このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

プレスリリース

「アグリビジネス創出フェア2016~世界に届け!農林水産イノベーション!!~」の開催について

  • 印刷
平成28年11月30日
農林水産省
農林水産省は、平成28年12月14日(水曜日)から12月16日(金曜日)までの3日間、東京ビッグサイトにおいて、農林水産・食品産業分野の技術交流展示会「アグリビジネス創出フェア2016」を開催します。
本年度は、全国の141機関が最新の研究成果を出展するとともに、基調講演やセミナー及びマッチングサポートツアーなど、来場者と出展者との連携を促す様々な企画を行います。
また、14日(水曜日)には、平成28年度(第17回)民間部門農林水産研究開発功績者表彰及び平成28年度(第12回)若手農林水産研究者表彰の表彰式も行います。

1.開催趣旨

「アグリビジネス創出フェア2016」は、全国の産学の機関が有する、農林水産・食品産業分野などの最新の研究成果を展示やプレゼンテーションなどで分かりやすく紹介し、研究機関間や研究機関と事業者との連携を促す場として開催する「技術交流展示会」です。
第13回目となる今回は、「世界に届け!農林水産イノベーション!!」をテーマに開催します。

2.開催日程及び場所

日程:平成28年12月14日(水曜日)~平成28年12月16日(金曜日)
(3日間とも午前10時00分開場、午後5時00分閉場)
(初日の14日は、9時45分から、開会セレモニーを開催します)

会場:東京ビッグサイト 西4ホール

所在地:東京都江東区有明3-11-1

3.出展機関

「アグリビジネス創出フェア2016」は、全国の大学、各都道府県の試験場、研究開発を行う独立行政法人、企業など141機関が出展を予定しています。
出展機関名、出展内容の詳細等は、「アグリビジネス創出フェア2016」のホームページを御確認ください。

<アグリビジネス創出フェア2016>
http://agribiz-fair.jp/

4.基調講演及び表彰式等

開催期間中、会場内で基調講演等を行います。
セミナー等最新の情報は、「アグリビジネス創出フェア2016」のホームページで御確認ください。

<アグリビジネス創出フェア2016>
http://agribiz-fair.jp/

基調講演1
12月14日(水曜日)11時00分~11時45分メインステージ
「持続可能な社会に向けた産総研の取り組み」
国立研究開発法人産業技術総合研究所理事長中鉢良治 氏

基調講演2
12月14日(水曜日)11時45分~12時30分メインステージ
「イノベーションによる儲かる農林業へのコマツの取り組み」
株式会社小松製作所取締役会長野路國夫 氏

表彰式
12月14日(水曜日)12時50分~14時05分メインステージ
平成28年度(第17回)民間部門農林水産研究開発功績者表彰
農林水産業その他関連産業に関する研究開発のうち民間が主体となって行っているものについて、その一層の発展及びそれに従事する者の一層の意欲向上に資するため、優れた功績をあげた者を表彰しています。

受賞者については、以下を御覧ください。
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/161031.html

12月14日(水曜日)14時15分~15時10分メインステージ
平成28年度(第12回)若手農林水産研究者表彰
農林水産業及び関連産業に関する研究開発の一層の発展及び研究開発に従事する若手研究者(40歳未満を対象)の研究意欲の一層の向上を図るため、優れた功績をあげた若手研究者を表彰しています。

受賞者については、以下を御覧ください。
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/161031_52.html

5.マッチングを促進するための各種取組

「アグリビジネス創出フェア2016」では、産学官の様々な来場者と、最新技術を出展する出展者とのマッチングを促進するため、農林水産・食品産業分野の専門家であるコーディネーターが常駐する「コーディネーターカウンター」を会場内に設け、来場者からの技術相談に対応します。また、ガイド役のコーディネーターと共に、テーマに沿った出展ブースを訪問し、マッチングに向けたヒントを探るマッチングサポートツアーを以下の予定で実施します。


   12月14日(水曜日)  12月15日(木曜日)  12月16日(金曜日)
 10時30分~
11時15分
 - (テーマ) 
美味しさに訴える新品種や地域特産品
(テーマ) 
科学的評価に基づく食品の機能性
 11時00分~
11時45分
 - (テーマ) 
イチゴの遺伝子研究から栽培、加工流通までの新技術
(テーマ)
 「植物工場等 -養液栽培での活用が期待される先端技術-」
 12時30分~
13時15分
 - (テーマ) 
食生活を豊かにする新食材・新品種を巡るツアー
(テーマ) 
健康食品素材とお茶
 13時00分~
13時45分
(テーマ) 
IoTを活用した新しい農業生産技術への取り組み
(テーマ) 
健康に寄与する機能性食品の研究
(テーマ) 
動物のセンシングと活用
 13時30分~
14時15分
(テーマ) 
地域分散型バイオマスエネルギーの生産と利用技術の紹介
(テーマ) 
繊細で損傷が発生しやすい農産物の長距離輸送のために先端技術の紹介
(テーマ)
陸上養殖は成長産業
 14時00分~
14時45分
(テーマ)
先端技術による新品種育成法
(テーマ)
新品種ー稲・麦類・大豆・園芸作物等
(テーマ)
新品種農作物や新規食品素材はどのように利用されているのでしょう
(試食もできるツアー)
 14時30分~
15時15分
(テーマ) 
機能性をもつ食品(生産物)は美味しいのか?確かめる
(テーマ) 
機能性農産物
 -
 15時00分~
15時45分
(テーマ) 
健康増進産業の創出(身近な農産物の意外な機能)
(テーマ) 
農業分野のセンシング技術
 -

6.来場者事前登録

入場料は無料です。当日も参加登録を受け付けますが、混雑が予想されますので、できるだけ事前登録への御協力をお願いします。
以下のURLから登録できます。

http://agribiz-fair.jp/

7.その他

昨年度の来場者数は、3日間で34,860人で、会場は大いに賑わいました。
以下は、昨年度の模様です。

<添付資料>
アグリビジネス創出フェア2016招待状



《開会セレモニー(森山前農林水産大臣、伊東前農林水産副大臣によるテープカット》  

お問合せ先

(事業全般について)
農林水産技術会議事務局研究推進課
産学連携室
担当者:伊藤、池之野
代表:03-3502-8111(内線5894)
ダイヤルイン:03-3502-5530
FAX:03-3593-2209

(イベントについて)
アグリビジネス創出フェア2016事務局
(株式会社サンケイビルテクノ)
担当者:香西
電話:03-5577-3011
FAX:03-5577-3200
E-mail:agri-fair@sankeibldg.co.jp