このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

プレスリリース

「2016年(第10回)若手外国人農林水産研究者表彰」受賞者の決定及び表彰式の開催について

  • 印刷
平成28年11月7日
農林水産省
農林水産省は、「2016年(第10回)若手外国人農林水産研究者表彰」について、農林水産技術会議会長賞を決定しました。
表彰式は、平成28年12月1日(木曜日)に、国連大学ウ・タント国際会議場(東京都渋谷区)で行います。
表彰式は公開です。カメラ撮影も可能です。

1.概要

本表彰は、開発途上地域の農林水産業及び関連産業に関する研究開発について、その一層の発展及びそれに従事する若手研究者の意欲向上に資するため、
(1)開発途上地域における研究開発に優れた功績をあげつつある若手外国人研究者
(2)将来の技術革新等につながる優れた研究業績をあげつつある若手外国人研究者
に対して、毎年3名を限度に農林水産技術会議会長賞を授与しています。
本表彰は、2007年から実施しています。表彰の詳細は別添の資料を御覧ください。

2.本年度の受賞者

 受賞者名(敬称略)
年齢(注意1)、性別、国籍
 所属  業績名
 Musaida Mercy MANYUCHI
(ムサイダ・マーシー・マンユチ)
 32歳、女性、ジンバブエ
 ハラレ工科大学(ジンバブエ)  食物残渣を利用したミミズ堆肥及びミミズ液肥のバイオ肥料の生産
(ミミズを利用して食品残渣を処理し堆肥化するもので、高価な化学肥料に代わる安価で普及性の高い実用化技術の開発)
 Gezahegn Girma TESSEMA
(ギャザヘン・ギルマ・テセマ)
 36歳、男性、エチオピア
 国際熱帯農業研究所(IITA/CGIAR(注意2))   ヤム遺伝資源の保全及び育種技術の改善へ向けた新たな手法
(ヤムの遺伝的多様性の評価や雌雄の決定に関する候補遺伝子を同定するなど、育種選抜の基礎となる独創的かつ質の高い研究成果は、今後のヤム育種への貢献につながるもの)
 Alonzo Alulod GABRIEL
(アロンゾ・アルロド・ガブリエル)
 35歳、男性、フィリピン

 フィリピン大学ディリマン校(フィリピン)  精密食品加工:食品安全、食品防御(食品の人為的要因を含む劣化の防止など)、及び食品の品質確保のための食品の微生物学的、及び物理化学的特性に関する数理モデルの構築
(食品由来微生物の成長率や不活性化速度などの予測モデルを構築し、有害微生物による食品の変質防止及び安全性の確保のための総合的な管理手法を提供するもの)

(注意1)年齢は2016年1月1日時点
(注意2)CGIARとは、国際農業研究協議グループ(Consultative Group on International Agricultural Research)の略
(参考)平成28年4月19日付けプレスリリース:2016年(第10回)「若手外国人農林水産研究者表彰」の候補者の募集開始について
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/160419.htm

3.表彰式等の開催日時及び場所

日時:平成28年12月1日(木曜日)
 ・15時00分~受付
 ・15時30分~16時15分 表彰式
 ・16時15分~17時00分 受賞者講演
 ・17時15分~18時45分 祝賀レセプション
会場:国連大学ウ・タント国際会議場
所在地:東京都渋谷区神宮前5-53-70

4.参加申込要領

(1)申込方法
表彰式等への出席登録は、インターネットでのお申込みとなります。以下の申込先に、氏名(日本語表記及び英語表記)、所属、連絡先(E-mail、電話番号)、表彰式への出席希望の旨を明記の上、お申込みください。電話でのお申込みは御遠慮願います。

<インターネットによる申込先>
https://pursue.dc.affrc.go.jp/form/fm/jircas/intl_symp_2016

(2)申込締切
平成28年11月25日(金曜日)17時00分

5.その他

表彰式等終了翌日、同会場において、国立研究開発法人国際農林水産業研究センター(JIRCAS)国際シンポジウム2016「豆のちから、再発見」が開催されますので、併せて御案内します。
JIRCAS国際シンポジウム2016に参加を御希望の方は、JIRCASホームページよりお申込みください。表彰式の申込先と共通になっています。
詳しくは、以下のJIRCASのホームページを御参照ください。
詳細:https://www.jircas.go.jp/ja/symposium/2016/jircas_intl_symp2016

6.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方につきましても、上記「申込要領」よりお申込みをお願いします。当日は、報道関係者用の席を御用意しておりますが、御用意した席が満席となった場合は、一般参加者用の席にお座りいただくことになりますので、その場合は御容赦ください。
 
<添付資料>
(資料)2016年(第10回)若手外国人農林水産研究者表彰について

お問合せ先

農林水産技術会議事務局国際研究官室

担当者:舟木、鳥取
代表:03-3502-8111(内線5900)
ダイヤルイン:03-3502-7467
FAX番号:03-5511-8788

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader