このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

 

平成28年6月30日

農林水産省

平成28年度 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業の「第1回 緊急対応研究課題」の決定について

農林水産省は、農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業の「緊急対応研究課題」について、公募を行い、採択課題を決定しました。

1.概要

農林水産省は、年度途中に不測の事態が発生し、緊急に対応を要する研究課題が生じた場合、「農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業」のうち「緊急対応研究課題」として、研究対象を設定し、対応することとしております。

この度、下記の研究対象について、研究実施機関(研究グループ)を決定しました。

今回募集した「緊急対応研究課題」の研究対象

研究対象1:熊本地震に伴う熊本・大分県の本格的な営農再開に向けた大豆・園芸作物等の生育特性等の調査研究

研究対象2:クロバネキノコバエ科の一種の生態の解明及び防除手法の開発

研究対象3:植物工場によるジャガイモシロシストセンチュウ抵抗性品種の種ばれいしょ生産効率向上方法の開発

2.公募の結果

平成28年6月7日(火曜日)~平成28年6月22日(水曜日)において公募を行ったところ、以下のとおり応募があり、外部評価委員等による審査の結果を踏まえ、採択課題を決定し、農林水産省の委託事業として実施することとなりました。

研究対象の応募数及び採択数は以下のとおりです。

研究対象名

応募数

採択数

熊本地震に伴う熊本・大分県の本格的な営農再開に向けた大豆・園芸作物等の生育特性等の調査研究

1

1

クロバネキノコバエ科の一種の生態の解明及び防除手法の開発

1

1

植物工場によるジャガイモシロシストセンチュウ抵抗性品種の種ばれいしょ生産効率向上方法の開発

1

1

3.採択課題及び研究実施機関

採択された課題及び研究実施機関は別紙を御覧ください。

研究実施機関と農林水産省が委託契約を締結後、研究を実施することとなります。

(参考)

平成28年6月7日付けプレスリリース

「平成28年度 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業「緊急対応研究課題」の第1回公募について」

http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/160607.htm

お問合せ先

(事業全般について)
農林水産技術会議事務局研究推進課産学連携室産学連携振興班
担当者:伊藤、高橋、青山
代表:03-3502-8111(内線5898)
ダイヤルイン:03-6744-7044
FAX:03-3593-2209
(研究対象1について)
農林水産技術会議事務局研究統括官(生産技術)室
担当者:内田
代表:03-3502-8111(内線5840)
ダイヤルイン:03-3502-2549
FAX:03-3502-4028
(研究対象2について)
農林水産技術会議事務局研究開発官(基礎・基盤、環境)室
担当者:釘宮
代表:03-3502-8111(内線5870)
ダイヤルイン:03-6744-2216
FAX:03-3502-4028
(研究対象3について)
農林水産技術会議事務局研究統括官(生産技術)室
担当者:小松
代表:03-3502-8111(内線5844)
ダイヤルイン:03-6744-2214
FAX:03-3502-4028

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader