English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「食と農の研究メールマガジン」 > バックナンバー > 「食と農の研究メールマガジン」第222号(2016年6月15日号)


ここから本文です。

「食と農の研究メールマガジン」第222号(2016年6月15日号)

目次

 1)トピックス

  ◇平成28年度 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業「緊急対応研究課題」の第1回公募について

  ◇農研機構がつくばエキスポセンターで展示

  ◇札幌市羊丘小学校5年生稲作に関する学習のご案内

  ◇「北農研公開デー」のご案内

  ◇平成28年度遺伝子組換えカイコの飼育(※第一種使用等)に関する飼育実験計画書の公表及び説明会の開催

  ◇平成28年度遺伝子組換えカイコの飼育(※第一種使用等)に関する飼育実験計画書の公表及び説明会の開催

  ◇農業機械安全鑑定適合機5月分(平成28年度第1回目)を公表

  ◇飼料用米に適した水稲新品種「オオナリ」

  ◇極多収の水稲新品種「とよめき」

  ◇従来よりも柔らかく購入後も硬くなりにくいパン作りが可能に

 2)メッセージ

 3)東日本大震災に関するホームページの紹介

 4)イベント情報

 5)刊行物・データベース

 6)お楽しみ 

 1)トピックス

  ◇平成28年度 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業「緊急対応研究課題」の第1回公募について

   農林水産省は、年度途中に不測の事態が発生し、緊急に対応を要する研究課題が生じた場合、

  「農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業」のうち「緊急対応研究課題」として、研究対象を

  設定し、対応することとしております。

   この度は、下記記載の研究実施機関(研究グループ)を公募しています。

  ・研究対象1:熊本地震に伴う熊本・大分県の本格的な営農再開に向けた大豆・園芸作物等の生育特性等の調査研究

  ・研究対象2:クロバネキノコバエ科の一種の生態の解明及び防除手法の開発

  ・研究対象3:植物工場によるジャガイモシロシストセンチュウ抵抗性品種の種ばれいしょ生産効率向上方法の開発

   【農林水産技術会議事務局】
   http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/160607.htm

  ◇農研機構がつくばエキスポセンターで展示

   -農村工学研究部門が研究内容を紹介-

   6月1日から9月4日まで、つくばエキスポセンターの「サイエンスシティつくば再発見」コーナーにおいて、

  農研機構農村工学研究部門が特別展示を行います。

   農村工学に関わる研究成果のパネル展示、イベントを通じて楽しんでいただける催しを用意しています。

   【農研機構】
   http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/nire/063541.html

  ◇札幌市立羊丘小学校5年生稲作に関する学習のご案内

   札幌市立羊丘小学校5年生を対象に、稲作に関する学習を行います。

   本学習では、農業と食べ物についての理解を深めてもらうため、出前授業や水田の生き物を観察する

  自然観察会など(計4回)を提供します。

   1回目は、6月8日(水曜日)に羊丘小学校において稲に関する出前授業を行います。

   【農研機構】
   http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/harc/063571.html

  ◇「北農研公開デー」のご案内

   農研機構では、「北農研公開デー のぞいてみよう、農業研究」を6月25日(土曜日)に開催します。

   体験、試食、所内見学バスツアーなど、農業研究をより身近なものとしてご紹介します。

   【農研機構】
   http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/harc/063572.html

  ◇平成28年度遺伝子組換えカイコの飼育(※第一種使用等)に関する飼育実験計画書の公表及び説明会の開催

   -高染色性絹糸生産カイコを隔離飼育区画で飼育-

   平成28年度に行う遺伝子組換えカイコ(高染色性絹糸生産カイコ)の飼育について別紙のとおり

  飼育実験計画書を公表しました。

   平成28年6月27日(月曜日)に国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構において

  説明会を開催いたします。

   当日は、平成28年度の飼育実験計画の説明を行い、意見交換を行います。

   【農研機構】
   http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/nias/063567.html

  ◇平成28年度遺伝子組換えカイコの飼育(※ 第一種使用等)に関する飼育実験計画書の公表及び説明会の開催

   -青色蛍光タンパク質含有絹糸生産カイコ、橙色蛍光タンパク質含有絹糸生産カイコ、高染色性絹糸生産カイコ

   を隔離飼育区画で飼育-

   平成28年度に行う遺伝子組換えカイコ(青色蛍光タンパク質含有絹糸生産カイコ、橙色蛍光タンパ

  ク質含有絹糸生産カイコ、高染色性絹糸生産カイコ)の飼育について別紙のとおり飼育実験計画書

  を公表しました。

   平成28年6月30日(木曜日)に群馬県蚕糸技術センター(前橋市)において説明会を開催いたします。

   当日は、平成28年度の飼育実験計画の説明を行い、意見交換を行います。

   【農研機構】
   http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/nias/063568.html

  ◇農業機械安全鑑定適合機5月分(平成28年度第1回目)を公表

   -安全な農業機械の普及に向けて-

   農研機構農業技術革新工学研究センター(革新工学センター)では「農業機械安全鑑定要領」に

  基づいた「農業機械安全鑑定」を実施しています。平成28年5月の安全鑑定審議委員会で安全鑑定

  基準適合と判定された農業機械を公表しています。

   【農研機構】
   http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/iam/063594.html

  ◇飼料用米に適した水稲新品種「オオナリ」

   -関東以西向け中生で多収-

   中生で収量の高い飼料用米に適した水稲新品種「オオナリ」を育成しました。

   既存の水稲多収品種「タカナリ」の課題である脱粒性1)(子実が穂から自然に脱落しやすいこと)

  を改良したもので、収穫期の収量損失が少なく、1t/10aに近い収量性を持つ多収品種です。

   【農研機構】
   http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/nics-neo/063591.html

  ◇極多収の水稲新品種「とよめき」

   -極多収で業務・加工用の早生品種-

   800kg/10a以上の極めて多収で、業務・加工用に適した水稲新品種「とよめき」を育成しました。

   東北南部以西において、冷凍米飯等の加工用米としての利用が期待されます。

   【農研機構】
   http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/nics-neo/063592.html

  ◇従来よりも柔らかく購入後も硬くなりにくいパン作りが可能に

   通常の小麦から作られたパンよりも柔らかく、かつ、3日経っても硬くなりにくいパンを、シンプルな

  資材のみを使用して作れる小麦のでんぷんの特性を解明しました。

   【農研機構】
   http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/tarc/063204.html 

 2)メッセージ

 ◇平成27年度「民間部門農林水産研究開発功績者表彰」受賞者からのメッセージ

   厳冬期でも凍結しない環境配慮型車両消毒装置の開発

                              株式会社アクト 内海 洋、山田 幸雄、関村 徹

                              元帯広畜産大学(現帯広信用金庫) 田中 一郎

  伝搬能力の高い家畜伝染病は厳冬期でも発生しますが、寒冷地では凍結の問題があり厳冬期に

 おける効果的な車両の消毒方法がありませんでした。

  このため、これまで蓄積してきた技術と産学官連携ネットワークを活用して、現場ニーズに対応し、

 厳冬期でも車両を瞬時に隅々まで消毒することができ、かつ、環境にも配慮した消毒装置を開発する

 ことができました。

  【農林水産技術会議事務局】
  http://www.s.affrc.go.jp/docs/mg/message.htm

 3)東日本大震災に関するホームページの紹介

 ●東日本大震災に関する情報のページ
  http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

 4)イベント情報 (地方別、開催日順)

 ■青少年・消費者向けイベント■

 ◆北海道地方◆

 ○6月25日(土曜日) 9時30分~15時30分(最終受付15時00分)

  北農研公開デー「のぞいてみよう、農業研究」

  各種体験、試食、所内見学バスツアーなど多彩な催しにより、農業研究をより身近なものとしてご紹介します。

  場所:農研機構北海道農業研究センター (札幌市豊平区羊ヶ丘1番地)

  参加費無料

  定員:体験によっては定員制となりますので、整理券を配付します。

  【農研機構】
  https://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/harc/063572.html

 ◆東北地方◆

 ○7月2日(土曜日) 9時30分~10時30分

  第8回東北農研市民講座 「私たちの回りの気象と気候」

   「気候変動」「地球温暖化」を耳にすることが増えました。気象庁によると、日本の気温は気象観測が始まった

  20世紀初頭から現在までの約100年間で、およそ1℃上昇しています。

   でも、100年で1℃くらいって大きいのでしょうか。普段わたしたちが接している日々の気象と気候について、

  東北農研で発信している栽培支援の情報なども交えながら紹介します。

  場所:農研機構東北農業研究センター (盛岡市下厨川字赤平4)

  参加費無料

  定員50名(事前申込みが必要です)

  【農研機構】
  http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2016/06/063626.html

