English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「食と農の研究メールマガジン」 > バックナンバー > 「食と農の研究メールマガジン」第148号(2013年5月15日号)


ここから本文です。

「食と農の研究メールマガジン」第148号(2013年5月15日号)

目次

1)トピックス

2)メッセージ

3)新しい技術や研究成果の紹介

4)東日本大震災に関するホームページの紹介

5)イベント情報

6)刊行物

7)その他のお知らせ

8)編集後記

おまけ

 

1)トピックス 

農林水産業及び関連産業に関する研究開発の一層の発展及びそれに従事している若手研究者の研究意欲の向上を目的とした表彰を実施しており、平成25年4月10日から候補者を募集しております。皆様からの多数のご応募・ご推薦をお待ちしています。
応募期限:平成25年6月10日(月曜日)

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/130410_1.htm

 

農林水産業その他関連産業に関する研究開発で民間が主体となり行っているものについて、その一層の発展、また従事する方の一層の意欲向上を目的に、公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会との共催により表彰を実施しており、平成25年4月10日から候補者を募集しております。皆様からの多数のご応募・ご推薦をお待ちしています。
応募期限:平成25年6月10日(月曜日)

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/130410_2.htm

      

2)メッセージ 

「野菜類の多様な病害の原因解明および防除に関する研究」

800点もの生育異常症状を診断し、世界的にも新規性の高いトマト株腐敗病をはじめとした50の新病害を発見するとともに、病害診断に利用しやすいようWEB上に公開しました。また、診断するだけでなく各種病害の防除対策を確立している点も高く評価されました。

地方独立行政法人北海道立総合研究機構 農業研究本部 道南農業試験場   三澤 知央

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/mg/mg130515/contents_01.htm

 

3)新しい技術や研究成果の紹介  

農業害虫の被害を防ぐため、もともと周辺に生息していた害虫の天敵となる生物(土着天敵)の機能を活用し、農薬を減らす研究が行われています。 私たちは、新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業「永年作物における農業に有用な生物の多様性を維持する栽培管理技術の開発(2009 年度~2011 年度)」において、果樹・茶の園地で土着天敵を保全し、活用するための管理技術を研究しました。 この資料は、研究成果を生産現場や農業技術指導などで活用していただくために、ポイントを絞って簡潔にまとめたものです。

4)東日本大震災に関するホームページの紹介 

東日本大震災の被災対策として、当面の農作業に関し、農家に対する技術指導を行う際の参考となる事項や、復旧・復興のため自治体等が実施する取組に資する技術情報について紹介しています。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/nogyo_gizyutu.htm

 

農林水産省では、この度の東日本大震災の発生に伴い、積極的な情報提供をおこなっていくため、各種ホームページを開設しておりますので、ご利用ください。
(全て農林水産省へのリンク)

[東日本大震災に関する情報のページ]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

[東日本大震災の被害に関する相談窓口について]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/madoguti.html

[農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果(随時更新)]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

 

5)イベント情報 

 青少年・消費者向けイベント

サイエンスシティつくば再発見
国によって設立された日本で唯一の花の研究機関「花き研究所」
場所:つくばエキスポセンター(茨城県つくば市)
入館料:おとな 400円、こども200円
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日休)及び月末最終火曜日

[つくばエキスポセンター]
http://www.expocenter.or.jp/?page_id=9179
 

東北農業研究センター菜の花公開2013
所内で栽培しているナタネ(菜の花)の満開、見頃時期に合わせて、菜の花畑(420アール)を一般公開します。
最近の主要研究成果、ナタネ品種、バイオマス研究等の紹介、ナタネ搾油実演等も行います。
場所:農研機構東北農業研究センター(岩手県盛岡市)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 東北農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2013/04/046472.html

 

サイエンスカフェ TTCバイオカフェ
「感染する?しない?植物とウイルスのミクロな駆け引き」
場所:専門学校 東京テクニカルカレッジ 6階カフェテリア (東京都中野区)
参加費無料、事前申込不要

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/science_comm/cafe/130524TTC.pdf
 

中央農研市民講座「温暖化が進むと野菜は作れなくなるのか」
「温暖化が進むと日本で作れなくなってしまう野菜はあるのでしょうか」というようなことを訊かれることがあります。野菜はそもそも種類が多いですし、その上、南北に長い日本の気候条件を活かして、様々な地域で、様々な時期に栽培されています。ですから、温暖化した方が好都合か不都合かも、地域・時期・野菜の種類によっても違うので、そんな簡単な話ではありません。
講演では、温暖化の影響を考えると言うことをきっかけに、野菜を作ると言うことが、お米や大豆、リンゴなどとどう違うのかについても、お伝えをします。冒頭の質問の答えもこの中で。
場所:食と農の科学館(つくばリサーチギャラリー) (茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2013/05/046525.html

 

 セミナー・シンポジウム・研究会等

国連 国際生物多様性の日 記念シンポジウム 「森の生きものと水とのつながり」
場所:早稲田大学小野記念講堂(東京都新宿区)
参加費: 無料
申込方法: メールにて事前登録
             tayousei2013@ffpri.affrc.go.jp

[森林総合研究所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/press/2013/20130424/index.html

 

遺伝子組換え作物の栽培に関する説明会
平成25年度に行う遺伝子組換えイネの隔離ほ場における栽培について栽培実験計画書の公表
場所:農業生物資源研究所構造生物学研究棟附属施設 (アネックス)2階共用第3会議室(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込必要:5月22日(水曜日)13時まで

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/press/20130502/

  

TICAD Vプレイベントワークショップ
「アフリカ農業研究の新たな展開」
場所:東京大学弥生講堂一条ホール
参加費:無料、当日受付(事前申込不要)
(独)国際農林水産業研究センター(JIRCAS)は、来る6月1~3日に横浜で開催される第5回アフリカ開発会議(TICAD V)にあわせ、国際農業研究機関と協力して、アフリカにおける最新の農業研究動向とJIRCASの活動を広く紹介するためのプレイベントワークショップを企画しました。多数の皆様のご参加をお願いいたします。

[JIRCAS]
http://www.jircas.affrc.go.jp/event/s20130531.html

 

第63回日本電気泳動学会シンポジウム
電気泳動と質量分析による微生物の分析
場所:日東紡ビル4階ホール(東京都中央区)
参加費無料、事前登録必要

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/sympo/jes20130621/

 

第172回農林交流センターワークショップ 「マイクロアレイワークショップ2013」
コーディネーター :独立行政法人 農業生物資源研究所 農業生物先端ゲノム研究センター
                                 ゲノムリソースユニット長 長村 吉晃 氏
参加申込期限 : 5月24日(金曜日)

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
http://sto.affrc.go.jp/event/workshop/172ws

 

研究会等を含む、より詳細なリストをご覧いただけます。
http://sto.affrc.go.jp/event/calender

 

6)刊行物 

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
(PDF:251KB)
http://sto.affrc.go.jp/files/ric/news/news_79.pdf

 

◇サイレージ用トウモロコシ一代雑種親自殖系統「Na71」の育成とその特性
◇シバ品種「朝駆」および「朝萌」の育成
◇サトウキビ野生種(Saccharum spontaneum L.) 系統”Glagah kloet”のカルスからの植物体再生(英文)
◇耕作放棄地放牧に用いた冬作飼料作物をリビングマルチとするダイズ栽培法 1.イタリアンライグラスを用いた方法
◇カリウムと窒素の同時制御による泌乳牛の尿量低減化
◇昼間帯および夜間帯のL-トリプトファン連続静脈内投与がホルスタイン種雄子牛のメラトニン分泌に及ぼす効果

◇夏作飼料作物における帰化雑草の発生実態調査報告書

[農研機構 畜産草地研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/pamphlet/tech-pamph/046607.html

 

◇イネで牛を育てる
[農研機構 畜産草地研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/org/nilgs/guidecomic/18/index.html

 

◇Web 版家畜疾病病理アトラスの作成
◇豚の唾液中インターロイキン-18 の非侵襲的ストレスマーカーとしての有用性

[農研機構 動物衛生研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/laboratory/niah/news/046558.html

 

◇国産草本系原料を用いた4 種類のバイオエタノール製造プロセス開発
◇多様なエタノール変換プロセスに対応可能な糖化酵素生産基盤技術の開発
◇バイオエタノール生産用ストレス耐性酵母の開発と特性評価
◇バイオエタノール生産に適した五炭糖発酵性酵母の開発
◇バイオエタノール生産に関するLCA 解析
◇エタノール製造コスト低減に向けて(連結バイオプロセスとヘミセル ロースの利用)
◇真に意義のあるバイオディーゼル燃料の製造・利用を目指して

[農研機構 食品総合研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/laboratory/nfri/outline/046449.html

 

◇Biochemical approaches to evaluate the biological activity of legume seeds and other foods
◇Study on Phytochemical of Extract from Thai Tropical Fruit and Its Byproduct
◇Study of effective components of some vegetables in Allium on life-style disease

[農研機構 食品総合研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/laboratory/nfri/report/046211.html

 

◇農業環境技術研究所一般公開 2013 が開かれた
◇農環研ウェブ高座「農業環境のための統計学」 第9回「統計モデルとは何か:既知から未知へ」
◇本の紹介:食の終焉
◇本の紹介:統計学が最強の学問である
◇未来の水田環境でお米を調べる
◇宇宙から科学の目で農地を見る
◇農環研トピックス
      ・職員採用案内
      ・農環研の公式サイトやイベントの情報などをツイッターでお伝えしています

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/magazine/157/

 

7)その他のお知らせ 

西日本食品産業創造展(主催:日刊工業新聞社)は九州で最大規模の食に関する展示会で、テーマは「食の未来を考える」です。
昨年度は、食に関連するメーカーや団体などが多数出展し、およそ1万9千人の来場者がありました。
九州沖縄農業研究センターも、研究成果を普及し、活用していただくため、西日本食品産業創造展に積極的に出展(植物工場のブース)しています。
本年も新しい食材の開発や地域の活性化につながると期待している研究成果を多数展示紹介する予定です。多くの方のご来場をお待ちしています。
開催日時:5月15日(水曜日)~17日(金曜日) 10時~17時  (最終日は 16時 まで)
場所:マリンメッセ福岡 (福岡市博多区) 
展示内容(予定):
  1.水稲新品種「にこまる」「ミズホチカラ」の紹介と試食
  2.夏に新蕎麦を味わえるソバ品種「春のいぶき」
  3.地域特産などに活用できるハトムギ品種「あきしずく」 (ハトムギ茶試飲あり)
  4.「こなみずき」の特徴あるカンショでん粉(試食あり)
  5.「おいCベリー」などのイチゴ新品種の試食、フリーズドライ化したイチゴパウダー、イチゴ包装容器(フルテクター)
  6.黒大豆品種「クロダマル」「くろさやか」および黒大豆を活用した6次産業化事例(試食あり)
  7.「植物工場」における野菜(イチゴ、レタス、スプラウト等)の周年生産技術

[農研機構 九州沖縄農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/pr_report/laboratory/karc/046545.html

 

8)編集後記 

真夏にはまだほど遠いのですが、暑くなってくると、冷たいものを食べたくなります。牧場のミルクたっぷり濃厚ソフトクリームも良いですが、ローカルなババヘラアイスもその素朴な味わいが忘れられません。
このアイス、調べてみたら呼称が登録商標として登録済みでした。全国には地域限定の面白い食べ物がたくさんありますね。 


【ご案内】
▽メールマガジンの配信変更・解除は以下からお手続できます
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/
▽メールマガジンへのご意見・ご要望をお寄せください
https://www.contact.maff.go.jp/affrc/form/e857.htm
▽メールマガジンバックナンバー
http://www.s.affrc.go.jp/docs/mg/mg_backnum.htm
▽農林水産技術会議事務局刊行物バックナンバー
http://www.s.affrc.go.jp/docs/kankoubutu.htm
▽農林水産分野の研究機関へのリンク
http://www.s.affrc.go.jp/docs/links.htm

 

【編集発行】
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省 農林水産技術会議事務局 総務課
TEL:03-3502-7407


 (おまけ) 

 今月の自然探訪 キビタキ
[森林総合研究所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/snap/index.html

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局総務課
代表:03-3502-8111(内線5847)
ダイヤルイン:03-3502-7407
FAX:03-5511-8622

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図