このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

プレスリリース

「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会 林業ワークショップの開催について

  • 印刷
平成30年11月26日
農林水産省

農林水産省が推進する、「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会では、平成30年12月11日(火曜日)に、農林水産省共用第2会議室において、林業ワークショップを開催します。
本ワークショップは非公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。

1.概要

農林水産省では、農林水産・食品産業の競争力を強化し、成長産業化を促進するため、農林水産・食品分野に他分野のアイデア・技術等を導入し、革新的な商品化・事業化に結びつける新たな産学官連携研究の仕組みとして、「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会(以下「協議会」という。)を平成28年4月から推進しています。協議会では、林業分野の研究開発プラットフォーム(以下「プラットフォーム」という。)や、研究コンソーシアムの構成員の方々を対象としたワークショップを開催します。

2.開催日時及び場所

日時:平成30年12月11日(火曜日)15時00分~18時00分
場所:農林水産省 本館7階 共用第2会議室(ドア番号 本768)
所在地:東京都千代田区霞が関1-2-1

(当日のスケジュール)
15時00分~15時10分 開会
15時10分~16時25分 ミニプレゼンテーション
16時25分~16時40分 休憩
16時40分~17時45分 テーマ別セッション
17時45分~18時00分 全体討議・総括

3.プログラム

【ミニプレゼンテーション】
林業分野における産学官連携研究の取組について、国立研究開発法人、プラットフォーム及び研究コンソーシアム、企業等から、以下のテーマにより情報提供(出席プラットフォームによる活動紹介を含む。)を行います。

(1)森林・林業・木材産業分野の研究・技術開発戦略について
(2)林業関係の取組(新たに設立予定の研究開発プラットフォームについて)
(3)木質外被研究開発プラットフォームの取組
(4)中層・大規模ツーバイフォー建築コンソーシアムの取組
(5)アドバンスドバイオカーボンコンソーシアム等セルロースナノファイバー研究の取組
(6)住友林業の取組(W350計画)
(7)出席プラットフォームによる活動紹介

【テーマ別セッション】
話題提供を踏まえ、プラットフォーム関係者が、(ア)林業、(イ)建築、(ウ)バイオマス・成分利用(新素材関連、特用林産を含む)の3つのグループに分かれ、プラットフォーム間の連携可能性などについて意見交換します。

4.参考

2の当日のスケジュール及び3のプログラムの内容については予定であり、当日変更となることもありますので、あらかじめ御了承ください。

本ワークショップは、協議会会員のみを対象としているため非公開ですが、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。
カメラ撮影を希望される場合、また、協議会や主催のイベントに関しては、下記協議会事務局へお問合せください。

協議会事務局(株式会社リベルタス・コンサルティング)
担当:五十嵐
電話:03-3556-6360
FAX:03-3511-2162
メールアドレス:maff-session@libertas.co.jp

協議会ウェブサイト
http://www.knowledge.maff.go.jp/

<添付資料>
林業ワークショップチラシ(PDF : 660KB)

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究推進課産学連携室

担当者:久納、山平
代表:03-3502-8111(内線5894)
ダイヤルイン:03-3502-5530
FAX番号:03-3593-2209

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader