English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「食と農の研究メールマガジン」 > バックナンバー > 「食と農の研究メールマガジン」第128号(2012年7月15日号)


ここから本文です。

「食と農の研究メールマガジン」第128号(2012年7月15日号)

目次

1)トピックス

2)メッセージ

3)農林水産技術会議事務局の動き

4)新しい技術や研究成果の紹介

5)東日本大震災に関するホームページの紹介

6)イベント情報

7)刊行物

8)編集後記

おまけ

1)トピックス 

農林水産省は、今年3月に、近年の研究成果のうち早急に生産現場に普及すべきものを「農業新技術2012」として選定し公表したところです。
このたび、「農業新技術2012」で選定した技術の普及を図るため、農業生産者や技術指導に取組む地域の農業指導者を対象に、「農業新技術2012」で選定した技術を分かりやすく解説した「農業新技術2012解説編」を取りまとめました。
また、本年は、東日本大震災による農業被災の復旧・復興を支援するため、農地の復旧・復興に資する技術を「震災復興等を支援する技術」として「農業新技術2012」に併載しており「農業新技術2012解説編」ではそれらの技術についても解説を掲載しております。
農業生産者の皆さま、生産現場で普及指導に取組む農業指導者におかれましては、生産現場への技術導入や震災復旧・復興、災害対応の技術資料としてご活用いただきますようお願いします。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/120706_1.htm 

 

2)メッセージ 

「シュッコンカスミソウの国産品種「アルタイル」の育成および普及」

切り花の主要品目であるシュッコンカスミソウにおいて、花持ちの良い(花の観賞期間が長い)新品種を開発し、普及させた事例です。従来の品種開発では栽培のし易さなどの生産者側に主眼をおいた開発がなされていましたが、花持ちという消費者側の視点に主眼をおいた開発を行いました。また、産地に対しては積極的な栽培技術の普及活動を、市場や消費者には品種の普及活動に取り組むなど、業界内ではあまり例のないトータル的な市場の形成を目指した独創的な活動を実施し、国産品種の普及に大きく貢献しております。 

株式会社ミヨシ 八ケ岳研究開発センター
谷一道、羽田野昌二

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/mg/mg120715/contents_01.htm

 

3)農林水産技術会議事務局の動き

農林水産省は、東日本大震災における東京電力福島第1原子力発電所の事故を受け、緊急に実施すべき放射性物質関係の研究について、「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業」の「緊急対応研究課題」として研究対象を設定し、研究実施機関(研究グループ)の公募を行い、委託先を決定しました。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/120706.htm

 

農林水産省は、独立行政法人 農業生物資源研究所との共催により、平成24年7月23日(月曜日)、東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホールにおいて、シンポジウム「ゲノム情報を活用した作物の新品種開発の最前線」を開催します。都道府県、大学、民間企業などで新品種開発に取り組んでおられる研究者、6次産業化等農業の成長産業化に関心の高い農業関係者をはじめ多数の参加をお待ちしています。
シンポジウムの詳細及び参加申込み等は、ホームページをご覧下さい。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/120608.htm

 

4)新しい技術や研究成果の紹介  

「京の輝き」は、大粒で良質なイネ系統を多数保有する農研機構と、酒造組合との連携により酒造適性による選抜が可能な京都府との共同研究により生まれました。掛米として従来使われている品種(「日本晴」、「祭り晴」)より多収、大粒で、タンパク質含有量も低く、造られた酒は、味、香りともに優れます。
京都府における新たな地域ブランド清酒が展開され、清酒及び米の需要拡大に繋がることが期待されます。

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/narc/040519.html

 

幼若ホルモン(JH)は、「Kr-h1」という、昆虫の「変身(変態)」を抑える遺伝子のスイッチをオンにして働かせることが知られています。
生物研では、カイコを用いて、そのスイッチのしくみを世界で初めて明らかにしました。
JHは、「MET」と「SRC」の2種類のタンパク質を介して、「Kr-h1」遺伝子の「JH応答配列」に結合し、この遺伝子のスイッチをオンにします。このスイッチのしくみは多くの昆虫に共通なものと考えられます。
本研究成果を応用し、JHの作用を妨げる物質の効率的なスクリーニング法を開発しました。本法を用いて、狙いの害虫にのみ効果を示し、他の昆虫には悪影響の少ない薬剤(抗JH剤)の開発が期待されます。

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/press/20120629/

 

昆虫病原細菌が作る殺虫性タンパク質(Bt毒素)に対する抵抗性遺伝子をカイコで突き止めました。
消化管で働くABCトランスポーターのタンパク質にアミノ酸1個が挿入されると、カイコはBt毒素抵抗性になることがわかりました。BT剤に対する害虫の抵抗性の多くは、ABCトランスポーターの変異が原因と推定され、抵抗性発達の原因究明や対応方法研究の進展が期待されます。

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/press/20120706/

 

昆虫に病気を引き起こすカビから、昆虫の脱皮を引き起こす「脱皮ホルモン」を分解する酵素を発見しました。
この酵素を使って、重要害虫を含む様々な昆虫の脱皮、変態を阻害したほか、ガの一種では休眠(冬眠)を人為的に引き起こすことに成功しました。
この酵素を利用することにより、新しい農薬の開発のほか、カイコで有用物質を効率的に生産する技術、有用昆虫を長期保存する技術の開発が進むと期待されます。

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/press/20120709/

 

独立行政法人水産総合研究センターでは、ホタテ貝の内臓やノリに含まれるマイコスポリン様アミノ酸(Mycosporine-like amino acids)に、紫外線吸収活性作用の他、創傷治癒促進や皮膚老化防止等に役立つ繊維芽細胞の増殖促進作用があることを発見し、ホタテ貝の内臓やノリから効率的に「繊維芽細胞増殖促進剤」を製造する技術を開発しました。
本技術を活用して製造した「繊維芽細胞増殖促進剤」は、創傷治癒促進や皮膚老化防止等を目的とした医薬品、化粧品、浴用剤、飲食品等の有用な構成原料として利用することができます。
その他、農林水産関連独立行政法人のライセンス可能な特許を紹介しています。

[農林水産大臣認定TLO 農林水産・食品産業技術振興協会]
http://www.afftis.or.jp/IP/patent/new.html

 

5)東日本大震災に関するホームページの紹介 

東日本大震災の被災対策として、当面の農作業に関し、農家に対する技術指導を行う際の参考となる事項や、復旧・復興のため自治体等が実施する取組に資する技術情報について紹介しています。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/nogyo_gizyutu.htm

 

農林水産省では、この度の東日本大震災の発生に伴い、積極的な情報提供をおこなっていくため、各種ホームページを開設しておりますので、ご利用ください。
(全て農林水産省へのリンク)

[東日本大震災に関する情報のページ]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

[東日本大震災の被害に関する相談窓口について]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/madoguti.html

[農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果(随時更新)]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

 

6)イベント情報 

青少年・消費者向けイベント

子ども樹木博士にチャレンジ!
場所:森林総合研究所(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込必要:午前の部、午後の部ともに定員30名

[森林総合研究所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/event/2012/20120721jumoku/documents/poster.pdf

 

つくばちびっ子博士「キミも昆虫博士!?~夏休みに知ろう虫の研究~」
場所:農業生物資源研究所(大わし地区)管理棟2階輪講室ほか(茨城県つくば市)
参加費無料
事前申込必要:往復ハガキ(7月20日(金曜日)消印有効)、各回定員20名(応募多数の場合は抽選)

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/chibikko2012/

 

つくばちびっ子博士「昆虫採集教室」(各20名)
場所:農業環境技術研究所(茨城県つくば市)
対象:小学3年生~中学生
参加費無料
事前申込必要:7月18日(水曜日)必着(応募多数の場合は抽選)

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/event/2012/chibikko2012_info.html

 

水産総合研究センター 日本海区水産研究所 宮津庁舎 施設公開
場所:(独)水産総合研究センター日本海区水産研究所 宮津庁舎
京都府農林水産技術センター海洋センター(京都府宮津市)
参加費無料、一部イベントを除き事前申込不要

[水産総合研究センター 日本海区水産研究所]
http://jsnfri.fra.affrc.go.jp/event/h24ottp-miyazu/

 

夏休み公開(つくば地区)-感じよう!「自然の恵みと農の知恵」-
場所:食と農の科学館(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/07/040556.html

 

市民と研究者が一緒に考える遺伝子組換え
場所:農業生物資源研究所(本部地区)、構造生物学研究棟付属施設(アネックス)2階 共用第3会議室(茨城県つくば市)
参加費無料
事前申込必要:7月18日(水曜日)まで(定員30名)

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/gmo/ap01.pdf

 

第41回立田山森のセミナー「森の虫の調べ方」
場所:森林総合研究所九州支所研修室(熊本県熊本市)
参加費無料、事前申込必要:7月26日(木曜日)まで(定員20名)

[森林総合研究所 九州支所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/kys/event/20120728.html

 

夏休み昆虫教室「しらべてみよう!昆虫のふしぎ」
場所:森林総合研究所(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込必要:各回定員30名

[森林総合研究所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/event/2012/20120804konchuu/index.html

 

森林講座「中国の木材産業のすがた」
場所:多摩森林科学園(東京都八王子市)
参加費無料(ただし、入園料として300円が必要です)
事前申込必要:7月21日(土曜日)必着(定員40名)

[森林総合研究所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/event/2012/20120804tamalec/index.html

 

平成24年度瀬戸内海区水産研究所一般公開
「もっと知りたい!瀬戸内海2012」
場所:水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所 廿日市庁舎(広島県廿日市)
参加費無料、事前申込不要

[水産総合研究センター 瀬戸内海区水産研究所]
http://feis.fra.affrc.go.jp/event/h24koukai/h24kaisai/index.html

 

つくばちびっ子博士「展示館見学」
場所:農業環境技術研究所(茨城県つくば市)
対象:小学生・中学生
参加費無料、事前申込不要

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/event/2012/chibikko2012_info.html#ten

 

平成24年度「子ども霞が関見学デー」
受付場所:農林水産省本館 本館正面玄関(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込不要

[農林水産省]
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/koho/120625.html

 

中央農研市民講座「お米のおいしさを測る」
場所:食と農の科学館(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要(定員:70名)

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/06/040444.html

 

つくばちびっ子博士「キミも昆虫博士!?~夏休みに知ろう虫の研究~」
場所:農業生物資源研究所(大わし地区)管理棟2階輪講室ほか(茨城県つくば市)
参加費無料
事前申込必要:往復ハガキ(7月20日(金曜日)消印有効)、各回定員20名(応募多数の場合は抽選)

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/chibikko2012/

 

つくばちびっ子博士「展示館見学」
場所:農業環境技術研究所(茨城県つくば市)
対象:小学生・中学生、参加費無料、事前申込不要

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/event/2012/chibikko2012_info.html#ten

 

平成24年 野菜茶業研究所金谷茶業研究拠点一般公開
場所:野菜茶業研究所金谷茶業研究拠点(静岡県島田市)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 野菜茶業研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/06/040317.html

 

セミナー・シンポジウム・研究会等

第187回つくば病理談話会
場所:農研機構 動物衛生研究所 大会議室(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要(初めて参加の方は要問い合わせ)

[農研機構 動物衛生研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/06/040436.html

 

第87回JPCスライドセミナー
場所:農研機構 動物衛生研究所 大会議室(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 動物衛生研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/06/040435.html

 

食総研・産総研ジョイントシンポジウム2012-食品の放射能測定の信頼性確保に向けて-
場所:星陵会館ホール(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:先着200名まで

[農研機構 食品総合研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/04/029699.html

 

シンポジウム「ゲノム情報を活用した作物の新品種開発の最前線」
場所:東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール(東京都文京区)
参加費無料
事前申込必要:7月19日(木曜日)17時まで(定員500名)

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/120608.htm

 

研究成果報告会「アメリカ2012年農業法をめぐる最近の動き」
場所:農林水産政策研究所セミナー室(東京都千代田区)
参加費無料
事前申込必要:7月20日(金曜日)まで(定員100名)

[農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2012/120724.html

 

2012年度第2回 農研機構産学官連携交流セミナー
場所:日本教育会館 707号会議室(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:定員60名

[農研機構]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/06/039829.html

 

平成24年度トウモロコシ不耕起播種機に関する現地検討会
場所:群馬県畜産試験場(群馬県前橋市)
参加費無料、事前申込必要:7月17日(火曜日)まで

[農研機構 生物系特定産業技術研究支援センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/07/040548.html

 

森林総合研究所 東北支所 特別シンポジウム「海岸林の再生に向けて」
場所:ホテル東日本 青雲の間(岩手県盛岡市)
参加費無料、事前申込不要(定員約80名)

[森林総合研究所 東北支所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/thk/events/20120727.html

 

市民と研究者が一緒に考える遺伝子組換え
場所:農業生物資源研究所(本部地区)、構造生物学研究棟付属施設(アネックス)2階 共用第3会議室(茨城県つくば市)
参加費無料
事前申込必要:7月18日(水曜日)まで(定員30名)

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/gmo/ap01.pdf

 

平成24年度トウモロコシ不耕起播種機に関する現地検討会
場所:群馬県畜産試験場(徳島県徳島市)
参加費無料、事前申込必要:7月17日(火曜日)まで

[農研機構 生物系特定産業技術研究支援センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/07/040549.html

 

第8回果樹研フルーツセミナー 果樹栽培技術の最前線
場所:SHOYO貸会議室4階、生産者園地(神奈川県藤沢市)
参加費無料、事前申込必要:7月23日(月曜日)まで(定員30名)

[農研機構 果樹研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/07/040537.html

 

セミナー「中国の三農問題と飼料需給問題」
場所:農林水産政策研究所セミナー室(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:8月23日(木曜日)まで(定員100名)

[農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2012/120827.html

 

農研機構水田農業フォーラム「東北・北海道地域における低コスト稲作を考える-北国の大規模水田農業を支える水稲乾田直播-」
場所:青森市男女共同参画プラザ「カダール」(青森県青森市)
参加費無料、事前申込必要:8月21日(火曜日)まで(定員300名)

[農研機構 東北農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/07/040868.html

 

第163回農林交流センターワークショップ「PCR-DGGEによる土壌微生物相解析」
場所:農林水産技術会議事務局 筑波事務所 筑波農林研究交流センター第1セミナー室及び研修実験室(茨城県つくば市)
コーディネーター:農業環境技術研究所 生物生態機能研究領域 主任研究員 吉田 重信 氏
参加費無料、参加申込必要:7月27日(金曜日)まで

[農林水産技術会議事務局 筑波事務所]
http://sto.affrc.go.jp/event/workshop/163ws

 

第164回農林交流センターワークショップ「次世代シーケンサーを利用した配列解読とデータ解析」
コーディネーター:(独)農業生物資源研究所 農業生物先端ゲノム研究センター
ゲノムインフォマティックスユニット長 伊藤 剛 氏
先端ゲノム解析室長 片寄 裕一 氏
参加費無料、事前申込必要:8月3日(金曜日)まで

[農林水産技術会議事務局 筑波事務所]
http://sto.affrc.go.jp/event/workshop/164ws

 

NIASオープンカレッジ(全15回)
場所:主婦会館プラザエフ 3階 コスモス(東京都千代田区)
参加費無料
事前申込必要:8月27日(月曜日)まで 原則として先着定員90名

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/opencollege

 

研究会等を含む、より詳細なリストをご覧いただけます。

http://www.affrc.go.jp/ja/news_event/event

 

7)刊行物 

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
(PDF:390.74KB)
http://sto.affrc.go.jp/files/ric/news/news_no69.pdf

 

[農業生物資源研究所]
(PDF:7.87MB)
http://www.nias.affrc.go.jp/newsletter/shiryou/shiryou_9.pdf

 

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/magazine/147/

 

[国際農林水産業研究センター]
http://www.jircas.affrc.go.jp/kankoubutsu/JARQ/Vol_index/46_03.html

 

[森林総合研究所 九州支所]
(PDF:17.80MB)
http://www.ffpri-kys.affrc.go.jp/kysmr/data/mr100.pdf

 

8)編集後記 

梅雨末期ともなると五月に植えた野菜苗が一斉に収穫の時期となってきます。ここのところしばらくは「キュウリ」のばっかり食いが、次に「茄子」、「オクラ」、「・・・」へと続いていきます。
長期保存が出来れば良いのですが、漬け物をマスターしようかなとも考えているところです(KO)。


「食と農の扉」「農と食のサイエンス」「農林水産研究開発のすがた」「最近の主な研究成果」などの刊行物がダウンロードできます。
是非ご利用下さい。

http://www.s.affrc.go.jp/docs/kankoubutu.htm

 

【編集発行】
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省 農林水産技術会議事務局 総務課
TEL:03-3502-7407

(おまけ) 

7月の壁紙 スズキの幼魚(セイゴ)

[水産総合研究センター]
http://www.fra.affrc.go.jp/fun/index.html

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局総務課
代表:03-3502-8111(内線5847)
ダイヤルイン:03-3502-7407
FAX:03-5511-8622

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図