English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「食と農の研究メールマガジン」 > バックナンバー > 「食と農の研究メールマガジン」第137号(2012年12月1日号)


ここから本文です。

「食と農の研究メールマガジン」第137号(2012年12月1日号)

目次

1)トピックス

2)農林水産技術会議事務局の動き

3)新しい技術や研究成果の紹介

4)東日本大震災に関するホームページの紹介

5)イベント情報

6)刊行物

7)編集後記

おまけ

1)トピックス 

農林水産省は、平成25年度から福島県内及び岩手県内に新たに設定することを検討している農業・農村分野の研究・実証地区において、復興の加速化に寄与可能な様々な先端技術を、研究機関、民間企業、大学等から広く御提案いただくために、以下の日程で先端技術提案会を開催いたします。
詳細はホームページにあるプレスリリースを御覧ください。
多数の方々の御参加・御提案をお待ちしております。

  • 福島県会場
    日時:平成24年12月20日(木曜日)13時~16時30分
    場所:コラッセふくしま(福島県福島市)
  • 岩手県会場
    日時:平成24年12月21日(金曜日)10時~14時30分
    場所:ホテル東日本盛岡(岩手県盛岡市)

【お問い合わせ先】
農林水産技術会議事務局研究推進課産学連携室 土屋、高橋
電話:03-6744-7043

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/121129.htm

 

農林水産省では、地域における産学連携の推進のため、地方版のアグリビジネス創出フェアを以下の日程で開催します。入場は無料ですので、皆さまふるってご参加ください。

  • 東北地域
    日時:12月5日(水曜日) 10時30分~17時30分
    名称:東北地域アグリビジネス創出フェア2012
    会場:仙台市情報・産業プラザ多目的ホール、展示スペース(アエル5階)
    所在地:宮城県仙台市青葉区中央1丁目3番1号
    主催:東北地域農林水産・食品ハイテク研究会、農林水産省
    参加費無料、事前登録不要

【お問合せ先】

  • 東北地域農林水産・食品ハイテク研究会 小池
    電話:019-641-7170
  • 農林水産技術会議事務局研究推進課 嶋田・桐木
    電話:03-6744-7043

[東北地域農林水産・食品ハイテク研究会]
(PDF:526.88KB)
http://tohoku-hightech.jp/24tirashi22.pdf

  • 北海道地域
    日時:12月7日(金曜日)~8日(土曜日) 10時~17時(8日は16時まで)
    名称:2012アグリビジネス創出フェア in Hokkaido~北海道の食と農の明日へ~
    会場:サッポロファクトリー
    所在地:北海道札幌市中央区北2条東4丁目
    主催:NPO法人 グリーンテクノバンク、農林水産省
    参加費無料、事前登録不要

【お問合せ先】

  • NPO法人 グリーンテクノバンク 折登
    電話:011-210-4477
  • 農林水産技術会議事務局研究推進課 嶋田・桐木
    電話:03-6744-7043

[NPO法人 グリーンテクノバンク]
(PDF:408.65KB)
http://www.gtbh.jp/news/abf/2012/24-abf-poster.pdf

 

  • 東海地域
    日時:平成24年12月18日(火曜日)~19日(水曜日) 18日は10時30分~17時、19日は10時~15時30分)
    名称:アグリビジネス創出フェア2012 in 東海
    会場:名古屋大学東山キャンパス野依記念学術交流館所
    所在地:愛知県古屋市千種区不老町名古屋大学東山キャンパス
    主催:NPO法人 東海地域生物系先端技術研究会、農林水産省
    その他:東海地域における6次産業創出フェアと同時開催
    参加費無料、事前登録不要

【お問合せ先】

  • NPO法人 東海地域生物系先端技術研究会 小川・道村
    電話:052-789-4586
  • 農林水産技術会議事務局研究推進課 嶋田・桐木
    電話:03-6744-7043

[NPO法人東海地域生物系先端技術研究会]
(PDF:355.36KB)
http://www.biotech-tokai.jp/acv/pdf/24chirashi.pdf

 

農林水産省が新たな農林水産政策を推進するための実用技術開発事業の研究課題として平成22年度から平成24年度にかけて実施している「β-クリプトキサンチンに着目した柑橘加工副産物利用による次世代型機能性食品の創出」において温州ミカンに多く含まれるβ-クリプトキサンチンの研究をしており、その研究成果発表会を以下の通り行います。

日時:12月18日(火曜日) 13時 ~ 18時
内容:ミカン色素β-クリプトキサンチンの研究成果を新たな需要創出につなげる
会場:中央合同庁舎第4号館12階 農林水産省会議室1・2(東京都千代田区)
参加費無料
事前申込必要:12月10日(月曜日)まで(先着100名)

【お問合せ先】

  • 農研機構 果樹研究所 中村
    電話:029-838-6416
  • 農林水産技術会議事務局 研究推進課 北谷
    電話:03-6744-7044 

[農業・食品産業技術総合研究機構]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/11/044630.html

 

2) 農林水産技術会議事務局の動き 

農林水産省は、農林水産業・食品産業の現場の技術的課題の解決に向けた実用技術の早急な開発を推進するため、提案公募型の「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業」を実施しています。
本事業においては、年度途中に不測の事態が発生し、緊急に対応を要する研究課題が生じた場合は「緊急対応研究課題」として研究対象を設定し、研究開発を実施することになっています。
この度、緊急に対応を要する研究課題として、6課題の研究対象を設定し、研究実施機関(研究グループ)の公募を行います。

  1. 海外悪性伝染病の防疫における移動式レンダリング装置活用のための技術体系の確立
  2. クリシギゾウムシの新たな防除対策の体系化
  3. 施設園芸における在来種クロマルハナバチの利用技術の開発
  4. ハザードマップ作成のためのため池決壊時の被害範囲推定技術の開発
  5. プルシアンブルーを用いた栽培きのこへの放射性セシウム移行低減技術の確立
  6. 地域イノベーション戦略に基づく農林水産・食品分野の初期研究

詳しくは以下のホームページをご覧ください。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/121122.htm

 

農林水産省は、農業環境技術研究所、農業・食品産業技術総合研究機構、農業生物資源研究所、国際農林水産業研究センター、森林総合研究所、水産総合研究センターとの共催で、平成24年12月10日(月曜日)に、東京国際フォーラムにおいて、研究成果発表会「農林水産業は気候変動にどう対応するか?」を開催します。
農林水産分野における、気候変動に関する研究の成果を講演・ポスター発表により、わかりやすく紹介いたしますので、多数の方々のご参加をお待ちしております。

  • 研究成果発表会「農林水産業は気候変動にどう対応するか?」

日時:12月10日(月曜日)10時~16時40分
場所:東京国際フォーラム(東京都千代田区)
申込:12月7日(金曜日)17時まで

[農林水産技術会議事務局]
(PDF:848.60KB)
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/pdf/121105-01.pdf

【お問い合わせ先】

  • 農林水産技術会議事務局研究開発官(環境)室
    担当者:菅谷、北村
    代表:03-3502-8111(内線5870)
    ダイヤルイン:03-6744-2216
  • (独)農業環境技術研究所 研究コ-ディネーター 八木
    電話番号:029-838-8430

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/121105.htm

 

3)新しい技術や研究成果の紹介  

(独)農研機構近畿中国四国農業研究センターは、稲発酵粗飼料用水稲新品種「たちあやか」を育成しました。
「たちあやか」は既存の飼料稲用品種に比べて、牛が消化しやすい茎葉の割合が高く、発酵に必要な糖の含量が高く、倒伏しにくいという特徴があります。
同じ飼料特性をもつ晩生品種「たちすずか」と組み合わせて作付けすることで、作期分散を図ることが可能となり、稲発酵粗飼料の安定生産に貢献することが期待されます。

[農研機構 近畿中国四国農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/warc/044352.html

 

(独)農研機構近畿中国四国農業研究センターは、苗立ちが良く、収量性に優れた良食味の巨大胚水稲新品種「はいごころ」を育成しました。
通常品種よりも胚芽の部分が3倍ほど大きく、血圧調整作用を持つγ(ガンマ)-アミノ酪酸も約3倍含まれます。
従来の巨大胚品種と比べて、苗立ち性、収量性が良く、食味の優れる品種です。
玄米粉としても利用できるため、米の需要拡大や農業の6次産業化の素材として役立つことが期待されます。

[農研機構 近畿中国四国農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/warc/044635.html

 

(独)森林総合研究所では、森林土壌における温室効果ガスの吸収・放出量を国内に限らず様々な地域で観測を行い、同時にモデリングなどのデータ解析を進めてきました。本研究では、独自に開発したデータ指向型モデル(大量のデータに基づいてパラメータを決定したモデル)を用いた全球(地球全体)の推定値に加え、既存の報告例も含め、土壌温室効果ガスの吸収・放出量の全球の推定値を整理しました(二酸化炭素放出・一酸化二窒素放出・メタン吸収)。このような、不確実性も評価した全球の土壌温室効果ガスの吸収・放出量の最良推定値の算出は世界で初めての成果です。

[森林総合研究所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/news/2012/20121023greenhouse-gas.html

 

近年、沖縄を含む世界中のサンゴ礁域で、造礁サンゴに共生する藻類が失われる白化現象やオニヒトデの大量発生などによりサンゴ群集が衰退し、サンゴ礁に生息する魚介類も減少しています。
サンゴ礁域の水産資源の回復には、稚魚の成育場として重要なミドリイシ属サンゴなど枝状サンゴ群集の回復が重要ですが、自然環境下ではサンゴの幼生の供給量やその後の生き残りが少ないため、急速な回復は期待できません。また、これまでの着生研究では、自然環境下での生残率は半年後で1パーセント程度しか得られていませんでした。

そこで、幼生の着生密度のコントロール、格子状サンゴ増殖用基盤を2段重ねとする、格子サイズの小型化などの対策をとって、人工的に生産したミドリイシ属サンゴの幼生を樹脂製のサンゴ増殖用基盤に海中で直接着生させることによって、平均生残率18.1パーセントと従来の値を大きく上回る高い生残率を世界で初めて確認することができました。
この成果から、サンゴ幼生が着生可能な岩盤が乏しい砂地やガレ場のような場所でも、手間をかけずにサンゴ群集を修復・造成させることが可能となり、局所的なサンゴ再生法としてサンゴ礁の修復保全に大きく役立つことが期待されます。

[水産総合研究センター]
http://www.fra.affrc.go.jp/pressrelease/pr24/241101/index.html

 

4)東日本大震災に関するホームページの紹介 

東日本大震災の被災対策として、当面の農作業に関し、農家に対する技術指導を行う際の参考となる事項や、復旧・復興のため自治体等が実施する取組に資する技術情報について紹介しています。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/nogyo_gizyutu.htm

 

農林水産省では、この度の東日本大震災の発生に伴い、積極的な情報提供をおこなっていくため、各種ホームページを開設しておりますので、ご利用ください。
(全て農林水産省へのリンク)

[東日本大震災に関する情報のページ]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

[東日本大震災の被害に関する相談窓口について]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/madoguti.html

[農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果(随時更新)]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

 

5)イベント情報 

 青少年・消費者向けイベント

農業フロンティア2012
農業は成長産業へ~最先端での出会いと発見~
場所:東京ビッグサイト西3・4ホール、屋上展示場ほか(東京都江東区)
参加費無料、事前申込不要

  • 被災地域を始めとした日本の美味しい食、農産品を国内外の消費者の方に実際に食べていただくだけでなく、その裏に隠された生産者の努力や、その美味しさを支える日本の技術、その技術により可能となった最先端の農業を実感していただきます。

[農業フロンティア2012]
http://agri-frontier.com/

 

第6回食と医療の安全に関わるプリオン病の市民講座
「BSEの検査月齢見直しについて学ぶ」
場所:東京医科大学病院臨床講堂(東京都新宿区)
参加費無料、事前申込不要

  • 皆様にプリオン病について理解していただくための市民講座です。プリオン病研究の進捗、BSE検査月齢見直しについて関係機関からの解説、参加者の皆さまと意見交換を行います。

[農研機構 動物衛生研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/niah/044680.html

 

中央農研市民講座
「食卓から見た米消費のゆくえ」
場所:食と農の科学館(つくばリサーチギャラリー)(茨城県つくば市)
参加費無料
事前申込不要(定員70名)

近年、主食としての地位が揺らいでいるように見える米ですが、一方で20~40代の子育て世代の食卓を見ると、夕食のほとんどにご飯が登場しており、まだまだ存在感もあります。米消費をめぐる最近の動向について紹介するとともに、米消費のゆくえ、そしてこれからの食のかたちを、みなさまと一緒に考えます。

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/10/044369.html

 

農境研サイエンスカフェ「生き物の世界を分類するまなざし」
場所:ウィズガーデンつくば(茨城県つくば市)
参加費無料
事前申込必要:定員30名(空席がある場合のみ当日参加可)

地球上にはさまざまな生き物がいますが、その多様な生き物たちはどのように分類されているのでしょうか?さまざまな「系図」を紹介しながら生物分類について考えます。

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/magazine/151/mgzn15103.html

 

森林教室「調べてみよう!まつぼっくりは種??作ってみよう!まつぼっくりを使ってオリジナル作品を」
場所:森林総合研究所関西支所 森の展示館(京都府京都市)
参加費無料
事前申込必要:12月5日(水曜日)まで(定員20名)

[森林総合研究所 関西支所]
(PDF:357.42KB)
http://www.ffpri.affrc.go.jp/fsm/documents/2012forestclassroom2.pdf

 

消費者の部屋「特別展示」~大麦パワーで、もっとおいしく、もっと健康に!~
場所:農林水産本省北別館1階(東京都千代田区)
参加費無料
事前申込不要

[農林水産省]
http://www.maff.go.jp/j/heya/index.html

 セミナー・シンポジウム・研究会等

研究成果発表会(東京)
「臭化メチル剤から完全に脱却した産地適合型栽培マニュアルの開発」
場所:日本教育会館一ツ橋ホール(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要(当日受付可)

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/08/041681.html

 

2012年植物科学シンポジウム
「植物科学最先端研究への期待」
場所:東京品川コクヨホール(東京都品川区)
参加費無料、事前申込必要

[農業生物資源研究所]
http://www.kuba.co.jp/plant-science/2012/

 

農業環境技術研究所公開セミナー
「環境に優しい農業と暮らしに役立つ生分解性プラスチック利用促進技術の最前線」
場所:台東区生涯学習センター2階 ミレニアムホール(東京都台東区)
参加費無料、事前申込必要

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/sympo/h24/20121204.html

 

農研機構シンポジウム
「自給飼料および畜産物への放射性物質移行とその低減技術」
場所:南青山会館 大会議室(東京都港区)
参加費無料
事前申込必要:定員200名

[農研機構 畜産草地研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/10/044308.html

 

研究成果発表会(名古屋)
「臭化メチル剤から完全に脱却した産地適合型栽培マニュアルの開発」
場所:名古屋国際会議場レセプションホール(愛知県名古屋市)
参加費無料
事前申込必要(当日受付可)

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/08/041681.html

 

東北地域アグリビジネス創出フェア2012
場所:仙台市情報・産業プラザ(宮城県仙台市)
参加費無料

[東北地域農林水産・食品ハイテク研究会]
(PDF:161.86KB)
http://tohoku-hightech.jp/H24aguriyouryou.pdf

 

12月6日(木曜日) 13時~17時

農研機構シンポジウム
「大豆低収の打破 高位安定化への道」
場所:科学技術館地下2階 サイエンスホール(東京都千代田区)
参加費無料
事前申込必要:12月3日(月曜日)まで(当日受付も可)

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/10/044306.html

 

農林漁業成長産業化ファンドに関する意見交換会
場所:農林水産省本館7階共用第10会議室(東京都千代田区)
参加費無料
事前申込必要:12月3日(月曜日)12時必着

[農林水産省]
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo02/121126.html

 

農研機構国際シンポジウム
「イネウンカ類の殺虫剤抵抗性と媒介ウイルス病に関する最新研究」
場所:福岡国際会議場(福岡県福岡市)
参加費無料
事前申込必要:定員170名

[農研機構 九州沖縄農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/08/042377.html

 

中央農業総合研究センターシンポジウム
「転換期の水田農業とその展開方向」
場所:滝野川会館(東京都北区)
参加費無料
事前登録必要:11月26日(月曜日)まで(当日受付可)

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/10/044402.html

 

研究成果発表会(福岡)
「臭化メチル剤から完全に脱却した産地適合型栽培マニュアルの開発」
場所:都久志会館ホール(福岡県福岡市)
参加費無料、事前申込必要(当日受付可)

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/08/041681.html

 

アグリビジネス創出フェア in Hokkaido
-北海道の食と農の明日へ-
場所:サッポロファクトリー(北海道札幌市)
参加費無料

[NPO法人グリーンテクノバンク]
(PDF:85.87KB)
http://www.gtbh.jp/news/abf/2012/24-youryou.pdf

 

農林水産祭 優秀農林水産業者に係るシンポジウム
場所:石垣記念ホール(東京都港区)
参加費無料
事前申込必要:12月7日(金曜日)まで(先着180名)

[農林水産省]
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/hodo/121126.html

 

研究成果発表会
「農林水産業は気候変動にどう対応するか?」
場所:東京国際フォーラム ホールD7、ホールD5(東京都千代田区)
参加費無料
事前申込必要:12月7日(金曜日)17時まで

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/121105.htm

 

農研機構産学官連携交流セミナー
「高品質な花きを安定的かつ効率的に生産するための最新技術」
場所:日本教育会館707号会議室(東京都千代田区)
参加費無料
事前申込必要:先着60名

[農研機構]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/10/044371.html

 

九州沖縄農研 アグリネットワーク・フォーラム
「6次産業化のキーテクノロジー~地域の活性化に役立ちます~」
場所:鶴屋百貨店 東館7階 鶴屋ホール(熊本県熊本市)
参加費無料
事前申込必要:12月7日(金曜日)まで

[農研機構 九州沖縄農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/11/044748.html

 

「魚の国のしあわせ」プロジェクト「おさかな会議2012~お魚のある食卓~」
場所:農林水産省本館7階共用第10会議室(東京都千代田区)
参加費無料
事前申込必要:12月3日(月曜日)12時必着(定員30名程度)

[水産庁]
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kikaku/121126.html

 

セミナー「農産物の国際市場の発展と今後の方向:食料の安定供給に関する含意」
場所:農林水産政策研究所セミナー室(東京都千代田区)
参加費無料
事前申込必要:12月11日(火曜日)まで(定員100名)

[農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2012/20121214.html

 

第9回東北病理談話会
場所:七戸町商工会館2階会議室(青森県上北郡七戸町)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 動物衛生研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/11/044733.html

 

研究成果報告会
「EUにおける地理的表示の保護-フランス、スペイン、ドイツの取組の状況-」
場所:農林水産政策研究所セミナー室(東京都千代田区)
参加費無料
事前申込必要:12月13日(木曜日)17時まで(定員100名)

[農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2012/121218.html

 

農研機構果樹研究所・果樹試験研究推進協議会合同シンポジウム
「ミカン色素β-クリプトキサンチンの研究成果を新たな需要創出につなげる」
場所:中央合同庁舎第4号館12階農林水産省会議室1・2(東京都千代田区)
参加費無料
事前申込必要:12月10日(月曜日)17時まで(先着100名程度)

[農研機構]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/11/044630.html

 

りんごの特別栽培で新たに顕在化した害虫の合理的防除に関する検討会
場所:紫波町情報交流館(オガールプラザ)大スタジオ(岩手県紫波郡紫波町)
参加費無料
事前申込必要:12月14日(金曜日)まで(定員150名)

東北地域の特別栽培りんご産地において新たに顕在化している害虫の発生生態、被害実態と実践的な防除対策等について研究者から発表し、栽培農家の方と意見交換を行い、りんご特別栽培防除暦への反映に向けた検討を行います。

[農研機構 東北農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/11/044828.html

 

アグリビジネス創出フェアin東海
場所:名古屋大学 野依記念学術交流館 1階会議室、2階カンファレンスホール(愛知県名古屋市)
参加費無料
事前申込必要:12月10日(月曜日)17時まで

[特定非営利活動法人 東海地域生物系先端技術研究会]
http://www.biotech-tokai.jp/news/nwsdet.php?id=173

 

第9回果樹研フルーツセミナー-カンキツの新品種と普及について考える-
場所:南青山会館(東京都港区)
参加費無料
事前申込必要:定員200名程度

[農研機構 果樹研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/11/044629.html

 

新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
「被害リスクに応じたウリ科野菜ホモプシス根腐病の総合防除技術の確立」成果発表会
場所:盛岡市民文化ホール(マリオス) 1階 小ホール(岩手県盛岡市)
参加費無料
事前申込必要:12月14日(金曜日)まで(定員350名)

東北地域のウリ科野菜産地で被害が拡大しているホモプシス根腐病について、新たに開発した、圃場汚染の診断手法と、予防的に取り組みやすい被害緩和手法を組み合わせた総合防除技術体系についての成果を発表し、技術普及に向けた意見交換を行います。

[農研機構 東北農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/11/044675.html

 

第267回鶏病事例検討会
場所:農研機構 動物衛生研究所 講堂(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 動物衛生研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/09/043787.html

 

農研機構セミナー2012
「6次産業化に不可欠な流通加工研究の推進に向けて」
場所:農林水産技術会議事務局筑波事務所 本館3階展示会議室(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込必要:定員150名

[農研機構 食品総合研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/11/044727.html

 

第43回 北洋研究シンポジウム
「北海道の水産の魅力と将来に向けて」
場所:北海道大学学術交流会館小講堂(北海道札幌市)
参加費無料
事前申込必要:12月10日(水曜日)必着(定員180名程度)

[水産総合研究センター 北海道区水産研究所]
http://hnf.fra.affrc.go.jp/event/hokuyosympo.html

 

「第31回近赤外講習会(中級・上級コース)」
「第77回食品技術講習会」
場所:食品総合研究所 管理棟 第1会議室(茨城県つくば市)
参加費無料
事前申込必要:12月17日(月曜日)必着(定員50名程度)

[農研機構 食品総合研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/11/044685.html

 

研究会等を含む、より詳細なリストをご覧いただけます。
http://sto.affrc.go.jp/event/calender

 

6)刊行物 

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
(PDF:324.80KB)
http://sto.affrc.go.jp/files/ric/news/news_73.pdf

 

  • 巻頭言
    ◇食品クラスターについて
  • 研究成果
    ◇英国における生乳取引制度の変遷と生産者組織の役割
  • 農林水産政策科学研究委託事業
    ◇地域特性を踏まえた自助・共助・公助の総合的評価および共助を支援する政策・施策の展開方法に関する研究
  • セミナー概要紹介
    ◇中国の三農問題と飼料需給問題
    ◇ブラジル農業とアグリビジネス
  • ブックレビュー
    ◇皆川治著 『被災、石巻五十日。霞ヶ関官僚による現地レポート』

[農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/koho/seika/review/review50.html

 

  • 表紙・目次
  • 研究成果の概要
  • 過去の復興事例に関する分析結果
    ◇雲仙普賢岳の噴火
    ◇北海道南西沖地震(奥尻島)
    ◇阪神・淡路大震災
    ◇三宅島雄山の噴火
    ◇新潟県中越地震(旧山古志村等)
    ◇昭和三陸津波
  • 大区画圃場整備を契機とした担い手確保に関する分析結果

[農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/koho/seika/project/zirei.html

 

  • 研究情報
    ◇「イノシシの農業被害リスクマップをつくる」
  • プロジェクト情報
    ◇SSRマーカーを用いたいもち病菌の個体識別
     ◇農作業ロボットによる超省力作業体系の構築
  • トピックス
    ◇異分野融合・テクノコロキウム開催報告
    ◇市民講座開講案内
    ◇オープンラボ(開放型研究施設)案内

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/laboratory/narc/news/044726.html

 

 

  • 特集「研究所が育んだ野菜品種」
    野菜茶業研究所が育んだ野菜品種の紹介、野菜茶業研究所の動き、野菜の機能性について紹介しています。

[農研機構 野菜茶業研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/laboratory/vegetea/news/044686.html

 

 

北海道で最もおいしい高級ブランド米である「おぼろづき」、「ゆめぴりか」の食味レベルをそのままに、両品種の弱点である登熟気温の変化にともなう食味の不安定さを解決した初めての品種です。

[農研機構 北海道農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/pamphlet/kind-pamph/044776.html

 

従来品種と比べて糖分が高く、製糖歩留りに優れる、てんさい新品種です。

[農研機構 北海道農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/laboratory/harc/044778.html

 

  • 若手研究者研究紹介
    ◇瀬戸内海西部のハモの資源管理に向けた取り組み
    ◇海のふしぎ発見~赤潮は毎日浮いたり沈んだりする~
    ◇ガザミの種苗生産で発生する大量死の防除技術の開発にむけて
    ◇動物の“移動分散”のメカニズムを水産増養殖に生かす
  • イベント報告
    ◇平成24年度研究所一般公開 開催報告
    ◇総合学習「いきいき学級」干潟観察会

[水産総合研究センター 瀬戸内海区水産研究所]
http://feis.fra.affrc.go.jp/publi/setotsuu/index.html

 

[水産総合研究センター 開発調査センター]
(PDF:1.50MB)
http://jamarc.fra.affrc.go.jp/enganbiz/newsletter/newsletter_list/newsletter_no7_201211.pdf

 

7)編集後記 

少々早いですが、先週末から部屋の模様替えを兼ねた年末(?)の大掃除を始めました。大掃除や模様替えを始めると出てくる、昔読んだ懐かしい本を見ると、つい中断して読書を始めてしまう事が多いのは私の悪い癖です。
昨年はそのおかげで越年してしまった大掃除。今年こそは年内に終わらせよう!と意気込み、少し早めに取りかかってみたのでした。(お)

 


 

「食と農の扉」「農と食のサイエンス」「農林水産研究開発のすがた」「最近の主な研究成果」などの刊行物がダウンロードできます。
是非ご利用下さい。

 

【編集発行】
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省 農林水産技術会議事務局 総務課
TEL:03-3502-7407

 


 

(おまけ) 

12月の壁紙 球根ベゴニア

[農研機構 花き研究所]
http://www.fra.affrc.go.jp/fun/index.html

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局総務課
代表:03-3502-8111(内線5847)
ダイヤルイン:03-3502-7407
FAX:03-5511-8622

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図