English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「食と農の研究メールマガジン」 > バックナンバー > 「食と農の研究メールマガジン」第142号(2013年2月15日号)


ここから本文です。

「食と農の研究メールマガジン」第142号(2013年2月15日号)

目次

1)トピックス

2)メッセージ

3)新しい技術や研究成果の紹介

4)東日本大震災に関するホームページの紹介

5)イベント情報

6)刊行物

7)編集後記

おまけ

 

1)トピックス 

農林水産政策上重要な研究のうち、農林水産分野及び関連分野の研究総力をあげて取り組むべき課題について委託プロジェクト研究を実施しています。
平成25年度から実施する以下の8つのプロジェクトについて、2月8日(金曜日)~3月28日(木曜日)の日程で公募を実施中です。

  • 農林水産資源を活用した新需要創出プロジェクト
  • 国産農産物の革新的低コスト実現プロジェクト
  • 農地等の放射性物質の除去・低減技術の開発
  • ゲノム情報を活用した農畜産物の次世代生産基盤技術の開発プロジェクト
  • 食品の安全性と動物衛生の向上のためのプロジェクト
  • 水産業再生プロジェクト
  • 気候変動に対応した循環型食料生産等の確立のためのプロジェクト
  • 地域資源を活用した再生可能エネルギーの生産・利用のためのプロジェクト

詳細については、下記のホームページをご参照下さい。

なお、本公募は、平成25年度予算政府案に基づき行っているため、予算成立が前提となります。今後、予算成立までの過程で内容等に変更等があり得ることをあらかじめご承知おき下さい。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/project/2013/project_2013_01.htm

 

農林水産・食品分野の成長産業化に必要な研究開発を推進するため、基礎、応用及び実用化の研究開発段階ごとに、産学の研究機関の独創的な発想や現場のニーズに基づく研究課題の提案を受ける競争的資金事業を実施します。
平成25年度から新規に実施する研究課題については、2月8日(金曜日)~3月8日(金曜日)の日程で公募を行っています。

詳細については、下記のホームページをご参照下さい。

なお、本公募は、平成25年度予算政府案に基づき行っているため、予算成立が前提となります。今後、予算成立までの過程で内容等に変更等があり得ることをあらかじめご承知おき下さい。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/research_fund/2013/sinki_koubo_2013.htm

 

農林水産省消費・安全局及び農林水産技術会議事務局では、安全な農畜水産物、食品の安定供給に資するよう、食品安全、動物衛生、植物防疫に関する施策の決定に必要な科学的根拠を得るために「レギュラトリーサイエンス新技術開発事業」を実施しています。
平成25年度から新規に実施する研究課題については、1月31日(木曜日)~3月5日(火曜日)の日程で公募を行っています。

詳細については、下記のホームページをご参照下さい。

なお、本公募は、平成25年度予算政府案に基づき行っているため、予算成立が前提となります。今後、予算成立までの過程で内容等に変更等があり得ることをあらかじめご承知おき下さい。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/regulatory_science/h25.html

 

「食料及び農業のための植物遺伝資源に関する国際条約(ITPGR)」は、育種素材等として利用される植物遺伝資源の国際的な取引を容易にし、それらを活用して育成された新品種等の販売利益の一部を途上国の能力開発に配分する仕組み等を定めた条約であり、我が国は未締結です。
育種関係者等に対して条約の内容をご説明するとともに、条約を締結した場合の効果や課題等について意見交換を以下の日程により全国7か所で行います。参加費は無料です。
参加申込みの方法など詳細はホームページをご覧ください。

【開催日時及び場所】

  • 北海道地域(札幌市)
    日時:2月20日(水曜日)13時30分~15時30分
    会場:北海道立道民活動センター(かでる2・7)
  • 東北地域(仙台市)
    日時:2月27日(水曜日)16時00分~18時00分
    会場:仙台市男女共同参画推進センター(エル・ソーラ仙台)
  • 関東地域(東京都)
    日時:3月8日(金曜日)14時00分~16時00分
    会場:東京都中小企業振興公社 秋葉原庁舎
  • 東海地域(名古屋市)
    日時:3月11日(月曜日)14時00分~16時00分
    会場:プライムセントラルタワー名古屋駅前店
  • 近畿地域(京都市)
    日時:3月1日(金曜日)14時00分~16時00分
    会場:京都勤労者総合福祉センター(京都テルサ)
  • 中国四国地域(岡山市)
    日時:2月18日(月曜日)14時00分~16時00分
    会場:岡山国際交流センター
  • 九州地域(熊本市)
    日時:3月6日(水曜日)14時30分~16時30分
    会場:メルパルク熊本

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/130212.htm

 

2)メッセージ 

「ディスク式中耕培土機の開発と普及」

ディスクを用いることによって、従来機(ロータリ式中耕機)では難しかった湿潤土壌下での中耕培土作業を適期に行えるようにするとともに、高速での作業も可能になりました。平成21年度に商品化され、「中耕ディスク」の愛称で多くの大豆栽培農家から愛用されています。

小橋工業株式会社 長屋 克成、遠藤 準
井関農機株式会社 永井 隆、永井 真人
鋤柄農機株式会社 鋤柄 忠良

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/mg/mg130215/contents_01.htm

    

3)新しい技術や研究成果の紹介  

 農研機構 野菜茶業研究所は、ハクサイの重要病害である根こぶ病に対する抵抗性遺伝子Crr1aを特定し、その構造を明らかにするとともに、Crr1a遺伝子が導入された植物は新たに抵抗性を付与されることを確認しました。
Crr1aの塩基配列情報を目印にすることにより、手間と時間を要する接種試験を経ずに、苗の段階で抵抗性個体を正確に選抜することが可能となり、根こぶ病抵抗性ハクサイ品種の効率的な育成に貢献します。

[農研機構 野菜茶業研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/vegetea/045308.html

    

4)東日本大震災に関するホームページの紹介 

東日本大震災の被災対策として、当面の農作業に関し、農家に対する技術指導を行う際の参考となる事項や、復旧・復興のため自治体等が実施する取組に資する技術情報について紹介しています。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/nogyo_gizyutu.htm

 

農林水産省では、この度の東日本大震災の発生に伴い、積極的な情報提供をおこなっていくため、各種ホームページを開設しておりますので、ご利用ください。
(全て農林水産省へのリンク)

[東日本大震災に関する情報のページ]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

[東日本大震災の被害に関する相談窓口について]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/madoguti.html

[農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果(随時更新)]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

 

5)イベント情報 

 青少年・消費者向けイベント

バイオeカフェ「薬?食事?花粉症治療米!~あなたの春を快適に~」
場所:つくばサイエンスインフォメーションセンター(茨城県つくば市)
参加費:100円
事前申込不要

[農業生物資源研究所]
(PDF:231.82KB)
http://www.nias.affrc.go.jp/science_comm/cafe/cafe69-2.pdf

 

サイエンスカフェ「冬の乾燥からお肌を守る 乳酸菌H61株って?」
場所:カフェベルガ(つくばカピオ別棟)(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込必要(先着30名)

[農研機構 畜産草地研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2013/02/045382.html

 

平成24年度森林講座(第3回)「樹形に垣間みる、モミの仲間の生き方」
場所:森林総合研究所北海道支所(北海道札幌市)
参加費無料
事前申込必要:定員50名

[森林総合研究所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/hkd/ivent-hkd/h24sinrinkouza3.html

 

森林教室「山の恵みと人の暮らし」
場所:森林総合研究所関西支所森の展示館(京都府京都市)
参加費無料
事前申込必要:2月20日(水曜日)まで(定員20名)

[森林総合研究所 関西支所]
(PDF:487.04KB)
http://www.ffpri.affrc.go.jp/fsm/documents/2013forestclassroom1.pdf

 

森林講座「遺伝子から推定するサクラの系統関係」
場所:森林総合研究所 多摩森林科学園 森の科学館(東京都八王子市)
参加費無料(ただし、入園料として300円必要)
事前申込必要:2月15日(金曜日)まで(定員:40名)

[森林総合研究所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/event/2013/20130301tamalec/index.html

 

中央農研市民講座「DNA情報を利用した作物と家畜の品種改良技術」
場所:食と農の科学館(つくばリサーチギャラリー)(茨城県つくば市)
参加費無料
事前申込不要(定員約70名)

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2013/01/045245.html

 

 

 セミナー・シンポジウム・研究会等 

公開シンポジウム「美しい日本のサクラを未来に伝える」
場所:木材会館 7階檜ホール(東京都江東区)
参加費無料
事前申込必要:定員300名

[森林総合研究所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/press/2013/20130111.html

 

第5回 農研機構産学官連携交流セミナー「多様なニーズにこたえる農研機構発おすすめ新品種」
場所:東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール セミナー室(東京都千代田区)
参加費無料
事前申込必要:先着70名

[農業・食品産業技術総合研究機構]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2013/01/045237.html

 

第15回熱研農業技術講習会「果樹栽培で役に立つロープの結び方」
場所:国際農林水産業研究センター熱帯・島嶼研究拠点(沖縄県石垣市)
参加費無料
事前申込必要:2月18日(金曜日)16時まで(定員:40名)

[国際農林水産業研究センター]
http://www.jircas.affrc.go.jp/event/e20130219.html

 

第30回 土・水研究会「流域の環境負荷低減のための物質動態モデルの開発と活用」
場所:つくば農林ホール(技術会事務局筑波事務所 本館2階)(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込必要

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/sympo/h24/20130220.html

 

第10回成果発表会「東日本大震災と放射能の影響解明-水産業の復興に向けた調査研究-」
場所:イイノホール(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:2月15日(金曜日)まで

[水産総合研究センター]
http://www.fra.affrc.go.jp/event/20130220/index.html

 

NIASシンポジウム 第7回「フィブロイン・セリシンの利用」研究会(医療分野へのシルク材料利用の展望)
場所:秋葉原コンベンションホール 5階 会議室5B(東京都千代田区)
参加費無料(ただし、交流会は参加費4,000円)
事前申込必要

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/fs_7/

 

平成24年度食品試験研究推進会議
場所:つくば国際会議場(エポカルつくば)大ホール(茨城県つくば市)
参加費無料(ただし交流会参加費は1,000円)
事前申込必要:2月17日(日曜日)まで

[農研機構 食品総合研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/12/044965.html

 

第3回農業環境インベントリー研究会「農業環境情報の統合データベース構築」
場所:つくば国際会議場(エポカルつくば)中会議室(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込必要

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/sympo/h24/20130225.html

 

NIAS/NILGS 合同シンポジウム「動物生殖技術研究の現状と今後の展望」
場所:つくば国際会議場(エポカルつくば)中ホール300(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/rbru-sympo/2013/

[農研機構 畜産草地研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2013/01/045307.html

 

シンポジウム「ジャガイモシストセンチュウ被害克服への挑戦」
場所:オホーツク・文化交流センター(エコホール)(北海道網走市)
参加費無料
事前申込必要:2月20日(水曜日)まで(定員400名)

[農研機構 北海道農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2013/01/045178.html

 

平成24年度 森林総合研究所 北海道地域研究成果発表会「これからの北の森づくりを考える」
場所:札幌市男女共同参画センター 3階ホール(北海道札幌市)
参加費無料、事前申込不要:定員300名

[森林総合研究所 北海道支所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/hkd/ivent-hkd/h24seikahappyoukai.html

 

研究成果報告会「地域内における木質バイオマス利用の多角的影響評価:岩手県西和賀町を事例に」
場所:農林水産政策研究所 セミナー室(東京都千代田区)
参加費無料
事前申込必要:2月28日(木曜日)まで(定員100名)

[農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2012/20130305.html

 

第3回農研機構新技術説明会「ヒトと作物をまもる食と農の新技術」
場所:JST東京別館ホール(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:定員100名

[農研機構]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2013/02/045445.html

 

成果発表「イネの穂に発生する稲こうじ病と墨黒穂病の発生抑制技術の開発」
場所:ホテルニューオータニ長岡 NCホール(新潟県長岡市)
参加費無料、事前登録必要:2月15日(金曜日)まで
本発表会では、イネの穂に発生する稲こうじ病と墨黒穂病の発生抑制技術について、農研機構、新潟県及び宮城県における研究で得られた成果を発表するとともに、これら病害の発生生態の最新知見や具体的な発生抑制方法について情報交換を行い、水田輪作技術と病害抑制技術の普及を目指します。

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2013/01/045213.html

 

平成24年度 新技術セミナー「-農業経営体の規模拡大における生産現場の現状と求められる農業機械や農業生産システムの役割と課題-」
場所:大宮ソニックシティ 小ホール(埼玉県さいたま市)
参加費無料
事前申込必要:3月1日(金曜日)まで

[農研機構 生物系特定産業技術研究支援センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2013/01/045216.html

 

2012年度生研センター研究成果発表会
場所:千代田区立内幸町ホール 地下1階(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 生物系特定産業技術研究支援センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2013/01/028352.html

 

中央農研オープンラボ活用促進セミナー「遺伝子診断技術を活用した病害虫防除技術開発の新展開」
場所:中央農業総合研究センター 環境保全型病害虫防除技術開発共同実験棟(環境保全型オープンラボ) 2階セミナー室(茨城県つくば市)
参加費無料
事前申込必要:3月1日(金曜日)まで

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2013/02/045384.html

 

平成24年度NARO植物工場九州実証拠点第2回研修会
場所:農研機構 九州沖縄農業研究センター 筑後・久留米研究拠点 野菜花き研究施設(福岡県久留米市)
参加費無料
事前申込必要:3月4日(月曜日)まで(定員80名)

[農研機構 九州沖縄農業研究センター]
(PDF:186.66KB)
http://www.naro.affrc.go.jp/karc/plant_factory/files/2012_KARC_RFK2.pdf

 

研究会等を含む、より詳細なリストをご覧いただけます。
http://sto.affrc.go.jp/event/calender

 

6)刊行物 

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
(PDF:350.53KB)
http://sto.affrc.go.jp/files/ric/news/news_76.pdf

 

  • 巻頭言
    ◇コミュニティに根ざした被災地域における町の再生-石巻市の「街なか創生」の取組み-
  • 研究成果
    ◇国内産小麦の需要拡大に向けた今後の対応方向~北海道産小麦と九州産小麦の比較分析から~
  • 世界の農業・農政
    ◇インドにおける飼料穀物消費の動向と展望
    ◇FAOにおける気候変動と世界の食料安全保障に関する国際的議論と課題
  • 農林水産政策科学研究委託事業
    ◇農(業)・商(業)・高(齢者)連携による地域再生シナリオに関わる実践的政策研究
  • セミナー概要紹介
    ◇韓国の6次産業化,食品産業クラスターの展開と可能性
    ◇市場開放拡大の下での韓国食品産業の動向と課題
  • シンポジウム概要紹介
    ◇平成24年度農林水産政策研究所シンポジウム in 盛岡「東北地域の農山漁村の再生・活性化に向けて」
  • ブックレビュー
    ◇荒幡克己著 『米生産調整の経済分析』

[農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/koho/seika/review/review51.html

 

  • 巻頭言
  • 研究情報
    ◇国産の高精度農業用ガイダンスシステム
    ◇市販の運動強度計を用いた放牧地における搾乳牛の採食時間の測定
  • トピックス
    ◇日本農業経営学会学会誌賞受賞
    ◇平成24年度北海道地域マッチングフォーラム
    ◇平成24年度若手農林水産研究者表彰受賞
    ◇ぶらり立ち寄り北農研
    ◇「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業研究成果シンポジウム」開催報告
  • オープンラボのご案内

[農研機構 北海道農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/laboratory/harc/news/045370.html

 

  • 第30回アジアリモートセンシング国際会議(タイ)参加報告
    ◇グローバル・ソイル・パートナーシップ技術ワークショップ「生きている土壌の管理」参加報告
  • 環研ウェブ高座「農業環境のための統計学」 第6回「情報可視化と統計グラフィックス」
  • 論文の紹介
    ◇21世紀COEプログラム「衛星生態学創生拠点」の目指すところ
    ◇地理空間情報のリンクト・データ化の試み
  • 本の紹介331
    ◇文明を変えた植物たち―コロンブスが遺した種子
  • 牛の餌からバイオエタノールを作る(日本農民新聞連載記事より)
  • 農環研トピックス
    ◇第30回 土・水研究会「流域の環境負荷低減のための物質動態モデルの開発と活用」
    ◇第3回 業環境インベントリー研究会「農業環境情報の統合データベース構築」
    ◇公開セミナー:第530回気象談話会/第7回生物多様性研究領域セミナー
    ◇プレスリリース:農業環境技術研究所Webサイトへの不正アクセスについて

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/magazine/154/

 

  • 巻頭言
    ◇モンスーンアジアにおける農業環境研究の推進─国際ネットワークによる重要課題の解決を目指して─
  • MARCOシンポジウム特集
    ◇MARCO シンポジウム 2012モンスーンアジアにおける農業環境研究の課題と連携強化
    ◇MARCO サテライトシンポジウム 2012モンスーンアジアにおける食品中ヒ素およびカドミウム汚染に対するリスク低減技術
  • NIAES トピックス
    ◇第12回有機化学物質研究会化学物質による環境中生物への影響評価―遺伝子から生態系まで―
  • アグリビジネス創出フェア2012
  • 受賞報告
    ◇第30回日本土壌肥料学会奨励賞 和穎朗太研究員
  • 第4回海外女性研究者ロールモデル講演会「英国およびノルウェーの女性研究者の生活をチラ見する」
    つくば科学フェスティバル2012

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/publish/niaesnews/097/097.html

 

  • 再造林で活用が期待されるコンテナ苗
  • 「九州の樹木」シリーズ (3)ヤクタネゴヨウ

[森林総合研究所 九州支所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/kys/research/kankou/kysmr/

 

7)編集後記 

九州や北陸地方で春一番が吹きました。九州地方では、データの発表開始以降最も早かったそうです。
関東地方でも日中の気温が20度近くまで上昇したかと思えば、急激に気温が下がるとともに降雪が観測されるなど、すこし不安定な気候が続いています。
朝が寒いからとコートを着て出ると、日中には暑くて多量の汗をかくなど服装に困ることもありますが、これも徐々に春が近づいているということなのでしょう。(お)

 


 

 

「食と農の扉」「農と食のサイエンス」「農林水産研究開発のすがた」「最近の主な研究成果」などの刊行物がダウンロードできます。
是非ご利用下さい。

 

【編集発行】
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省 農林水産技術会議事務局 総務課
TEL:03-3502-7407

 


 

(おまけ) 

2月の壁紙 キツネメバルの稚魚

[水産総合研究センター]
http://www.fra.affrc.go.jp/fun/index.html

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局総務課
代表:03-3502-8111(内線5847)
ダイヤルイン:03-3502-7407
FAX:03-5511-8622

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図