等を推進。2011年より、月の内半分をタイ、ミャンマー等で過ごし、ローカル企業向けコンサルティング、研修も行っている。著作は『MOT経営入門』(PHP研究所、2004年共著)など。IIJ Global Reach、ナレ活。、JMAホールディングス等で、ASEANの現在についてのエッセイを掲載中。
 http://www.jmac.co.jp/
 
 
  【パネリスト】
   須藤明人 氏 
   静岡大学 情報学部 講師
(略歴)

2008年東京工業大学大学院総合理工学研究科博士課程修了。博士(工学)。(株)野村総合研究所、日本IBM(株)、(株)ゼロストラクト、東京大学生産技術研究所特任研究員を経て、現在、静岡大学情報学部講師。創造性を要すると考えられているタスクを機械学習等の統計的手法で自動化する研究に従事。日本認知科学会、交通工学研究会会員。
 http://sudo.inf.shizuoka.ac.jp/

 
 
  【パネリスト】
   野崎篤志氏 
   株式会社イーパテント 代表取締役社長/知財情報コンサルタント 

(略歴)
日本技術貿易株式会社を経て、外資系特許調査・分析企業であるランドンIP日本オフィス立ち上げ時に参画し、顧客開拓・マネジメント全般を統括し、日本におけるランドンIPの業績拡大・ブランド構築に大きく貢献。平成29年5月に株式会社イーパテントを設立し、代表取締役社長に就任し、新規事業開発・知財情報体制構築などの知財情報コンサルティング業務に従事。著書に『調べるチカラ』(日本経済新聞出版社)、『特許情報分析とパテントマップ作成入門』(発明推進協会)、『特許情報調査と検索テクニック入門』(発明推進協会)などがある。東京理科大学院イノベーション研究科や金沢工業大学院イノベーションマネジメント研究科で客員教員を務める他、講演やセミナー・研修等多数。
 http://www.e-patent.co.jp

 
 
  【パネリスト】
   菊池健司氏 
   株式会社日本能率協会総合研究所 MDB事業部コンサルティングサービス部 部長 
(略歴)
 
マーケティング・データ・バンク(MDB)は2017年12月現在、約2,000社の会員企業を有する日本最大級のビジネス情報提供機関。 民間企業、公的機関、大学等からの要請に応じ、公開情報を中心とした情報提供に携わっている。 現在はコンサルティングサービス部部長として、AI等最新ICTビジネストレンドや新規事業関連セミナー等多数実施。 主な講師歴は日経ビジネス、東洋経済新報社セミナー等。人材専門誌(JMAM「人材教育」)にて書評連載中。
 http://mdb-biz.jmar.co.jp/aboutmdb/

 
 
  【パネリスト】
   酒井正剛氏 
   キャンドゥー株式会社 代表取締役会長 

(略歴)
ニチメン実業株式会社(現 双日株式会社)入社、中国広州、ウルムチ支店長、北京駐在を経て、1994年キャンドゥー株式会社を設立、英国王立陸軍士官学校リーダーシッププログラムを日本の企業へ紹介している。2011年よりベトナム社会主義共和国ビンズン省人民委員会傘下のBecamex IDC社の日本総代表も兼務し日越の架け橋を担っている。
 http://cando-now.com/index.html

 
 
  【パネリスト】
   平山久生氏 
   アサヒグループホールディングス株式会社 R&D総務部 部長
(略歴)
2012年より現職。研究開発部門の人財育成、技術情報広報、人事総務、経理、設備運営等のマネジメントの傍ら、キャリア開発、コミュニケーション、学びの設計技術などオリジナルプログラムで自ら研修講師を行う。また、リーダー醸成、ストレスゼロ、ダイバーシティーマネジメント等人財育成に関わる心理学的なアプローチをさらに探究している。
研究所・工場でビール醸造技術開発という技術畑の仕事を経て、1995年人事畑へキャリア転換。一貫して全社や部門の育成体系をゼロベースから構築。1999年には生産部門の風土改革、2008年には研究開発部門やグループ会社の風土改革を主導。2005年には経団連の人材育成調査研究PJなどにも参加。
 http://www.asahigroup-holdings.com/research/


 
 




お問合せ先

農林水産技術会議事務局 筑波産学連携支援センター
 
担当者:加藤
ダイヤルイン 029-838-7126