English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 委託プロジェクト研究の情報サイト > 平成25年度委託プロジェクト研究の情報サイト


ここから本文です。

平成25年度委託プロジェクト研究の情報サイト

農林水産省では、農林水産政策上重要な研究のうち、

(1) 我が国の研究勢力を結集して総合的・体系的に推進すべき課題  又は

(2) 多大な研究資源と長期的視点が求められ、個別の研究機関では担えない課題

について、委託プロジェクト研究として実施しています。

※平成25年度以前から実施している委託プロジェクト研究を、平成25年度に組替え、再編、統合し、新たな委託プロジェクト研究としてスタートしています。 委託プロジェクト研究の平成24年度から平成25年度への推移については添付ファイルをご参照ください。

 

プロジェクトの公募情報についてはこちら

委託プロジェクト研究の成果(マニュアル等)はこちら

 

 1. 農林水産資源を活用した新需要創出プロジェクト(平成22年度~平成29年度)

農林水産物が有する機能性成分の有効性や効果的な摂取条件等を科学的に明らかにするとともに、生産現場で簡易に評価できる技術等を開発します。

※本プロジェクトは、平成24年度委託プロジェクト研究「農林水産物・食品の機能性等を解析・評価するための基盤技術の開発」及び「アグリ・ヘルス実用化研究促進プロジェクト」を、平成25年度に組替え、再編、統合し、新規課題を拡充しています。

2. 国産農産物の革新的低コスト実現プロジェクト(平成21年度~平成29年度)

米粉用米や超多収飼料用米等の加工適性に優れ、収量性の高い品種の育成と土地利用型農業や施設園芸における低コスト生産技術の開発を行います。

※本プロジェクトは、平成24年度委託プロジェクト研究「水田の潜在能力発揮等による農地周年有効活用技術の開発」、「農作業の軽労化に向けた農業自動化・アシストシステムの開発」、「自給飼料を基盤とした国産畜産物の高付加価値化技術の開発」及び「生物の光応答メカニズムの解明と省エネルギー、コスト削減技術の開発」を、平成25年度に組替え、再編、統合し、新規課題を拡充しています。

3. 農地等の放射性物質の除去・低減技術(平成23年度~平成26年度)

高濃度汚染地域における安全・効率的な農地除染技術、汚染土壌の処分技術、除染した農地の再汚染防止のための放射性物質動態予測技術を開発します。

4. ゲノム情報を活用した農畜産物の次世代生産基盤技術の開発プロジェクト(平成24年度~平成29年度)

画期的な新品種の育成を可能とするため、ゲノム情報を活用した新しい育種技術を開発するとともに、全国の育種機関で活用できる育種システムを構築します。

※本プロジェクトは、平成24年度委託プロジェクト研究「ゲノム情報を活用した家畜の革新的な育種・繁殖・疾病予防技術の開発」を、平成25年度からの新規課題に統合しています。

5. 食品の安全性と動物衛生の向上のためのプロジェクト(平成25年度~平成29年度)

ヒ素、カビ毒や食中毒菌のフードチェーンにおけるリスク低減技術と高病原性PRRS(高病原性豚繁殖・呼吸障害症候群)、口蹄疫等の重要家畜疾病の侵入・まん延を防止する技術を開発します。

6. 画期的な農畜産物作出のためのゲノム情報データベースの整備(平成23年度~平成27年度)

画期的な新品種を開発するための研究基盤として、農畜産物のゲノム情報を利用しやすい形で広く提供するデータベースを整備・公開します。

7. 気候変動に対応した循環型食料生産等の確立のためのプロジェクト(平成22年度~平成29年度)

地球規模の気候変動が我が国の農林水産業へ与える影響を評価し、温暖化の進行に適応した生産安定技術や温暖化の進行を緩和する技術を開発します。

※本プロジェクトは、平成24年度委託プロジェクト研究「気候変動に対応した循環型食料生産等の確立のための技術開発」に、平成25年度から新規課題を拡充しています。

8. 地域資源を活用した再生可能エネルギーの生産・利用のためのプロジェクト(平成24年度~平成27年度)

農山漁村の自立・分散型エネルギーシステムの形成に向けて、バイオ燃料や熱エネルギーを効率的に生産・利用するための技術を開発します。

※本プロジェクトは、平成24年度委託プロジェクト研究「農山漁村におけるバイオ燃料等生産基地創造のための技術開発」に、平成25年度から新規課題を拡充しています。

9. 水産業再生プロジェクト(平成23年度~平成29年度)

沿岸漁場における生産の回復・安定化のため、赤潮等の早期発生予測技術、天然資源に依存しない養殖生産技術、沿岸資源の回復技術を開発します。

※本プロジェクトは、平成24年度委託プロジェクト研究「天然資源に依存しない持続的な養殖生産技術の開発」及び「海洋微生物解析による沿岸漁業被害の予測・抑制技術の開発」を、平成25年度に組替え、再編、統合し、新規課題を拡充しています。 

お問い合わせ先

(1~3のプロジェクトについて)
農林水産技術会議事務局研究統括官(食料戦略、除染)室
代表:03-3502-8111(内線5844)

(4~6のプロジェクトについて)
農林水産技術会議事務局研究開発官(食の安全、基礎・基盤)室
代表:03-3502-8111(内線5875)

(7~9のプロジェクトについて)
農林水産技術会議事務局研究開発官(環境)室
代表:03-3502-8111(内線5870)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図