English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「食と農の研究メールマガジン」 > バックナンバー > 「食と農の研究メールマガジン」第178号(2014年8月15日号)


ここから本文です。

「食と農の研究メールマガジン」第178号(2014年8月15日号)

目次

1)トピックス

2) 農林水産技術会議事務局の動き

3) 東日本大震災に関するホームページの紹介

4)イベント情報

5)刊行物

6) お知らせ

7) お楽しみ

     

1)トピックス 

農林水産省では、研究成果の農業現場等への迅速な普及・実用化を促進するため、地域マッチングフォーラムを全国8ブロックで開催しています。
このたび九州沖縄地域において以下のとおり開催しますので、生産者、普及指導員の皆様をはじめ、多数のご参加をお待ちしております。

・九州沖縄地域マッチングフォーラム
日時:9月3日(水曜日)10時~16時
場所:九州大学医学部百年講堂大ホール(福岡県福岡市)
テーマ:「新品種・新技術で勝ち抜く攻めの農業」
講演内容
1) 魅力あるとんこつラーメンを目指して、福岡の小麦「ラー麦」
2) 高品質麦の安定生産のため、麦畑のやっかいな雑草「スズメノテッポウ」を上手に抑えよう
3) イチゴのより早い出荷、増収と省エネを両立、クラウン温度制御技術の低コスト化
4) 新鮮な福岡の青果物をより遠くへ  ~鮮度保持輸送技術開発とその利用~
※総合討論、技術相談あり
参加費無料
事前申込締切:8月18日(月曜日)
[農研機構 九州沖縄農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2014/07/053332.html

                                 

2) 農林水産技術会議事務局の動き 

「アグリビジネス創出フェア2014」は、全国の産学の機関が有する、農林水産・食品分野などの最新の研究成果を展示やプレゼンテーションなどで分かりやすく紹介し、研究機関間や研究機関と事業者との連携を促す場として開催する「技術・交流展示会」です。
8月25日(月曜日)までの間、出展者等を募集します。
開催期間:11月12日(水曜日)10時~11月14日(金曜日)17時
場所:東京国際展示場(東京ビッグサイト)(東京都 江東区)
出展料:原則無料(電気使用料等実費負担はあります)

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/140730.htm

 

農業その他関連産業に関する研究開発の一層の発展及び農業技術者の意欲向上に資するため、公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会との共催により、農業技術の研究や普及指導などに顕著な功績があった者の表彰を実施しております。
皆様からの多数のご応募をお待ちしております。
応募期限:平成26年9月1日(月曜日)

[農林水産技術会議事務局]

http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/140630.htm

3)東日本大震災に関するホームページの紹介 

東日本大震災の被災対策として、当面の農作業に関し、農家に対する技術指導を行う際の参考となる事項や、復旧・復興のため自治体等が実施する取組に資する技術情報について紹介しています。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/nogyo_gizyutu.htm

 

農林水産省では、この度の東日本大震災の発生に伴い、積極的な情報提供をおこなっていくため、各種ホームページを開設しておりますので、ご利用ください。
(全て農林水産省へのリンク)

[東日本大震災に関する情報のページ]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

[東日本大震災の被害に関する相談窓口について]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/madoguti.html

[農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果(随時更新)]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

 

4)イベント情報 

 青少年・消費者向けイベント   

2014つくばちびっ子博士

つくばちびっ子博士とは、特製のパスポートを持って、つくば市内の各研究機関等で行う展示やイベント等を見学・体験するスタンプラリーです。
各研究機関で見学・体験したあと、特製パスポートに専用スタンプを押してください。
見学期間終了後、事務局にパスポートを提出すると『つくばちびっ子博士』に認定されます。
・農研機構 果樹研究所 8月20日(水曜日)、8月27日(水曜日)
・食と農の科学館
・森林総合研究所 もりの展示ルーム

[つくば市]
http://www.tsukuba.ed.jp/~298kids/modules/hakase/index.php/content0057.html

 

第9回「食と農のサイエンスカフェ in ふくやま」

今回のサイエンスカフェでは、「微生物のお話-野菜の敵と、食卓の味方-」をテーマに開催します。うどんこ病、葉かび病、べと病といった野菜の地上部に病気を引き起こすカビ、萎凋病や立枯病といった野菜の地下部に病気を引き起こすカビ、また、酒麹や醤油麹、酵母菌といった食品加工用の有用なカビの話について話題提供しますので、ぜひお越しください。
場所:農研機構 近畿中国四国農業研究センター(広島県福山市)
参加費無料
定員:20名・一般市民(小学生以下は保護者同伴)
事前申込締切:8月20日(水曜日)

[農研機構 近畿中国四国農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2014/07/053579.html

 

東北農業研究センター大仙研究拠点 一般公開  「東北の水稲・大豆研究の最前線」

東北農業研究センター大仙研究拠点の様々な研究成果等を紹介いたします。
ご家族やお友達、ご近所さんをお誘いのうえ、ぜひご来場ください。
場所:農研機構 東北農業研究センター大仙研究拠点(秋田県大仙市)
参加費無料
事前申込不要

[農研機構 東北農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2014/08/053678.html

 

東北農業研究センター公開デー  「来て!見て!体感!東北農研」

東北農業研究センター及び農研機構の研究成果やその利用状況などを紹介するため、1日だけの公開デーを開催します。
秋の行楽にピクニック感覚で農業研究の現場に触れてみませんか。様々な展示や試食、体験コーナーなどを用意し、多数の方のご来場お待ちしております!
場所:農研機構 東北農業研究センター(岩手県盛岡市)
参加費無料
事前申込不要

[農研機構 東北農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2014/08/053677.html

 

中央農研市民講座「人工衛星の農業への利用」

人工衛星からの信号を利用して車の位置を把握し、目的地まで迷わずに案内してくれるカーナビゲーションが我が国では多くの自動車に搭載されており、広く使われています。
地球上での正確な位置を計測するための人工衛星は各国で打ち上げられており、今後、それらの衛星からの信号を利用する技術がさらに広まっていくと考えられています。
農業分野でも北海道を中心に、衛星からの信号を利用してトラクタ等の位置を計測して作業経路を示したり、ハンドルを自動で操作したりする技術が導入されています。この講演では、農業分野で人工衛星を使った技術がどのように使われているのか、どのような研究が行われているのかを解説します。
場所:食と農の科学館(茨城県つくば市)
参加費無料
定員:約70名
事前申込不要

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2014/07/053587.html

 

第14回TTCバイオカフェ  ネムリユスリカの不思議なチカラ  ~驚異の生物を調べて、活かして、守れ!~

ネムリユスリカ、という昆虫を知っていますか?幼虫時代に乾燥してしまっても、水に入れると生き返る、とても不思議なチカラを持つ昆虫で、今年は若田宇宙飛行士と一緒に宇宙にも行きました。このネムリユスリカの不思議なチカラを詳しく調べて、そのしくみを解明するだけでなく、医療分野への応用も目標に研究が進んでいます。また、ネムリユスリカの故郷・アフリカでは、人間の経済活動によって彼らの生息場所が失われつつあるため、現地での保護活動も始まっています。
今回のTTCバイオカフェでは、農業生物資源研究所 昆虫機能研究開発ユニット上級研究員の奥田隆先生をお招きして、お話を伺います。乾燥幼虫の水戻し実験も行います。本当に生き返るのか、みなさんの目で確認してみませんか?
予約不要です、どうぞ気軽にご参加ください。
場所:専門学校 東京テクニカルカレッジ(東京都中野区)
参加費無料(コーヒーとお菓子のサービス付き)

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/sc/cafe/

 

ひらめき☆ときめきサイエンス「植物の光合成明反応(電子伝達)を測ってみよう」 

食料生産のおおもとは植物の光合成。それは農業のカギとなる重要な現象です。学校では「光合成の明反応」とか「光化学系IIやIの電子伝達」を学習したと思います。こうした現象が活発に起きているかどうかは、クロロフィル(葉緑素)が放つ光の変化を観察することで、実際に測定することができます。つまり、こうした測定により植物が受けているストレスを診断できます。さあ、いろいろな環境で光合成を測定してみましょう。
場所:農研機構東北農業研究センター(岩手県盛岡市)
参加費無料
募集対象:高校生、20名(先着順)
事前申込締切:9月4日(木曜日)

[農研機構 東北農業研究センター ]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2014/07/053426.html

 

野菜茶業研究所 金谷茶業研究拠点 一般公開

野菜茶業研究所 金谷茶業研究拠点 一般公開では、当拠点がどのような役割を担い、どのような研究と活動を行っているかについてわかりやすく紹介します。
野菜茶業研究所 金谷茶業研究拠点は、皆様のご来場をお待ちしています。
場所:野菜茶業研究所 金谷茶業研究拠点(静岡県島田市)
参加費無料
事前申込不要

[農研機構 野菜茶業研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2014/06/052832.html

 

 セミナー・シンポジウム・研究会等 

 「小型ロボットによる畦畔除草等自動化技術の開発」成果発表セミナー
 「除草ロボットで草刈りを楽に、安全に」

畦畔法面の草刈り作業の省力・軽労化、および作業の安全性の向上を図るために開発した除草ロボットの成果の普及促進を図るために、開発の経緯、実証試験概要の説明、および開発機による草刈り作業の実演を行うセミナーを開催します。
場所:島根県中山間地域研究センター(島根県飯石郡飯南町)
参加費無料
事前申込締切:8月15日(金曜日)
その他:JR広島駅と開催場所の間は、借り上げバス(無料)を運行(先着順40名)
    JR広島駅新幹線口から午前11時30分に発車

[農研機構 近畿中国四国農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2014/07/053356.html

 

「大潟村重粘土排水不良田における地下水位制御システムを活用した水稲乾田直播・大豆輪作体系」検討会

社会的要請等対応研究費により秋田県大潟村において地下水位制御システム(FOEAS)を設置し、「大潟村重粘土排水不良田における地下水位制御システムを活用した水稲乾田直播・大豆輪作体系」試験を実施しています。試験開始より3年を経過したことから、これまでに得られた試験研究成果の報告とともに、現地実証圃場を見学しながら、今後の本システムの普及に必要な課題について検討することを目的として、下記の通り検討会を開催します。
場所:FOEAS現地実証圃場(秋田県南秋田郡大潟村)
   ホテルサンルーラル大潟(秋田県南秋田郡大潟村)
参加費無料
事前申込締切:8月20日(水曜日)

[農研機構 東北農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2014/08/053768.html

 

海外養蜂事情研究会

米国農務省研究局(USDA-ARS)のペティス博士から、米国の養蜂、特にミツバチ減少問題の最新の試験・研究結果、また、米国以外の諸国のミツバチ不足の状況についても紹介いただきます。あわせて、農研機構畜産草地研究所から、日本の養蜂の現状や課題について紹介を行います。日米双方の実情を比較することで、両国の養蜂の課題に向けた取り組みについて理解が進むことにより、それぞれの養蜂を取り巻く様々な問題の解決の糸口を見つける契機とします。
場所:南青山会館(東京都港区)
参加費無料
事前申込締切:8月15日(金曜日)(先着順)

[農研機構 畜産草地研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2014/07/052974.html

 

NIASオープンカレッジ(15回講義)

9月4日から開催するオープンカレッジの受講生を募集します。
「バイオテクノロジーで拓く食料、医療などへの農業生物資源の利用と未来」をテーマに15回の講義で最新の研究をわかりやすく紹介します。
場所:主婦会館プラザエフ(東京都千代田区)
参加費無料
定員:教室45名、配信45名(先着順)
事前申込締切:8月25日(月曜日)

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/sc/opencollege/

 

第185回農林交流センターワークショップ  「農産物・食品の総抗酸化能測定法(ORAC法)」

本ワークショップでは、ORAC法について講義するとともに、 標準化された親水性ORAC(H-ORAC)測定法と食品からの抽出法の実習、および親油性ORAC(L-ORAC)測定法のデモンストレーションを予定しています。
場所:農林水産技術会議事務局筑波事務所(茨城県つくば市)
参加費無料
定員:24名 
事前申込締切:8月18日(月曜日)

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
http://sto.affrc.go.jp/event/workshop/185ws

 

平成26年度 チャの直掛け栽培用被覆資材の被覆・除去装置に関する現地検討会 "乗用型摘採機を使って被覆作業を楽に"

この現地検討会では、平成24年度から26年度まで、農業機械等緊急開発事業(緊プロ事業)で開発したチャの直掛け栽培用被覆資材の被覆・除去装置につきまして、行政・普及及び研究担当者より茶の直掛け栽培を巡る情勢や研究成果の概要を発表いたしますとともに、上記開発研究に参画した開発担当者より実際の作業状況の実演を行います。
場所:検討会:お茶の郷(静岡県島田市)
     実演会:静岡県農林技術研究所 茶業研究センター(静岡県菊川市)
参加費無料
事前申込締切:9月22日(月曜日)

[農研機構 生物系特定産業技術研究支援センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2014/08/053790.html

 

第186回農林交流センターワークショップ  「植物科学・作物育種におけるフェノーム解析」

本ワークショップでは、植物を対象とした顕微鏡から圃場までの様々なレベルのフェノーム研究を講義により紹介するとともに、パソコンで操作できるフリーソフトを使った画像解析について、初心者を対象とした実習を行い、フェノーム解析の一端を体験していただきます。 
場所:農林水産技術会議事務局筑波事務所(茨城県つくば市)
参加費無料
定員:20名 
事前申込締切:8月29日(金曜日)

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
http://sto.affrc.go.jp/event/workshop/186ws

 

農研機構シンポジウム「One Healthから見た動物インフルエンザ」

場所:イイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区)
参加費無料
事前申込締切:9月24日(水曜日)

[農研機構 動物衛生研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2014/07/053273.html

 

第187回農林交流センターワークショップ 「畑土壌可給態窒素・リン酸の簡易分析法の概要と実習」

本ワークショップでは、可給態窒素分析法(80℃16時間水抽出と市販の簡易測定キットの組合せにより2日間で評価)と可給態リン酸(水で抽出し、簡易測定キットと簡易吸光度計の組合せにより評価)の簡易分析・評価法およびその応用例を講義と実習によりご紹介し、習得していただきます。
場所:農林水産技術会議事務局筑波事務所(茨城県つくば市)
参加費無料
定員:20名 
事前申込締切:9月11日(木曜日)  

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
http://sto.affrc.go.jp/event/workshop/187ws

 

 

5) 刊行物 

・青い花が続々と誕生!
・田植えに役立つ山の雪
・絶滅 の鳥が生きる島と、外来生物の問題
・アナゴの故郷を発見!
・ユウガオ花粉で「種なしスイカ」作り
・農作物をカラスから守ろう
・活躍が期待される新型キャベツ収穫機
・いろいろなイチゴの誕生
・植物工場
・天敵で害虫を減らす
・畑の敵! 外国から来たアサガオ類の雑草

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/agiri_food/top.htm

 

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
(PDF:480KB)
http://sto.affrc.go.jp/files/ric/news/news_94.pdf

 

巻頭言
・農研機構の組織力と研究者の立ち位置
成果紹介
・地域農業の将来動向から担い手に期待される経営規模
・直売所・生産者・消費者にメリットをもたらす直売所の新ビジネス
・水田作経営における耕うん同時畝立て播種作業機の大麦-大豆作汎用利用技術導入の評価 -新潟県J地域での現地実証試験を基に-
・大規模稲作経営における米直接販売のビジネスモデル
技術情報
・稲発酵粗飼料の広域流通に求められる機能と技術
ほか
[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/laboratory/narc/053622.html

 

研究情報1
・水田雑草オモダカの除草剤抵抗性
研究情報2
・地表面の雑草種子を死滅させる自走式蒸気処理防除機の開発
ほか

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/laboratory/narc/053631.html

 

巻頭言
◇北信越の水田農業の将来像の構築 新たな実証試験の開始
研究情報
◇高温・最低気温の平均値を利用した北陸地方における湛水直播栽培の播種早限日の推定
◇高温登熟に強いイネを選抜するには-圃場での高温処理法の開発- 

[農研機構 中央農業総合研究センター 北陸研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/laboratory/narc/053728.html

 

巻頭
・地域農業研究センターの役割を明らかに
研究情報
・ネギの苗をリン酸液肥に浸して植えると収量が増える
・水稲幼苗の低気温障害は葉の硝酸・亜硝酸蓄積の後に起こる
・茎葉も含めて収穫した大豆は牛が喜ぶエサになる
・涼しい東北地域は夏のオリエンタル系ユリ生産の適地
・同じイネ品種に生じたいもち病菌の遺伝的な違いをSSRマーカーで識別できる
・北日本の夏の気温変動を予測-近年4月が低温だと8月が高温になる-
ほか
[農研機構 東北農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/laboratory/tarc/news/053704.html

 

[農業生物資源研究所]
(PDF:2.76MB)
http://www.nias.affrc.go.jp/gmo/biotech/minna201402.pdf

 

[農業生物資源研究所]
(PDF:2.29MB)
http://www.nias.affrc.go.jp/gmo/biotech/agribio.pdf

 

[農業生物資源研究所]
(PDF:2.2MB)
http://www.nias.affrc.go.jp/gmo/kaiko/kaikobio.pdf

 

巻頭言
・農耕と文化
研究トピックス
・特定外来生物カワヒバリガイは2018年までに霞ヶ浦の湖岸全域に広がる
・畑に遺る小さな老木、境木に見る地域の生物文化
・河川付着藻類を用いた農薬の毒性試験マニュアルを作成  ~実際の生態系により近い形で除草剤の影響を評価する~
ほか

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/publish/niaesnews/103/103.html

 

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/magazine/172/

 

6) お知らせ 

中央農業総合研究センターの米品質研究では、
・気象変動、特に高温下での稲の生育や登熟障害の生理メカニズムの解明と対策技術の開発
・脂質、細胞壁成分、たんぱく質などの集積の分子メカニズムの解明と利用法の開発
に関する研究を行っています。
本ホームページでは、最近の成果を紹介します。

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/org/narc/ricequalitylab/

 

7) お楽しみ 


 

  【ご案内】

 

【編集発行】
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省 農林水産技術会議事務局 総務課
TEL:03-3502-7407

 

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局総務課
代表:03-3502-8111(内線5847)
ダイヤルイン:03-3502-7407
FAX:03-5511-8622

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図