このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

プレスリリース

研究成果発表会「地球温暖化時代の日本の農業・水産業~その変化と適応策~」の開催について

  • 印刷
平成30年1月15日
農林水産省

農林水産省は、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)及び国立研究開発法人水産研究・教育機構(水産機構)との共催で、平成30年2月14日(水曜日)に、国立大学法人一橋大学の一橋講堂において、研究成果発表会「地球温暖化時代の日本の農業・水産業~その変化と適応策~」を開催します。
本研究成果発表会は公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭挨拶のみ可能です。

1.概要

地球規模で進む気候変動の影響は、農産物や水産物の高温による生育障害や品質低下、観測記録を塗り替える豪雨や大雪による災害など、我が国の食料生産の基盤を揺るがしかねない状況となっています。
そのため、農林水産省では委託プロジェクト研究を実施し、気候変動への対応のための取組を強化しています。
今回の研究成果発表会では、農業と水産業における気候変動の影響評価と適応策に関する研究成果を講演会とポスター発表で分かりやすく紹介し、参加者との意見交換を行います。

2.日時及び場所

日時:平成30年2月14日(水曜日)10時00分~17時00分
会場:国立大学法人一橋大学 一橋講堂
所在地:東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内

            会場までの地図は以下URLを御覧ください。
            http://www.hit-u.ac.jp/hall/file/menu-016/file_01.pdf

3.プログラム(予定)

第一部:水産分野の講演会(10時00分~12時00分)
1.開会挨拶
2.農林水産省における気候変動対応のための研究開発の取組
   農林水産技術会議事務局
3.気候変動による日本の水産業への影響の評価
   水産機構 東北区水産研究所  木所 英昭
4.温暖化の進行に適応するノリの育種技術の開発
   水産機構 中央水産研究所  加藤 雅也
5.西日本における藻場と藻類養殖への気候変動の影響評価と将来予測
   水産機構 瀬戸内海区水産研究所  吉田 吾郎
6.気候変動による沖合漁業への影響予測
   一般社団法人漁業情報サービスセンター  渡邉 一功

第二部:ポスター発表(113題)(12時00分~14時00分)
1.水産コアタイム  12時00分~13時00分
2.農業コアタイム  13時00分~14時00分
(ポスターは9時30分~17時00分の間掲示します)

第三部:農業分野の講演会(14時00分~17時00分)
1.基調講演:気候変動が農業に及ぼす影響とその適応策
   国立大学法人東京大学大学院農学生命科学研究科  二宮 正士
2.農業系課題の全体概要
3.影響評価課題の概要と水稲収量・品質の将来予測
   農研機構 農業環境変動研究センター  石郷岡 康史
4.品種・育種素材課題の概要と水稲高温耐性品種の開発
   農研機構 次世代作物開発研究センター  佐藤 宏之
5.果樹生産安定課題の概要とナシの発芽不良軽減技術
   農研機構 果樹茶業研究部門  阪本 大輔
6.畜産への影響と適応策
   農研機構 九州沖縄農業研究センター  田中 正仁
7.農業生産基盤課題の概要と南西諸島の淡水レンズ
   農研機構 農村工学研究部門  石田 聡
8.パネルディスカッション
9.閉会挨拶

4.参加可能人数

定員420名

5.参加申込要領

1.申込方法
参加費は無料ですが、事前に参加申込みが必要です。
参加を希望される方は、以下のURLのウェブサイトから登録フォームを開き、 必要事項を御記入いただき、お申込みください。なお、お電話でのお申込みは御遠慮ください。

<ウェブサイトによる申込先>
気候変動対策プロジェクト平成29年度研究成果発表会事務局(株式会社オーエムシー内)のホームページ
https://www.omc.co.jp/kikouhendo2018
(別ウィンドウで開きます。)

2.申込締切
平成30年2月13日(火曜日)

参加希望者が定員になり次第、お申込みを締め切りますので、あらかじめ御了承ください。
なお、お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、参加の可否等御本人に連絡を行う場合に限り利用いたします。

6.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、報道関係者の席を用意しておりますので、お申込みいただく必要はありません。
ただし、用意した席が満席となった場合は、お立ちいただくことになりますので、その場合は御容赦ください。


<添付資料>
研究成果発表会ポスター(PDF : 973KB)

お問合せ先

(委託プロジェクト研究について)
農林水産技術会議事務局研究開発官(基礎・基盤、環境)室
担当者:安達、牧野
代表:03-3502-8111(内線5870)
ダイヤルイン:03-6744-2216
FAX番号:03-3502-4028

(研究成果発表会について)
気候変動対策プロジェクト平成29年度研究成果発表会事務局(株式会社オーエムシー内)
担当者:徳丸
ダイヤルイン:03-5362-0117
FAX番号:03-5362-0121
メールアドレス:kikouhendo2018@omc.co.jp

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader