このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

食料生産地域再生のための先端技術展開事業

東日本大震災の被災地域を新たな食料生産地域として再生するため、岩手県、宮城県及び福島県内に「農業・農村型」の、岩手県及び宮城県内に「漁業・漁村型」の研究・実証地区を設け、先端的な農林水産技術を駆使した大規模な実証研究を実施しています。


(関連ホームページ)

 miyaginou.jpgiwatenou.jpgfukushimanou.jpgiwategyo.jpgmiyagigyo.jpg              

 (パンフレット) 

【平成29年度で終了した研究課題】

宮城県(農業・農村分野)
 1 土地利用型営農技術の実証研究(PDF : 3,534KB)
 2 施設園芸栽培の省力化・高品質化実証研究(PDF : 1,142KB)
 3 被災地の早期復興に資する果樹生産・利用技術の実証研究(PDF : 2,116KB)

岩手県(農業・農村分野)
 1 中小区画土地利用型営農技術の実証研究(PDF : 2,102KB)
 2 中山間地域における施設園芸技術の実証研究(PDF : 1,920KB)
 3 ブランド化を促進する果実等の生産・加工技術の実証研究(PDF : 2,262KB)

福島県(農業・農村分野)
 1 周年安定生産を可能とする花き栽培技術の実証研究(PDF : 1,636KB)
 2 野菜栽培による農業経営を可能とする生産技術の実証研究(PDF : 2,299KB)
 3 持続的な果樹経営を可能とする生産技術の実証研究(PDF : 1,911KB)
 4 持続的な畜産経営を可能とする生産・管理技術の実証研究(PDF : 1,539KB)

宮城県(漁業・漁村分野)
 1 貝類養殖業の安定化、省コスト・効率化のための実証研究(PDF : 2,148KB)
 2 サケ科魚類養殖業の安定化、省コスト・効率化のための実証研究(PDF : 1,266KB)
 3 低・未利用、低価格魚介藻及び加工残渣を原料とした加工品の開発等による水産加工の省コスト化・効率化、付加価値向上等に関する実証研究(PDF : 1,745KB)

岩手県(漁業・漁村分野)
 1 天然資源への影響を軽減した持続的な漁業・養殖業生産システムの実用化・実証研究(PDF : 2,141KB)
 2 地域資源を活用した省エネ・省コスト・高付加価値型の水産業・水産加工業の実用化・実証研究(PDF : 2,073KB)

過去の成果パンフレットについては以下をご覧下さい。

宮城県【農業・農村分野1】(土地利用など)(PDF:9,345KB) 
宮城県【農業・農村分野2】(果樹など)(PDF:9,170KB)

岩手県【農業・農村分野】(PDF:6,063KB)
福島県【農業・農村分野】(PDF:9,103KB)

岩手県【漁業・漁村分野】(PDF:8,130KB)
宮城県【漁業・漁村分野】(PDF:4,685KB

現地実証研究一覧・社会実装促進業務一覧

研究成果

 研究課題ごとに研究成果をとりまとめました。詳細は以下の資料をご覧ください。 

【平成29年度で終了した研究課題】

宮城県【農業・農村分野】(PDF:2,485KB)                岩手県【農業・農村分野】(PDF:2,213KB)    

福島県【農業・農村分野】(PDF:3,149KB)                宮城県【漁業・漁村分野】(PDF:1,456KB)     

岩手県【漁業・漁村分野】(PDF:1,223KB)                共通【経営診断分野】(PDF:467KB) 

平成27年度で終了した研究課題についてはこちら(PDF : 3,806KB)

平成26年度で終了した研究課題についてはこちら(PDF : 4,844KB)

研究成果発表会

現在、開催予定の研究成果発表会はございません。
開催が決定次第、本ホームページ上にてご案内致します。

過去の研究成果発表会についてはこちらをご覧ください。 

事業評価

平成29年度委託事業の事後評価に関して、平成30年3月6日、3月8日、3月14日に事業評価委員会を開催しました。議事概要及び評価結果は、以下をご覧ください。

平成29年度食料生産地域再生のための先端技術展開事業評価委員会議事概要(PDF : 175KB)

過去の評価結果については、こちらをご覧下さい。

公募情報    

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究推進課

担当者:先端技術実証班 豊井、宮垣、柴田
代表:03-3502-8111(内線5897)
ダイヤルイン:03-3502-7462
FAX番号:03-3593-2209

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader