このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

プレスリリース

シンポジウム「ゲノム情報を活用した豚品種改良の最前線~国際競争力の向上を目指して~」の開催について

  • 印刷
平成28年8月19日
農林水産省
農林水産省は、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構及び公益社団法人 農林水産・食品産業技術振興協会との共催で、平成28年10月6日(木曜日)に、主婦会館プラザエフにおいて、シンポジウム「ゲノム情報を活用した豚品種改良の最前線~国際競争力の向上を目指して~」を開催します。
本成果発表会は公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭挨拶のみ可能です。

1.概要

飼料価格の高騰等に対応した国内の畜産経営の健全化・安定化に向けて、また今後の畜産物の国際取引の拡大を見越した国産畜産物の競争力強化のために、豚を初めとする家畜の改良をより加速化することが望まれています。

そのため、農林水産省は、低コストかつ効率的な家畜生産技術の開発を目的として、平成24年度から、委託プロジェクト研究「ゲノム情報を活用した家畜の革新的な育種・繁殖・疾病予防技術の開発(DNAマーカー育種の高度化のための技術開発)」において、優良形質を併せ持つ家畜を効率的に作出するためのDNAマーカーを利用した育種技術について研究を実施しています。

本シンポジウムは、上記委託プロジェクト研究及び農林水産・食品産業技術振興協会が受託・実施している「日本中央競馬会畜産振興事業・ゲノム情報活用育種改良推進事業(豚改良へのゲノム情報の活用高度化事業)」で得られた、研究の最新成果を講演で御紹介するとともに、豚の品種改良の動向を御紹介しつつ、これらの研究成果の活用について議論します。

 2.開催日時及び場所

日時:平成28年10月6日(木曜日)13時10分~17時30分

会場:主婦会館プラザエフ 7階 会議室「カトレア」

所在地:東京都 千代田区 六番町15

            会場までの地図は以下URLを御覧ください。
            http://plaza-f.or.jp/index2/access/

3.成果発表会の内容

第一部:研究成果の概要

 ・豚の生産性向上のためのDNAマーカーの開発

                                                                            国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門

                                                                                                                                                      谷口 雅章

 ・豚の抗病性改良のためのゲノム情報の利用

                                                                 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門

                                                                                                                                                       上西 博英

 ・ゲノム情報を活用した豚の筋肉内脂肪割合の改良

                                                                    公益社団法人 農林水産・食品産業技術振興協会 農林水産先端技術研究所

                                                                                                                                                       両角 岳哉

第二部:豚品種改良の動向と研究成果への期待

 ・私たちが目指す豚肉

                                                                                                                     グローバルピッグファーム株式会社

                                                                                                                                                          髙橋 弘

 ・ニッポンハムグループにおける豚生産事業とDNAマーカー育種への期待

                                                                                                                               日本ハム株式会社中央研究所

                                                                                                                                                         髙萩 陽一

 ・ゲノム情報を活用した沖縄アグー豚のブランド力強化に向けた取組み

                                                                                                                                     沖縄県畜産研究センター

                                                                                                                                                         當眞 嗣平

 ・総合討論

 

4.参加可能人数

定員120名

5.交流会について

日時:平成28年10月6日(木曜日)18時00分~20時00分

会場:主婦会館プラザエフ 2階 「エフ スペース&ランチビュッフェ」

所在地:東京都 千代田区 六番町15

会費:4,000円

6.参加申込要領

(1)申込方法

参加費は無料ですが、事前に参加申込みが必要です。

参加を希望される方は、メールにて以下のメールアドレス宛に、必要事項(参加希望される方の御氏名、御所属、御連絡先となるメールアドレス、電話番号、交流会参加の有無)を記載の上、お申込みください。なお、お電話でのお申込みは御遠慮ください。

車椅子の方、盲導犬、聴導犬又は介助犬をお連れの方、手話通訳等を御希望される方は、その旨をお書き添えください。また、介助の方がいらっしゃる場合は、その方のお名前も併せてお書きください。

〈お申込先〉
 豚ゲノムシンポジウム事務局
 メールアドレス:pig-sympo@ml.affrc.go.jp

(2)申込締切

平成28年9月16日(金曜日)

参加希望者が定員になり次第、申込みを締め切らせていただきますので、あらかじめ御了承ください。なお、参加の可否につきましては、お申込みいただいた連絡先に事務局より御連絡いたします。

7.報道関係者の皆様へ

報道関係で取材を希望される方は、参加者とは別に席を御用意しておりますので、お申込みいただく必要はありませんが、御用意した席が満席となった場合は、お立ちいただくことになりますので、その場合は御容赦ください。ただし、交流会の参加も希望される方は、事前に申込みをお願いいたします。
また、当日は受付で記者証等の身分証を御提示していただきますので、あらかじめ御承知おきください。

〈添付資料〉
 シンポジウム「ゲノム情報を活用した豚品種改良の最前線」ポスター

お問合せ先

(シンポジウムについて)
農林水産技術会議事務局
研究開発官(基礎・基盤、環境)室
担当者:千本、牧野
代表:03-3502-8111(内線5871)
ダイヤルイン:03-3502-0536
FAX番号:03-3502-4028

(参加申込みについて)
豚ゲノムシンポジウム事務局
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
担当者:上西
ダイヤルイン:029-838-6292

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader