English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「食と農の研究メールマガジン」 > バックナンバー > 「食と農の研究メールマガジン」第127号(2012年7月1日号)


ここから本文です。

「食と農の研究メールマガジン」第127号(2012年7月1日号)

目次

1)トピックス

2)メッセージ

3)農林水産技術会議事務局の動き

4)新しい技術や研究成果の紹介

5)東日本大震災に関するホームページの紹介

6)イベント情報

7)刊行物

8)編集後記

おまけ

1)トピックス 

農林水産省では、早急に農業生産現場へ普及する必要がある技術を「農業新技術200X」として毎年、選定・公表しておりますが、その際、各地域の農業関係の研究機関が開発した研究成果を収集しています。
収集した研究成果は、開発した研究機関が所在する地域以外においても活用が期待されることから、このたび、農林水産技術会議事務局のホームページに掲載し情報提供します。
農業生産者の皆さま、生産現場で普及指導に取り組む農業指導者等におかれましては、地域の農業生産上の問題点を解決するツールとしてご活用下さい。なお、研究成果は順次追加していきますので、ホームページでご確認ください。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/useful_recent/useful_recent.htm

 

農林水産省では、「食料及び農業のための植物遺伝資源条約」(ITPGR)への加盟に向け、ITPGRが目的とする、育種・研究活動に係る関係者間での情報共有及び加盟に伴う影響等を議論するため、世界有数の遺伝資源の保有国であり、既にITPGRに加盟8年の英国から、ITPGRの制度の導入に実際に携わった政策担当者と、植物遺伝資源を実際に保全、提供、利用している研究機関の担当者をお招きして、以下のとおりワークショップを開催いたします。

開催日時:平成24年7月18日(水曜日)13時30分~17時00分
開催場所:大手町ファーストスクエアカンファレンス RoomC
講演内容:「ITPGR概要」、「農業生物資源研究所遺伝資源センターの取組」、「英国におけるITPGR制度の導入及び運用」、「ITPGR加盟による英国研究機関の取組」
参加費:無料
お問合せ:7月12日(木曜日)までに下記宛てにご連絡ください。

農林水産技術会議事務局 技術政策課 知的財産班
電話番号(直通):03-3502-7436(担当:八木橋)

 

2)メッセージ 

「新規農薬製剤「プルート®MC」の開発と普及」

茶の難防除害虫に対して高い効果を示す新規農薬製剤を開発したものです。飛散リスクが小さく防除効果の高いマイクロカプセル製剤を世界に先駆けて開発するとともに、農薬残液と容器の回収システムを農薬で初めて確立するなど、新たな販売・普及体制を築いております。

住友化学株式会社
黒田幸生、津田尚己、齊藤修省、中村知史、諫山真二

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/mg/mg120701/contents_01.htm

 

3)農林水産技術会議事務局の動き 

農林水産省は、独立行政法人 農業生物資源研究所との共催により、平成24年7月23日(月曜日)、東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホールにおいて、シンポジウム「ゲノム情報を活用した作物の新品種開発の最前線」を開催します。都道府県、大学、民間企業などで新品種開発に取り組んでおられる研究者、6次産業化等農業の成長産業化に関心の高い農業関係者をはじめ多数の参加をお待ちしています。
シンポジウムの詳細及び参加申込み等は、ホームページをご覧下さい。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/120608.htm

 

4)新しい技術や研究成果の紹介  

農研機構 野菜茶業研究所および公益財団法人かずさDNA研究所を含む14カ国が参加する国際トマトゲノム解読コンソーシアムにより、トマトの全ゲノム配列が解読されました。解読されたゲノム情報の活用により、品種改良の研究が加速すると期待されます。

[農研機構]
http://www.naro.affrc.go.jp/project/research_activities/laboratory/vegetea/040000.html

[かずさDNA研究所]
http://www.kazusa.or.jp/j/information/news20120531.html

 

(独)農業生物資源研究所、プライムテック株式会社及び(独)理化学研究所は、遺伝子組換え技術と体細胞クローン技術の利用により、免疫に関与する遺伝子が欠損した免疫不全ブタの開発に、世界で初めて成功しました。
今回の免疫不全ブタの成功は、小動物のマウスのみで可能であった免疫不全動物の開発を、ヒトとの類似性がより高い大型動物であるブタへ発展させることを可能とした大きな一歩です。また、抗体医薬品開発への利用、再生医療におけるiPS細胞由来のヒト培養細胞の長期安全性試験、実用的なヒト組織や臓器の再生に向けた最初の一歩としても、今後の活用が期待されます。

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/press/20120611/

 

細胞を生きたまま半永久的に保存する超低温保存技術は、家畜の精子や胚といった遺伝資源の保存での活用も期待されています。
今回、(株)機能性ペプチド研究所と(独)農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所の共同研究チームは、血清などの生体材料を含まない完全合成ガラス化保存液キットを作製し、これを用いて液体窒素中で超低温保存したブタ体外受精胚を借り腹の雌ブタ(受胚豚)に移植し、受胎・出産に成功しました。
完全合成保存液キットを用いることにより、これまでの方法より低コストで効率的に胚を保存できるようになり、また、受精卵移植を介した感染リスクを低減して、安全・安心な子豚生産に貢献することが期待されます。

[農研機構 動物衛生研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/niah/040326.html

 

国土地理院が提供・配信する電子国土基本図等を利用したGISソフトウェアとGISコンテンツの中から優れたものを表彰する『電子国土賞』の受賞作品が決定し、農業環境技術研究所が構築した「歴史的農業環境閲覧システム」がコンテンツ部門を受賞しました。
「歴史的農業環境閲覧システム」は、明治初期に作成された「第一軍管地方二万分一迅速測図」を現在の位置情報と重ねあわせ可能なGISデータに変換し、作成したデータを一般の方にも閲覧しやすいWebGISとして公開したものです。

[電子国土賞]
http://psgsv.gsi.go.jp/koukyou/G-award/index.html

 

5)東日本大震災に関するホームページの紹介 

東日本大震災の被災対策として、当面の農作業に関し、農家に対する技術指導を行う際の参考となる事項や、復旧・復興のため自治体等が実施する取組に資する技術情報について紹介しています。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/nogyo_gizyutu.htm

 

農林水産省では、この度の東日本大震災の発生に伴い、積極的な情報提供をおこなっていくため、各種ホームページを開設しておりますので、ご利用ください。
(全て農林水産省へのリンク)

[東日本大震災に関する情報のページ]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

[東日本大震災の被害に関する相談窓口について]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/madoguti.html

[農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果(随時更新)]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

 

6)イベント情報 

青少年・消費者向けイベント

熱研一般公開「石垣から世界へ よりよい農業環境のために」
場所:国際農林水産業研究センター 熱帯・島嶼研究拠点(沖縄県石垣市)
参加費無料、事前申込不要

[国際農林水産業研究センター]
(PDF:1.82MB)
http://www.jircas.affrc.go.jp/event/pdf/e20120701.pdf

 

北農研公開デー(一般公開)「のぞいてみよう!農業研究」
場所:北海道農業研究センター(北海道札幌市)
参加費無料、事前申込み不要

[農研機構 北海道農業研究センター]
(PDF:1.69MB)
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/harc/040357.html

 

森林総合研究所 平成24年度一般公開
場所:森林総合研究所北海道支所(北海道札幌市)
参加費無料、一部のイベントを除き事前申込不要

[森林総合研究所 北海道支所・林木育種センター北海道育種場・森林農地整備センター札幌水源林整備事務所]
(PDF:645.19KB)
http://www.ffpri.affrc.go.jp/hkd/research/documents/2012ippankoukai-poster.pdf

 

中央農研市民講座「田んぼで大豆や野菜を楽に安定して作る」
場所:食と農の科学館(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要(定員:70名)

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/05/039719.html

 

平成24年度ソバセミナー
場所:新得町公民館 ふれあいホール(北海道上川郡新得町)
参加費無料、事前申込必要:7月5日(木曜日)まで

[農研機構 北海道農業研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/06/040369.html

 

つくばちびっ子博士「キミも昆虫博士!?~夏休みに知ろう虫の研究~」
場所:農業生物資源研究所(大わし地区)管理棟2階輪講室ほか(茨城県つくば市)
参加費無料
事前申込必要:往復ハガキ(7月20日(金曜日)消印有効)各回定員20名(応募多数の場合は抽選)

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/chibikko2012/

 

水産総合研究センター 日本海区水産研究所 宮津庁舎 施設公開
場所:(独)水産総合研究センター日本海区水産研究所 宮津庁舎京都府農林水産技術センター海洋センター(京都府宮津市)
参加費無料、一部イベントを除き事前申込不要

[水産総合研究センター 日本海区水産研究所]
http://jsnfri.fra.affrc.go.jp/event/h24ottp-miyazu/

 