 ◆関東地方◆

 ○6月1日(水曜日)~9月4日(日曜日) 9時50分~17時00分(入館は16時30分まで)

  未来の農村を創(つく)る研究

   農研機構農村工学研究部門では、農業生産の場であり、多くの人が暮らしている農村について研究

  をしています。

   お米や野菜はどのようなところで作られているか、つくばの研究所や住宅地の間から見える田んぼや

  畑とはどんなものなのか、一緒に再発見しましょう。

   つくばエキスポセンター・サイエンスシティつくば再発見のコーナーにてポスター展示、実験・体験等を

  行います。

  場所:つくばエキスポセンター (茨城県つくば市)

  【つくばエキスポセンター】
  http://www.expocenter.or.jp/?page_id=22742

 ○7月9日(土曜日) 9時30分~10時30分

  農研機構市民講座 「光るシルクと新産業創出」

   本講座では、従来の養蚕業とは異なる「新たなカイコ産業(新蚕業)」として位置付け、さらなる発展を

  目指して研究開発を進めていますので、その取り組みをご紹介します。

  場所:食と農の科学館 (つくば市観音台3-1-1)

  参加費無料

  定員約50名(事前申込み不要)

  【農研機構】
  http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2016/05/063267.html

 ■セミナー・シンポジウム・研究会等■

 ◆関東地方◆

 ○7月20日(水曜日)~7月22日(金曜日)

  第200回農林交流センターワークショップ「食品自主衛生管理のための細菌検査入門」

   本ワークショップでは、これまで微生物の取り扱い経験がほとんどない公的試験研究機関の職員を

  対象として、食品衛生検査や一般衛生管理手法等の概要について解説を行うとともに、自主衛生検査

  に用いられる基本的な細菌検査手法に関する実習を行います。

  場所:農研機構食品研究部門 実験室および講堂 (つくば市観音台2-1-12)

  対象者:微生物の取り扱い経験の少ない、食品の自主衛生管理(の指導)に携わる(予定の)

       公的試験研究機関の職員

  参加費:無料

  定員:8名

  事前申込締切:6月17日(金曜日)

  【筑波産学連携支援センター】
  http://sto.affrc.go.jp/event/workshop/200ws

 ○平成28年7月14日(木曜日)

  セミナー「生態系サービス評価に関する国内外の動向と展望」

   生態系サービスの価値の貨幣評価が欧米諸国を中心に積極的に行われている中、日本を含めた世界

  の生態系サービスの評価に関する動向、土地利用と絡めた生態系サービス評価の具体的な方法、そして

  評価結果の将来的な活用方法などについて講演いただきます。

  場所:農林水産政策研究所 セミナー室 (東京都千代田区霞が関3-1-1)

  参加費:無料

  定員:100名

  事前申込締切:7月12日(火曜日)

  【農林水産政策研究所】
  http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2016/20160714.html

 5)刊行物・データベース

 ○農林水産政策研究所レビュー No.71

  ・大学生による農山村・農林業体験活動の動向と体験前後の変化

  ・木質エネルギー利用による森林管理や地域経済への影響評価

  ・欧州の酪農協と乳業の概況 ほか

  【農林水産政策研究所】
  http://www.maff.go.jp/primaff/koho/seika/review/review71.html

 ○農研機構パンフレット(要覧) 【英文】

  農研機構パンフレットの英語版

  【農研機構】
  http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/pub2016_or_later/pamphlet/main-pamph/063522.html

 6)お楽しみ

  ○壁紙カレンダー

  2016年6月~7月

  夏の岩魚(イワナ)

  【水産研究・教育機構】
  http://www.fra.affrc.go.jp/fun/index.html 


 

 【ご案内】

 ▽メールマガジンの配信変更・解除は以下からお手続できます
   http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/

 ▽メールマガジンへのご意見・ご要望をお寄せください
   https://www.contact.maff.go.jp/affrc/form/e857.htm

 ▽メールマガジンバックナンバー
   http://www.s.affrc.go.jp/docs/mg/mg_backnum.htm

 ▽農林水産技術会議事務局刊行物バックナンバー
   http://www.s.affrc.go.jp/docs/kankoubutu.htm

 ▽農林水産分野の研究機関へのリンク
   http://www.s.affrc.go.jp/docs/links.htm


 【編集発行】

 〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1

 農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究調整課

 TEL:03-3502-7407 

 

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究調整課
担当者:広報班
代表:03-3502-8111(内線5847)
ダイヤルイン:03-3502-7407
FAX:03-5511-8622

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図