このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

農業分野の温室効果ガスに関するグローバル・リサーチ・アライアンス(GRA)第7回理事会及び国際シンポジウムの開催について

GRAとは、ニュージーランドが中心となって2011年に設立した農業分野の温室効果ガス排出削減等に関する研究ネットワークです(2017年7月現在48か国が参加しており、我が国は発足当初からの参加国です。)。この研究ネットワークには、農業由来の温室効果ガス排出の削減、土壌の炭素貯留等に関する研究を推進するため、水田、農地、畜産の3つの研究グループと分野横断的な統合研究グループが設置されています。
また、年に1回、各グループの取組状況の報告や今後の取組方針を決定するためにGRA理事会を開催しております。これまでにカナダ、ウルグアイ、オランダ、アメリカ、メキシコが議長国を務めており(任期は1年)、2017年は、日本がアジアで初めての議長国として第7回理事会を主催します。本年は、同GRA理事会の他、国立研究開発法人国際農林水産業研究センター(JIRCAS)及び国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(NARO)主催(共催)による国際シンポジウム「農業分野における温室効果ガス排出削減」も同時開催します。

1.日程

(1)第7回GRA理事会

開催日
平成29年8月28日(月曜日)~30日(水曜日)、9月1日(金曜日)

結果概要はこちら

また、GRA議長にJIRCASの岩永理事長が就任しました。詳細はこちら

(2)JIRCAS-NARO国際シンポジウム「農業分野における温室効果ガス排出削減」

第7回GRA理事会の開催に合わせて、世界各国からの理事会出席者と我が国の研究者、行政担当官、民間、一般の方に対し、我が国とアジアにおける研究成果を中心に、GRAの研究活動をご紹介し、ご理解いただくことを目的として開催されます。主催(共催)は、国立研究開発法人国際農林水産業研究センター(JIRCAS)及び国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(NARO)です。

開催日時
平成29年8月31日(木曜日)9時30分~17時15分

結果概要は、以下のリンクをご覧ください。

国立研究開発法人国際農林水産業研究センター(JIRCAS)

2.場所

つくば国際会議場(詳細はこちら

3.関連リンク

農業分野の温室効果ガスに関するグローバル・リサーチ・アライアンス(GRA)

お問合せ先

農林水産技術会議事務局国際研究官室

担当者:金森、加藤
代表:03-3502-8111(内線5900)
ダイヤルイン:03-3502-7467
FAX番号:03-5511-8788