このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

プレスリリース

平成28年度補正予算「革新的技術開発・緊急展開事業」のうち「経営体強化プロジェクト」及び「人工知能未来農業創造プロジェクト」の公募の開始について

  • 印刷
平成28年11月22日
農林水産省
平成28年度補正予算「革新的技術開発・緊急展開事業」のうち「経営体強化プロジェクト」及び「人工知能未来農業創造プロジェクト」について、事業実施主体(公募主体)である、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター(以下、生研支援センター)において、公募が開始されましたので、お知らせします。

1.概要

農林水産省では、生産現場等のニーズに即した効率的・効果的な研究開発を推進するため、農林漁業者や専門家からの直接のヒアリングや農林水産省ホームページにおける意見募集の結果を踏まえ、平成28年度補正予算「革新的技術開発・緊急展開事業」等の今後の研究事業で取り組むべき研究課題等を示した「今後の競争力強化に向けた技術戦略」(以下、「技術戦略」という)を策定しました。
平成28年度補正予算「革新的技術開発・緊急展開事業」のうち「経営体強化プロジェクト」及び「人工知能未来農業創造プロジェクト」は、この技術戦略に基づき、農林漁業者等のニーズを踏まえた現場実証型の技術開発を支援するものです。

 ・経営体強化プロジェクト
  農林漁業者の技術力強化のため、テーマ毎に、農林漁業者、企業、大学、研究機関がチームを組んで、明確な目標の下で現場への実装までを視野に入れて行う技術開発を支援

 ・人工知能未来農業創造プロジェクト
  AIやIoT等の活用により、新たな生産性革命を実現するため、民間の斬新なアイディアを活用しつつ、家畜疾病の早期発見や収穫ロボットの高度化など、全く新しい技術体系を創造するための研究開発を実施

2.公募期間

(1)経営体強化プロジェクト:平成28年11月21日(月曜日)から平成29年1月10日(火曜日)12時00分まで

(2)人工知能未来農業創造プロジェクト:平成28年11月21日(月曜日)から平成29年1月6日(金曜日)12時00分まで

(3)人工知能未来農業創造プロジェクト(のうち「知」の集積と活用の場による研究開発モデル事業):平成28年11月21日(月曜日)から平成28年12月20日(火曜日)12時00分まで

3.公募要領等

公募の詳細については、事業実施主体(公募主体である)生研支援センターのホームページを御覧下さい。

「経営体強化プロジェクト」の公募について(生研支援センターホームページ)
http://www.naro.affrc.go.jp/brain/h27kakushin/keiei/koubo01/index.html

「人工知能未来農業創造プロジェクト」の公募について(生研支援センターホームページ)
http://www.naro.affrc.go.jp/brain/h27kakushin/aipro/koubo01/index.html

「「知」の集積と活用の場による研究開発モデル事業」の公募について(生研支援センターホームページ)
http://www.naro.affrc.go.jp/brain/knowledge/koubo/h28/index.html

4.参考

「今後の競争力強化に向けた技術戦略」
http://www.s.affrc.go.jp/kakushin/attach/pdf/H28kakushin-41.pdf


<添付資料>
平成28年度補正予算「革新的技術開発・緊急展開事業」について

お問合せ先

(経営体強化プロジェクトについて)
農林水産技術会議事務局研究推進課
担当者:企画班  小川、山下、渡邊
代表:03-3502-8111(内線5891)
ダイヤルイン:03-3502-7437
FAX番号:03-3593-2209

(人工知能未来農業創造プロジェクトについて)
農林水産技術会議事務局研究統括官(生産技術)室
担当者:総括班  内田、竹村
代表:03-3502-8111(内線5890)
ダイヤルイン:03-3502-2549
FAX番号:03-3502-4028

(「知」の集積と活用の場による研究開発モデル事業について)
農林水産技術会議事務局研究推進課
担当者:研究拠点班  山平、舘澤、坂上
代表:03-3502-8111(内線5894)
ダイヤルイン:03-3502-5530
FAX番号:03-3593-2209

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader