このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

プレスリリース

「アグリビジネス創出フェア2018」の出展者等の募集について

  • 印刷
平成30年8月10日
農林水産省

農林水産省は、本日8月10日(金曜日)から9月6日(木曜日)までの間、平成30年11月に東京ビッグサイトにおいて開催する「アグリビジネス創出フェア2018」の出展者及びマッチング企画への協力機関の募集を開始します。

1.「アグリビジネス創出フェア2018」について

「アグリビジネス創出フェア2018」は、全国の産学の機関が有する、農林水産・食品分野などの最新の研究成果を展示やプレゼンテーションなどで分かりやすく紹介し、研究機関間や、研究機関と事業者との連携を促す場として開催する技術交流展示会です。
本フェアは、平成16年度から継続的に開催しており、今年度で15回目の開催です。

開催期間

   平成30年11月20日(火曜日)~平成30年11月22日(木曜日)
   (3日間とも午前10時00分開場、午後5時00分閉場)
   ※初日の開場前には、開会セレモニーを開催

会場

   東京ビッグサイト 西1ホール
   所在地:東京都江東区有明3-11-1

開催テーマ

   「スマート農林水産業」

入場料

   無料

主催

   農林水産省

2.「アグリビジネス創出フェア2018」出展者及びセミナー発表者の募集について

「アグリビジネス創出フェア2018」においては、出展等を通じて、最新の研究成果を広くPRすることにより、新たに連携する機関を見つけていただく機会を設けております。つきましては、出展を希望する方及びセミナー発表を希望する方は、「アグリビジネス創出フェア2018」のホームページ(http://agribiz-fair.jp/(外部リンク))から申込み手続きをお願いします。
なお、セミナー発表者については、原則として、出展者を対象とさせていただきます。

   1.募集期間:平成30年8月10日(金曜日)~平成30年9月6日(木曜日)

   2.出展料:小間装飾に必要な経費(出展者名ボード作成費含む)、電気使用料等の実費は
     出展者において御負担いただきます。

出展対象機関

  1.農林水産・食品分野の研究成果を実用化・事業化することを希望し、最新で質の高い技術
    シーズや研究成果を有する大学、地方公共団体、独立行政法人等の研究機関、技術研究組
    合及び研究会等の非営利団体。 

  2.農林水産・食品分野において、広く研究開発における産学官の連携促進や研究成果の普及
    ・実用化・技術移転等を支援する機関や、このような活動を支援・推進する各種団体等。 

なお、民間企業による出展には、一定の要件を設けておりますので、詳細は「アグリビジネス創出フェア2018」のホームページを御確認ください。御不明な点がありましたら、下記、アグリビジネス創出フェア2018事務局まで、お問い合わせいただきますようお願いします。

3.その他

「アグリビジネス創出フェア2018」開催期間中は、会場内に産学連携のサポートを行うコーディネーターを配置するとともに、コーディネーターが来場者のガイド役となり、会場を御案内するマッチングサポートツアー、最新の農林水産・食品関連の技術開発等の情報を発信する講演やセミナーなど、様々な取組を実施します。
本年度から生産者がより多く来場するよう、生産者の興味のある展示や農業関係団体等への周知・広報等について行うこととしています。
これらの取組の企画等の詳細や御来場の案内、各出展予定機関の詳細な展示内容などは、今後、「アグリビジネス創出フェア2018」のホームページで御紹介していきます。

「アグリビジネス創出フェア2018」ホームページ
 http://agribiz-fair.jp/(外部リンク)

<昨年度の開会セレモニー
 (礒崎副大臣によるテープカット)>                     <昨年度の会場の様子>
昨年度の開会セレモニー昨年度の会場の様子

<添付資料>
アグリビジネス創出フェア2018出展の御案内(PDF : 1,508KB)

お問合せ先

(事業全般について)
農林水産技術会議事務局研究推進課産学連携室
担当者:橋本、小池
代表:03-3502-8111(内線5894)
ダイヤルイン:03-3502-5530
FAX:03-3593-2209

(出展の募集について)
アグリビジネス創出フェア2018事務局
(株式会社フジヤ内)
担当者:仙田、熊谷
電話:03-3536-3362
FAX:03-5548-2838
E-mail:agri-ex@fujiya-net.co.jp

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader