このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

プレスリリース

「越境性植物病害虫の研究連携に関する国際ワークショップ」の開催について

  • 印刷
令和元年11月1日
農林水産省
農林水産省は、11月27日(水曜日)から29日(金曜日)に「越境性植物病害虫の研究連携に関する国際ワークショップ」を開催いたします。

1.概要

本年4月に日本で開催されたG20首席農業研究者会議(G20MACS)(※)において、我が国は議長国として、「越境性植物病害虫」を主要議題の一つに取り上げました。会議では、越境性植物病害虫が食料安全保障と環境に対する深刻な脅威となっていることが認識されるとともに、病害虫の発生や管理に関するG20各国等の経験や最新情報を共有し、効果的な対策のための研究連携を促進するため、本年にワークショップを開催することを我が国から提案し、支持されました。
このため、農林水産省は、G20各国及び国際研究機関等の研究者を招いて、本ワークショップを開催し、世界における主要な越境性植物病害虫の発生・管理の最新情報の共有、分野横断的な課題の検討を行うとともに、研究者間のネットワークの構築を図ります。

(※)G20首席農業研究者会議(Meeting of Agricultural Chief Scientists: MACS)とは、G20各国及び国際機関の農業分野の首席研究者等により、世界の研究の優先事項を協議するとともに、各国等の連携強化を図ることを目的として、過去8回開催されています。2019年は日本が議長国となり、4月24日から26日の日程で、日本にて開催されました。
(参考)G20首席農業研究者会議(MACS)について
http://www.affrc.maff.go.jp/kokusaikenkyu/macs-g20.html

2.日程

令和元年11月27日(水曜日)
9時30分~18時30分 ワークショップ(会合1日目)
19時00分~21時00分 歓迎レセプション

令和元年11月28日(木曜日)
9時00分~15時00分 ワークショップ(フィールドツアー)

令和元年11月29日(金曜日)
9時00分~14時30分 ワークショップ(会合2日目)

3.場所

(1)ワークショップ会合 (11月27日(水曜日)、11月29日(金曜日))
  つくば国際会議場 中会議室201(茨城県つくば市竹園2-20-3)

(2)歓迎レセプション(11月27日(水曜日))
  つくば国際会議場 レストラン「エスポワール」(茨城県つくば市竹園2-20-3)

(3)ワークショップフィールドツアー(11月28日(木曜日))
  つくば市内の研究施設や生産者を訪問します。

4.留意事項

取材を希望される方は、取材機会に関する詳細をお伝えしますので、農林水産省農林水産技術会議事務局国際研究官室(担当:田中、柳田 Mail:ird_affrc@maff.go.jp)へ、メールにより、氏名、所属、連絡先を付して事前にお申し込みください。
取材について、所属機関のないフリーランスの方の場合は、お申し込みいただく際、別途
  (1) 署名入り記事(6か月以内)(PDF形式、2MB以内)
  (2) 報道機関又は政府機関等からの推薦状(あれば)(PDF形式、2MB以内)
  (3) FCCJ会員証(外国メディアの場合、あれば)(PDF形式、2MB以内)
をメールにて御提出ください。
取材について、個人でブログやSNSなどのオンラインメディアを開設している方、広告代理店・広報PR会社、調査会社・証券アナリストは対象外とさせていただきます。
当日は、時間の制約から、取材の方からの質疑応答の時間を設けておりません。質問等があれば、ird_affrc@maff.go.jpまで送付ください。
取材に当たっては、会場担当者の指示に従ってください。
都合により予定が変更されることがありますので、あらかじめ御了承ください。

お問合せ先

農林水産技術会議事務局国際研究官室

担当者:田中、柳田
代表:03-3502-8111(内線5902)
ダイヤルイン:03-3502-7466
FAX番号:03-5511-8788