English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「食と農の研究メールマガジン」 > バックナンバー > 「食と農の研究メールマガジン」第220号(2016年5月15日号)


ここから本文です。

「食と農の研究メールマガジン」第220号(2016年5月15日号)

目次

 

 1)トピックス

  ◇花咲かクマさん:ツキノワグマは野生のサクラのタネを高い標高へ運んでいた

  ◇木材成分を原料とした全く新しい高性能なセシウム沈殿剤を発見

 2)メッセージ

 3)東日本大震災に関するホームページの紹介

 4)イベント情報

 5)刊行物・データベース

 6)お楽しみ

 

 1)トピックス

 

  ◇花咲かクマさん:ツキノワグマは野生のサクラのタネを高い標高へ運んでいた

  ・種子の高標高・低標高への移動を測定する方法を開発しました。

  ・クマは野生のサクラの種子を平均307m、最大738m、標高の高い場所へ運んでいました。

  ・結果としてクマは、野生のサクラを温暖化による生息地の縮小から守るのに役立っています。

  【森林総合研究所】

  http://www.ffpri.affrc.go.jp/press/2016/20160427-01/index.html

 

  ◇木材成分を原料とした全く新しい高性能なセシウム沈殿剤を発見

   木材成分を原料とするPDC(2-ピロン-4,6-ジカルボン酸)がセシウムと錯体を形成して沈殿を生じる

  新しいセシウム沈殿剤となることを発見しました。

  【森林総合研究所】

  http://www.ffpri.affrc.go.jp/press/2016/20160427-02/index.html

 

 2)メッセージ

 

 ◇平成27年度「民間部門農林水産研究開発功績者表彰」農林水産技術会議会長賞受賞者からのメッセージ

 

  グロリオサの新品種育成と地域ブランドの開発

 

   新規品目である「グロリオサ」を選抜育種し、研究機関・大学と連携して栽培技術を確立することで、

  市場シェア66%の地位を築き上げることができました。さらには、グロリオサが高知市三里地区の基幹

  品目となり、地域産業の活性化にも寄与したことが高く評価されました。

 

  高知県 農業自営 中島 義幸

 

  【農林水産技術会議事務局】

  http://www.s.affrc.go.jp/docs/mg/message.htm

 

 3)東日本大震災に関するホームページの紹介

 

 ●東日本大震災に関する情報

  http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

 

 4)イベント情報 (地方別、開催日順)

 

 ■青少年・消費者向けイベント■

 

 ◆東北地方◆

 

 ○6月4日(土曜日) 9時30分~10時30分

  第7回東北農研市民講座 「畜産における動物福祉」

   今回の講座では、動物福祉の考え方を解説するとともに、動物の「幸せ」に対する科学的アプローチについて

  紹介します。

  場所:農研機構東北農業研究センター 北辰興農閣研修室

      (盛岡市下厨川字赤平4)

  参加費無料

  定員:50名

  申込締切:6月2日(木曜日)

  【農研機構】

  http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2016/04/062864.html

 

 ◆関東地方◆

 

 ○5月20日(金曜日) 13時15分~15時00分

  森林講座「温暖化でブナ林はどのように変わるのか」

   日本の主要な天然林であるブナ林の話題を中心に、気候変化の影響や森林モニタリングの事例などについて

  ご紹介します。

  場所:多摩森林科学園・森の科学館(東京都八王子市)

  参加費無料(ただし、入園料が必要です)

  定員:40名(先着順)

  申込締切:5月13日(金曜日)

  【森林総合研究所】

  http://www.ffpri.affrc.go.jp/tmk/event/kouza2016.html

 

 ○6月11日(土曜日) 9時30分~10時30分

  農研機構市民講座「省力的で多収をめざす水稲乾田直播栽培」

  今回の講座では、関東地域で取り組まれている最新の乾田直播の取り組みをご紹介します。

  場所:食と農の科学館(つくば市観音台3-1-1)

  参加費無料

  定員:約70名(事前申込み不要)

  【農研機構】

  http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2016/04/062517.html

 

 ■セミナー・シンポジウム・研究会等■

 

 ◆関東地方◆

 

 ○5月26日(木曜日) 14時00分~16時00分

  研究成果報告会「EUの新共通農業政策(CAP)改革の概要と実施状況」

   CAPの歴史的経緯を踏まえながら、新CAP改革(2014-2020年)の概要について、直接支払いを中心に

  整理するとともに、主要な農業生産国であるフランス、主要な農産物輸出国であるデンマーク、条件不利

  地域国であるフィンランドにおける新CAP改革の実施状況を現地調査に基づいて説明します。

  場所:農林水産政策研究所セミナー室(東京都千代田区)

  参加費無料

  定員:100名

  事前申込締切:5月24日(火曜日)

  【農林水産政策研究所】

  http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2016/20160526.html

 

 ○5月31日(火曜日) 14時00分~16時00分

  研究成果報告会「国内外の農産物等における知的財産を保護する制度や科学技術に関する比較分析」(仮題)

   我が国の農産物等における知的財産の海外流出の実態、米国や欧州における知的財産を保護・活用する

  制度的な枠組み・我が国との比較分析の結果等について報告します。

   また、農林水産省食料産業局知的財産課より、最近の知的財産をめぐる施策等について紹介します。

  場所:農林水産政策研究所セミナー室(東京都千代田区)

  参加費無料

  定員:100名

  事前申込締切:5月27日(金曜日)

  【農林水産政策研究所】

  http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2016/20160531.html

 

 ○7月7日(木曜日)~7月8日(金曜日)

  第199回農林交流センターワークショップ

  「植物科学・作物育種におけるフェノーム解析~はじめて画像解析を行う研究者のための入門実習~」

   本ワークショップでは、植物を対象とした顕微鏡から圃場までの様々なレベルのフェノーム研究を講義により

  紹介するとともにパソコンで操作できるフリーソフトを使った画像解析について、初心者を対象とした実習を行い、

  フェノーム解析の一端を体験していただきます。

  場所:農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

      情報通信共同利用館(電農館) 3階 セミナー室

      (つくば市観音台2-1-9)

  参加費:無料

  定員:20名

  事前申込締切:6月3日(金曜日)

  【筑波産学連携支援センター】

  http://sto.affrc.go.jp/event/workshop/199ws

 

 ▽農林水産省及び農林水産試験研究機関のイベント情報一覧

   http://sto.affrc.go.jp/event/calender

 

 5)刊行物・データベース

 

 ○農業経営通信 No.266

  ・搾乳牛放牧の有無別にみた北海道酪農経営の特徴

    -「牛乳生産費統計調査」の組み替え集計を利用して- ほか

  【農研機構】

  http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/laboratory/narc/keieit/062814.html

 

 ○総合農業研究叢書 第70号

  ・農業体験学習の実証分析

    -教育的効果の向上と農村活性化をめざして-

  【農研機構】

  http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/laboratory/narc/sosyo/062819.html

  

 6)お楽しみ

 

 ○壁紙カレンダー

  2016年5月~6月

  亜熱帯海草藻場に群れるミヤコイシモチ

  【水産研究・教育機構】

  http://www.fra.affrc.go.jp/fun/kabegami_index.html

 


 

 【ご案内】

 

 ▽メールマガジンの配信変更・解除は以下からお手続できます

 http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/ 

 

 ▽メールマガジンへのご意見・ご要望をお寄せください

 https://www.contact.maff.go.jp/affrc/form/e857.htm

 

 ▽メールマガジンバックナンバー

 http://www.s.affrc.go.jp/docs/mg/mg_backnum.htm

 

 ▽農林水産技術会議事務局刊行物バックナンバー

 http://www.s.affrc.go.jp/docs/kankoubutu.htm

 

 ▽農林水産分野の研究機関へのリンク

 http://www.s.affrc.go.jp/docs/links.htm

 

 【編集発行】

 〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1

 農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究調整課

 TEL:03-3502-7407

 

 

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究調整課
代表:03-3502-8111(内線5847)
ダイヤルイン:03-3502-7407
FAX:03-5511-8622

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図