このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

地球温暖化対策研究戦略

1 背景

農林水産研究開発は、「食料自給力の強化」、「食の安全および消費者の信頼の確保」及び「地球温暖化を中心とする地球規模の環境問題」の農政の主要課題に重点を置いて研究を進めてきました。
このうちの「地球温暖化問題」に焦点を当てて、地球温暖化対策研究推進委員会を設置し、今後5年程度を視野に、地球温暖化対策研究を進める上で考慮すべき課題等について検討を行い、「地球温暖化対策研究戦略」として取りまとめました。

 2 骨子

「地球温暖化対策研究戦略」は、地球温暖化による陸域・海洋の生態系の変動が農林水産業に大きな影響を及ぼすことを認識し、以下の(1)~(3)の課題に取り組む必要があることを提示しました。

(1) 地球温暖化の進行を防止するための技術開発

  • 温室効果ガス循環モデルを充実し、土壌炭素貯留技術、バイオマス利用技術、省エネ技術等の排出削減技術開発を推進する。
  • IPCCの次期枠組み作りに向けた国際的議論の場へ科学的知見を提供する。

(2) 地球温暖化に適応するための技術開発

  • 共通のシナリオ、時間軸を用いた、より精度の高い影響予測を実施する。
  • 生産現場でのニーズや影響予測を踏まえて、短期的・中長期的な生産安定技術を計画的に開発する。

(3) 地球規模で進む温暖化問題の解決に向けた国際共同研究

  • 開発途上国における持続可能な農林水産業を実現する防止・適応技術を開発する。
  • 開発途上国における温暖化影響予測、世界食料需給モデルを開発する。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader