このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

プレスリリース

明治150年特別トークセッション「明治期の肉食文化から、IT×畜産技術がつなぐ未来を語る80分!」の開催について

  • 印刷
平成30年5月30日
農林水産省

農林水産省は、平成30年7月3日(火曜日)に「3×3 Lab Future サロン」において、明治150年特別トークセッション「明治期の肉食文化から、IT×畜産技術がつなぐ未来を語る80分!」を開催します。
なお、本トークセッションは公開で、カメラ撮影についても可能です。

1.概要

平成30年(2018年)は、明治元年(1868年)から満150年の年に当たります。農林水産省は、明治150年特別トークセッションとして、「明治期の肉食文化から、IT×畜産技術がつなぐ未来を語る80分!」を開催します。
本トークセッションでは、明治期以降に我が国に広まった肉食文化を振り返りながら、最先端の畜産ICT技術がつなぐ未来の肉食文化、畜産業について、食文化研究の専門家や農業IT企業の経営者をお招きして、お話しいただきます。

2.開催日時及び場所

日時:平成30年7月3日(火曜日)18時30分~19時50分
場所:3×3 Lab Future サロン
所在地:東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワーJXビル1階

3.プログラム(予定)

(1)挨拶

(2)トークセッション
 ・モデレーター:ショートショート作家  田丸 雅智 氏
 ・ゲスト:東京家政学院大学名誉教授  江原 絢子 氏
 ・ゲスト:株式会社ファームノートホールディングス代表取締役  小林 晋也 氏

4.定員

80名(先着順)

5.参加申込要領

(1)申込方法
インターネットにて、以下のお申込先に、御氏名(ふりがな)、御連絡先(メールアドレス、電話番号)、勤務先・所属団体等を御記入の上、お申込みください。
なお、参加費は無料です。
https://www.contactus.maff.go.jp/affrc/form/180530.html

(2)申込締切
平成30年6月25日(月曜日)17時00分とします。
申込者が多数の場合は、定員に達した時点で受付を締め切らせていただきますので、あらかじめ御了承願います。

(3)参加する際の留意事項
参加に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらが守られない場合は、参加をお断りすることがあります。
(ア)事務局の指定した場所以外に立ち入らないでください。
(イ)携帯電話等音の出る機器については、電源を切るか、マナーモードに設定してください。
(ウ)講演の妨げにならないよう静かにしてください。
(エ)サロン内での飲食及び喫煙はできません。
(オ)銃砲刀剣類その他危険物を会場に持ち込まないでください。
(カ)その他、事務局職員の指示に従ってください。

6.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、報道関係者であることを明記の上、上記「参加申込要領」と同様の手続で、事前にお申込みください。
また、当日は受付で記者証等の身分証を御提示いただきますので、あらかじめ御承知願います。
取材に当たっては事務局職員の指示に従ってください。

<添付資料>
明治150年特別トークセッション「明治期の肉食文化から、IT×畜産技術がつなぐ未来を語る80分!」(PDF : 3,106KB)

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究調整課

担当者:総括班 久納、砂山
代表:03-3502-8111(内線5810)
ダイヤルイン:03-3502-7399
FAX番号:03-5511-8622

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader