このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

プレスリリース

シンポジウム「薬剤抵抗性害虫の次世代管理体系構築に向けて」の開催について

  • 印刷
平成29年10月13日
農林水産省
農林水産省は、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構及び農林害虫防除研究会との共催で、平成29年11月13日(月曜日)に、星陵会館ホールにおいて、シンポジウム「薬剤抵抗性害虫の次世代管理体系構築に向けて」を開催します。
本シンポジウムは公開ですが、カメラ撮影は開会挨拶のみ可能です。

1.概要

気候変動等に伴い、今後、農作物生産の大きな減収要因となる病害虫の更なる増加が予想されることから、薬剤抵抗性病害虫による被害の防止と薬剤抵抗性の発達を抑制・遅延させるための技術開発が急務となっています。
このような状況に対処するため、農林水産省は、平成26年度から委託プロジェクト研究「ゲノム情報等を活用した薬剤抵抗性管理技術の開発」を実施しています。本研究では、最新のゲノム解析手法を駆使した薬剤抵抗性原因遺伝子の特定により、抵抗性害虫の迅速判定法の開発等を実施するとともに、抵抗性発達を遅延させるための農薬施用法などの理論的研究にも取り組んでいます。
本シンポジウムは、農業現場で害虫対策指導に携わる方々を主な対象に、これまでの研究成果を現場で実装するための技術を紹介するとともに、理想的な薬剤抵抗性害虫管理に必要な方策について、研究開発者と技術使用者等の相互理解を深めることを目的として開催するものです。

2.開催日時及び場所

日時:平成29年11月13日(月曜日)10時00分~16時45分(受付9時30分~10時00分)
会場:星陵会館ホール
所在地:東京都千代田区永田町2-16-2

3.シンポジウムの内容

内容の詳細につきましては、以下のURLを御覧ください。
<国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構のホームページ:シンポジウム「薬剤抵抗性害虫の次世代管理体系構築に向けて」>URL:http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2017/09/077234.html

開会挨拶(10時00分~10時15分)

ゲノム情報等を活用した薬剤抵抗性管理技術の開発プロジェクト概要(10時15分~10時30分)
研究開発責任者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門 中島 信彦

【第1部 薬剤抵抗性機構の解明と管理技術の開発】
「コナガのジアミド剤抵抗性」(10時30分~11時00分)
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業研究センター 日本 典秀

「チャノコカクモンハマキのIGR剤及びジアミド抵抗性」(11時00分~11時30分)
静岡県農林技術研究所茶業研究センター 内山 徹

「ワタアブラムシのネオニコチノイド剤抵抗性(11時30分~12時00分)
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門 土田 聡

(12時00分~13時30分 昼休み)

「ネギアザミウマのピレスロイド剤抵抗性」(13時30分~14時00分)
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 野菜花き研究部門 太田 泉

「ナミハダニのエトキサゾール等発育阻害剤抵抗性」(14時00分~14時30分)
京都大学大学院農学研究科生態情報開発学分野 刑部 正博

「トビイロウンカのイミダクロプリド抵抗性発達機構及びピメトロジンの感受性新検定法」(14時30分~15時00分)
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター 真田 幸代

「害虫タイプ別/薬剤組み合わせ別の抵抗性発達遅延戦略の構築」(15時00分~15時30分)
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境変動研究センター 山中 武彦

(15時30分~15時45分 休憩)

【第2部 薬剤抵抗性管理技術に期待すること】
座長 日本曹達株式会社 小田原研究所 山本 敦司

「長野県における薬剤抵抗性対策を考慮した防除指導の概要について」(15時45分~16時00分)
長野県農業技術課 近藤 賢一

「JAグループにおける薬剤抵抗性対策の取組と、技術開発に期待すること」(16時00分~16時15分)
全国農業協同組合連合会 営農・技術センター 阿部 新太郎

総合討論(16時15分~16時45分)

閉会挨拶

情報交換会(17時00分~19時00分)
於:星陵会館4階シーボニア、会費5,000円

4.参加申込要領

(1)申込方法
事前申込制です。
参加を希望される方は、以下のURLのウェブサイトから登録フォームを開き、 必要事項を御記入いただき、情報交換会への参加又は不参加を御選択の上、お申し込みください。
<ウェブサイトによる申込先:国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 次世代ゲノム基盤プロジェクト推進事務局のホームページ>
URL:https://pursue.dc.affrc.go.jp/form/fm/naro171/sympo171113
(別ウィンドウで開きます)
(2)申込締切
平成29年10月31日(火曜日)
(3)参加者の決定
参加は先着順に決定します。参加申込者が募集人員(370名程度)に達した場合は、途中で参加を締め切らせていただきます。
なお、お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、参加の可否確認等御本人への連絡を行う場合に限り利用させていただきます。

お問合せ先

(事業全般について)
農林水産技術会議事務局研究開発官(基礎・基盤、環境)室
担当者:坂井、鈴木
代表:03-3502-8111(内線5872)
ダイヤルイン:03-3502-7435
FAX番号:03-3502-4028

(イベントについて)
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
生物機能利用研究部門交流チーム
担当者:都島
電話:029-838-7424