このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

OECD国際共同研究プログラム(CRP)の募集について

1.概要

農林水産省では、OECD(経済協力開発機構)加盟国間の農林水産研究交流を促進する観点から、OECDが行う「国際共同研究プログラム(Co-operative Research Programme: CRP)」(以下、「OECD CRP」)に支援を行っています。

OECD CRPでは、参加25カ国(OECD加盟国のうち25ヶ国)での短期在外研究(フェローシップ)や国際会議、ワークショップ、シンポジウム等の開催(カンファレンス)への助成を行っており、応募・採択後は、フェローシップに要する旅費・滞在費、あるいはカンファレンス開催費の一部(講演者の招へい費等)が支給されます。

2.OECD国際共同研究プログラム(OECD CRP)2020の募集について

応募資格

博士号取得者又は相当の専門知識を持つ者で、原則として研究機関・大学等に常勤で所属する者(年齢制限なし)

時期

フェローシップ:2020年3月1日~12月15日の間に出発

カンファレンス:2020年中の開催

応募期日

フェローシップ:2019年9月10日まで

カンファレンス:2019年9月10日まで

応募先

OECD国際共同研究プログラム(OECD CRP)のWebサイト(英文、下記URL)から直接御応募ください。
http://www.oecd.org/agriculture/crp/applications/#d.en.504909

御応募の前に日本の相談窓口に御相談されることをお薦め致します。応募方法・相談窓口については下記のリンクをご参照ください。
「OECD国際農業研究プログラム」について(和文)

3.説明会の開催について NEWアイコン


  農林水産省は、当プログラムの募集説明会を以下のとおり開催いたします。お気軽にご参加ください。


つくば会場



日時:2019年6月28日(金曜日)14時00分~16時00分

会場:農林水産省 農林水産技術会議事務局 筑波産学連携支援センター本館1階 第4会議室

所在地:茨城県 つくば市 観音台 2-1-9

内容:

  (1)概要説明(OECD CRPについて、OECD CRP申請方法及び注意事項)
         説明者:国内相談窓口担当者

  (2) これまでの採択者による体験談(フェローシップ、カンファレンス)

   ・フェローシップ:京都府立大学大学院 生命環境科学研究科 教授
    2016年オーストラリア連邦科学産業研究機構(Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation)
        へ派遣
    ・カンファレンス:青山学院大学 経済学部 教授
     (2017年開催の国際シンポジウム)
    International symposium on food credence attributes: How can we design policies to meet consumer demand?
    

申し込み方法
インターネット又はFAXにて、以下のお申込先に、「OECD CRP説明会(つくば)」への参加を希望する旨、氏名(ふりがな)、連絡先(電話番号、メールアドレス)、差し支えなければ勤務先・所属団体等の名称及びその連絡先を御記入の上、お申し込みください。(電話でのお申込みは御遠慮ください。)

<インターネットによるお申込先> 
https://www.contactus.maff.go.jp/affrc/form/oecd-crp-bosyu.html

<FAXによるお申込先>   
FAX送付先:農林水産省 農林水産技術会議事務局国際研究官室  宛て
FAX番号:03-5511-8788

複数名お申込みの場合も、お一人ずつの記載事項をお書きください。

 




お問合せ先

農林水産技術会議事務局国際研究官室

担当者:大野、佐藤
ダイヤルイン:03-3502-7467
FAX番号:03-5511-8788

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader