English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「食と農の研究メールマガジン」 > バックナンバー > 「食と農の研究メールマガジン」第138号(2012年12月15日号)


ここから本文です。

「食と農の研究メールマガジン」第138号(2012年12月15日号)

目次

1)トピックス

2)新しい技術や研究成果の紹介

3)東日本大震災に関するホームページの紹介

4)イベント情報

5)刊行物

6)編集後記

おまけ

1)トピックス 

農研機構 近畿中国四国農業研究センターは、12月17日~21日の5日間、農林水産省の「消費者の部屋」で特別展示を行います。
今回の展示では、大麦の様々な新品種や大麦粉を利用した高付加価値食品の紹介、現物の展示や配布、試食等を行いますので、多数の方々のご来場をお待ちしております。

[農林水産省 消費者の部屋]
http://www.maff.go.jp/j/heya/tenzi/1212/t_121217.html

 

農林水産省が新たな農林水産政策を推進するための実用技術開発事業の研究課題として平成22年度から平成24年度にかけて実施している「β-クリプトキサンチンに着目した柑橘加工副産物利用による次世代型機能性食品の創出」において温州ミカンに多く含まれるβ-クリプトキサンチンの研究をしており、その研究成果発表会を以下の通り行います。

日時:12月18日(火曜日) 13時 ~ 18時
内容:ミカン色素β-クリプトキサンチンの研究成果を新たな需要創出につなげる
会場:中央合同庁舎第4号館12階 農林水産省会議室1・2(東京都千代田区)
参加費無料
事前申込必要:先着100名まで

【お問合せ先】

  • 農研機構 果樹研究所 中村
    電話:029-838-6416
  • 農林水産技術会議事務局 研究推進課 北谷
    電話:03-6744-7043

[農業・食品産業技術総合研究機構]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/11/044630.html

 

2)新しい技術や研究成果の紹介  

農業生物資源研究所は、水田で育つイネ(日本晴及び農林8号)のほぼ全遺伝子の働き(発現)を大規模に解析して得られたデータをもとに、気象データと移植後の日数から任意の遺伝子の働きを推定できるシステムを構築しました。
このシステムを使うことにより、過去の気象データを用いて高温障害などに関連する遺伝子を特定することが可能になります。
将来的には、こうした遺伝子の働き方を指標にすることで、作物の生育状況を正確に予測することが可能となり、施肥時期や農薬散布時期等の最適化などが可能になると期待されます。

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/press/20121205/

 

農研機構 中央農業総合研究センターは、「コシヒカリ」より早く収穫できる早生の水稲もち新品種「みやびもち」を開発しま した。
「みやびもち」の出穂期と成熟期は、「コシヒカリ」よりも10日以上早く、「コシヒカリ」より先に収穫することができます。
短稈で倒伏抵抗性が強く、多収です。つき餅の食味が良く、また、柔らかいおこわができます。

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/narc/044756.html

 

農研機構 中央農業総合研究センターは、「コシヒカリ」より熟期が早く、冷害やいもち病に強い多収の水稲新品種「夢の舞」を開発しました。
冷害やいもち病が問題となる中山間地域の稲作経営に貢献することが期待されます。

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/narc/hokuriku/044754.html

  

3)東日本大震災に関するホームページの紹介 

東日本大震災の被災対策として、当面の農作業に関し、農家に対する技術指導を行う際の参考となる事項や、復旧・復興のため自治体等が実施する取組に資する技術情報について紹介しています。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/nogyo_gizyutu.htm

 

農林水産省では、この度の東日本大震災の発生に伴い、積極的な情報提供をおこなっていくため、各種ホームページを開設しておりますので、ご利用ください。
(全て農林水産省へのリンク)

[東日本大震災に関する情報のページ]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

[東日本大震災の被害に関する相談窓口について]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/madoguti.html

[農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果(随時更新)]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

 

4)イベント情報 

 青少年・消費者向けイベント

消費者の部屋「特別展示」~大麦パワーで、もっとおいしく、もっと健康に!~
場所:農林水産本省北別館1階(東京都千代田区)
参加費無料
事前申込不要

[農林水産省]
http://www.maff.go.jp/j/heya/index.html

 

森林総合研究所東北支所 もりゼミ「北欧の森を歩いて考えたこと」
場所:森林総合研究所東北支所 会議室(岩手県盛岡市)
参加費無料
事前申込不要(定員約40名)

[森林総合研究所 東北支所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/thk/events/20130110.html

 

中央農研市民講座「飼料用米の話」
場所:食と農の科学館(つくばリサーチギャラリー)(茨城県つくば市)
参加費無料
事前申込不要(定員約70名)

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/11/044826.html

 

サイエンスカフェ「体細胞クローン牛とは?」
場所:つくばエキスポセンター内 レストラン滝(茨城県つくば市)
参加費無料
事前申込必要:12月28日まで(定員20名)

[農研機構 畜産草地研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/11/044773.html

 

サイエンスカフェ「体細胞クローン牛とは?」
場所:つくばエキスポセンター内 レストラン滝(茨城県つくば市)
参加費無料
事前申込必要:12月28日まで(定員20名)

[農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/11/044773.html

 

森林講座「産地偽装を逃さない世界初の木材産地判別技術」
場所:森林総合研究所 多摩森林科学園 森の科学館(東京都八王子市)
参加費無料(ただし、入園料として大人300円が必要)
事前申込必要:平成25年1月4日必着(定員40名)

[森林総合研究所 多摩森林科学園]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/event/2013/20130118tamalec/index.html

 セミナー・シンポジウム・研究会等

アグリビジネス創出フェアin東海
場所:名古屋大学 野依記念学術交流館 1階会議室、2階カンファレンスホール(愛知県名古屋市)
参加費無料
当日入場可能(事前申込は12月10日(月曜日)まで)

[特定非営利活動法人 東海地域生物系先端技術研究会]
http://www.biotech-tokai.jp/news/nwsdet.php?id=173

 

第9回果樹研フルーツセミナー -カンキツの新品種と普及について考える-
場所:南青山会館(東京都港区)
参加費無料
事前申込必要:定員200名程度

[農研機構 果樹研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/11/044629.html

 

第267回鶏病事例検討会
場所:農研機構 動物衛生研究所 講堂(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 動物衛生研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/09/043787.html

 

農研機構セミナー2012「6次産業化に不可欠な流通加工研究の推進に向けて」
場所:農林水産技術会議事務局筑波事務所 本館3階展示会議室(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込必要:定員150名

[農研機構 食品総合研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/11/044727.html

 

第5回公開シンポジウム「カイコ産業の未来」
~遺伝子組換えカイコによる医薬品開発・生産を目指して~
場所:秋葉原コンベンションホール(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/press/20121130/

 

SATテクノロジー・ショーケース2013
場所:つくば国際会議場(エポカルつくば)(茨城県つくば市)
参加費無料
事前申込不要

[つくばサイエンス・アカデミー]
http://www.science-academy.jp/showcase/12/index.html

 

「第31回近赤外講習会(中級・上級コース)」
「第77回食品技術講習会」
場所:食品総合研究所 管理棟 第1会議室(茨城県つくば市)
参加費無料
事前申込必要:12月17日(月曜日)必着(定員50名程度)

[農研機構 食品総合研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/11/044685.html

 

第169回農林交流センターワークショップ「固体試料分析の基礎と応用~各種機器による試料分析~」
コーディネーター:国際農林水産業研究センター 八田珠郎 氏
場所:農林水産技術会議事務局 筑波農林研究交流センター 第1セミナー室(茨城県つくば市)
参加費無料
参加申込必要:平成25年1月11日(金曜日)まで(定員20名)

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
http://sto.affrc.go.jp/event/workshop/169ws

 

第3回農業環境インベントリー研究会「農業環境情報の統合データベース構築」
場所:つくば国際会議場(エポカルつくば)中会議室(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込必要

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/sympo/h24/20130225.html

 

研究会等を含む、より詳細なリストをご覧いただけます。
http://sto.affrc.go.jp/event/calender

 

5)刊行物 

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
(PDF:426.37KB)
http://sto.affrc.go.jp/files/ric/news/news_74.pdf

 

  •  研究課題と調査地の位置づけ
  • 調査事例
    ◇富山県砺波市A地区(PDF:1,217KB)
    ◇佐賀県佐賀市B 地区(PDF:1,464KB)
  • 第3章  まとめと今後の課題(PDF:212KB)
  • 北海道水田農業の動向と南空知農村集落の階層構成変化・担い手
  • 北海道水田地帯における複数戸法人の実態分析
  • 戸別所得補償制度への転換による集落営農の新展開
    -岐阜県中山間地域を中心に-
  • 戸別所得補償制度下における九州穀倉地帯の地域対応
  • 秋田県における戸別所得補償制度への対応と担い手の存在形態
  • 生産調整未達成地域の農業構造と政策対応
    ―印旛沼湖岸低湿水田地帯の農業者の意識と行動―

 

  • 巻頭言
    ◇最外に強くエネルギー的に自立した生産基盤をめざして
  • 研究成果
    ◇ライフサイクルでの経済性・エネルギー生産性の高いバイオマス産業都市の構築を!
    ◇農村地域の環境配慮の計画づくりに役立つ魚類生息場の推定マップの作成手法
  • 農工研の動き
  • 巻頭言
    ◇好奇心、そして想像力
  • 研究情報
    ◇北イタリアにおける水稲直播の作業効率
    ◇ホスホリパーゼD遺伝子の抑制系統は高温による白未熟粒発生を軽減する
    ◇エアーアシスト水稲湛水条播を核とした作業体系の規模拡大とコスト削減の可能性
  • トピックス
    ◇北陸研究センター「公開デー」
    ◇フードシステムソリューション2012米粉ビジネスフェアに出展
    ◇食の国際見本市「フードメッセinにいがた2012」に出展

[農研機構 中央農業総合研究センター 北陸研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/laboratory/narc/044903.html

 

  • 巻頭言
    ◇技術は未来を変える
  • 研究成果の紹介
    ◇沖縄でのソバ栽培における家畜ふん堆肥施用効果
    ◇パリセードグラスの広条播種栽培
    ◇高温環境下の乳牛は、分娩後に酸化ストレスが増大する
  • 研究の紹介
    ◇歴史的な水路から水利用の工夫を学ぶ
  • 所長キャラバン
    ◇イチゴ:植物工場での夏秋どり栽培と蒸熱処理技術の開発
    ◇熊本県球磨地域での水稲品種「にこまる」の産地化
  • 開催報告
    ◇「九州沖縄地域マッチングフォーラム」開催報告
  • 巻頭言
    ◇リスクに強い食料生産システム-開発途上地域の農業技術開発の役割-
  • 特集 JIRCAS国際シンポジウム
    ◇気候変動とメコンデルタの洪水リスク-高洪水稲作地域の適応策と持続可能性-
    ◇寒雪害(ゾド)による被害とその対策
    ◇アフリカと中国における保全農業普及の取り組み
    ◇バングラデシュの農業を災害に対して強くする
    ◇アフリカのサバクトビバッタ問題と現状
  • JIRCASの動き
    ◇平成24年度前半期の広報活動について
    ◇研究成果の紹介

[国際農林水産業研究センター]
(PDF:2.63MB)
http://www.jircas.affrc.go.jp/kankoubutsu/news/pdf/jircasnews65.pdf

 

[国際農林水産業研究センター]
(PDF:3.11MB)
http://www.jircas.affrc.go.jp/english/publication/newsletter/pdf/jircasnewsletter65.pdf

 

  • Message from the President
  • Highlights from 2011
  • Research Overview
    ◇Overview of JIRCASÕ Research Structure
    ◇Main Research Programs
  • Training and Invitation Programs and Information Events
    ◇Invitation Programs at JIRCAS
    ◇Fellowship Programs at JIRCAS
    ◇Workshop
  • Appendix
    ◇Publishing at JIRCAS
    ◇Financial Overview
    ◇Members of the External Evaluation Committee and Program Review Meetings
    ◇The Japanese Fiscal Year and Miscellaneous Data

[国際農林水産業研究センター]
(PDF:4.81MB)
http://www.jircas.affrc.go.jp/english/publication/annual/2011/annual_report_2011.pdf

 

  • プロジェクト研究成果発表会「農林水産業は気候変動にどう対応するか?」
  • 第3回農業環境インベントリー研究会「農業環境情報の統合データベース構築」
  • MARCOシンポジウム2012「モンスーンアジアにおける農業環境研究の課題と連携強化」開催報告
  • 第12回有機化学物質研究会「化学物質による環境中生物への影響評価-遺伝子から生態系まで-」開催報告
  • アグリビジネス創出フェア2012が開催された
  • つくば科学フェスティバル2012が開催された
  • 和穎朗太 研究員(物質循環研究領域) 第30回日本土壌肥料学会奨励賞
  • 第5回環太平洋農薬科学会議 参加報告
  • 農環研ニュース No.96 の発行
  • 論文の紹介
    ◇農地における環境保全活動の効果は周囲の景観によって異なる
  • 本の紹介 330:景観の生態史観 攪乱が再生する豊かな大地
  • 農地から発生する温室効果ガスを削減する(日本農民新聞連載記事より)

ほか

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/magazine/152/

 

  • 設定から40年が経過した「山育第13号参考林」の現況
  • 材木遺伝資源の探索・収集
  • 平成24年度林業研究・技術開発推進近畿・中国・四国ブロック会議育種分科会について

[森林総合研究所林木育種センター関西育種場]
(PDF:925.29KB)
http://kaniku.job.affrc.go.jp/003_discussion/konwakaishi/konnwakaisi_pdf/69.pdf

 

  • 木の幹に蓄積されている二酸化炭素の量を推定する
  • 【研究トピックス】アカマツの樹冠内での着果パターン
  • 第63回応用森林学会に参加して
  • 親子でふれあい・一般公開「水都おおさか森林の市2012」に出展
  • 森林教室を開催しました

[森林総合研究所林木育種センター関西育種場]
(PDF:1.85MB)
http://kaniku.job.affrc.go.jp/004_publication/tayori/tayori_pdf/kaniku69.pdf

 

  • 研究情報
    ◇スケトウダラの仔稚魚飼育に成功 ~天然資源の変動要因解明に向けて前進~
    ◇雨の日も風の日もトドを観察する方法
  • 研究グループ紹介
    ◇繁殖保全グループ

[水産総合研究センター北海道区水産研究所]
(PDF:1.96MB)
http://hnf.fra.affrc.go.jp/kankoubutu/kitaumi/kitanoumikara15.pdf

 

6)編集後記 

関東地方でも秋の紅葉が終わり、すっかり冷え込みが厳しい日々。
メールマガジンの作成を担当して、今回で3回目の年末を迎えました。本号が平成24年の最後となるメールマガジンです。
次号は平成25年元旦の発行。年が明けるまでは、まだ2週間少々あるため少々気が早いのかもしれませんが、皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。


 

「食と農の扉」「農と食のサイエンス」「農林水産研究開発のすがた」「最近の主な研究成果」などの刊行物がダウンロードできます。
是非ご利用下さい。

 

【編集発行】
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省 農林水産技術会議事務局 総務課
TEL:03-3502-7407

 


 

(おまけ) 

12月の壁紙 ケガニ

[水産総合研究センター]
http://www.fra.affrc.go.jp/fun/index.html

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局総務課
代表:03-3502-8111(内線5847)
ダイヤルイン:03-3502-7407
FAX:03-5511-8622

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図