市民と研究者が一緒に考える遺伝子組換え
場所:農業生物資源研究所(本部地区)、構造生物学研究棟付属施設(アネックス)2階 共用第3会議室(茨城県つくば市)
参加費無料
事前申込必要:7月18日(水曜日)まで(定員30名)

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/gmo/ap01.pdf

 

平成24年度「子ども霞が関見学デー」
受付場所:農林水産省本館 本館正面玄関(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込不要

[農林水産省]
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/koho/120625.html

 

中央農研市民講座「お米のおいしさを測る」
場所:食と農の科学館(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要(定員:70名)

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/06/040444.html

 

つくばちびっ子博士「キミも昆虫博士!?~夏休みに知ろう虫の研究~」
場所:農業生物資源研究所(大わし地区)管理棟2階輪講室ほか(茨城県つくば市)
参加費無料
事前申込必要:往復ハガキ(7月20日(金曜日)消印有効)各回定員20名(応募多数の場合は抽選)

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/chibikko2012/

 

平成24年 野菜茶業研究所金谷茶業研究拠点一般公開
場所:野菜茶業研究所金谷茶業研究拠点(静岡県島田市)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 野菜茶業研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/06/040317.html

 

セミナー・シンポジウム・研究会等

生物多様性研究領域特別セミナー
場所:農業環境技術研究所 5階 547会議室(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/rplan/library/seminar/info1207.html#tayousei0705

 

世界作物FACEワークショップ2012(World Crop FACE Workshop2012)
場所:つくば国際会議場(エポカルつくば)(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/sympo/h24/20120709.html

 

沿岸域における漁船漁業ビジネスモデル研究会 第2回研究大会
場所:クイーンズフォーラム会議室(神奈川県横浜市)
参加費無料、事前登録必要

[水産総合研究センター 開発調査センター]
http://jamarc.fra.affrc.go.jp/enganbiz-sympo2012/index.htm

 

第51回ガンマーフィールドシンポジウム「変異体解析による作物の形態に関与する遺伝子の解明」
場所:三の丸ホテル 2階「リトル」(茨城県水戸市)
主催:農業生物資源研究所
参加費無料、事前登録必要

[ガンマーフィールドシンポジウム]
http://www.gamma-field51.jp/index.html

 

セミナー「地域における新産業創出への挑戦~農村地域の内発的発展を求めて~」
場所:農林水産政策研究所セミナー室(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:7月11日(水曜日)まで(定員100名)

[農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2012/120713.html

 

研究成果報告会「カナダ及びオーストラリアのカーボン・オフセット制度における農業分野の取組」
場所:農林水産政策研究所セミナー室(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:7月12日(木曜日)まで(定員100名)

[農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2012/120717.html

 

第87回JPCスライドセミナー
場所:農研機構 動物衛生研究所 大会議室(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 動物衛生研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/06/040435.html

 

第187回つくば病理談話会
場所:農研機構 動物衛生研究所 大会議室(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要(初めて参加の方は要問い合わせ)

[農研機構 動物衛生研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/06/040436.html

 

食総研・産総研ジョイントシンポジウム2012-食品の放射能測定の信頼性確保に向けて-
場所:星陵会館ホール(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:先着200名まで

[農研機構 食品総合研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/04/029699.html

 

シンポジウム「ゲノム情報を活用した作物の新品種開発の最前線」
場所:東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール(東京都文京区)
参加費無料
事前申込必要:7月19日(木曜日)17時まで(定員500名)

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/120608.htm

 

2012年度第2回 農研機構産学官連携交流セミナー
場所:日本教育会館 707号会議室(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:定員60名

[農研機構]
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2012/06/039829.html

 

市民と研究者が一緒に考える遺伝子組換え
場所:農業生物資源研究所(本部地区)、構造生物学研究棟付属施設(アネックス)2階 共用第3会議室(茨城県つくば市)
参加費無料
事前申込必要:7月18日(水曜日)まで(定員30名)

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/gmo/ap01.pdf

 

第163回農林交流センターワークショップ「PCR-DGGEによる土壌微生物相解析」
場所:農林水産技術会議事務局 筑波事務所 筑波農林研究交流センター第1セミナー室及び研修実験室(茨城県つくば市)
コーディネーター:農業環境技術研究所 生物生態機能研究領域 主任研究員 吉田 重信 氏
参加費無料、参加申込必要:7月27日(金曜日)まで

[農林水産技術会議事務局 筑波事務所]
http://sto.affrc.go.jp/event/workshop/163ws

 

第5回果樹研フルーツセミナー-美味しい果実を食卓へ-
場所:東京都中央卸市場大田市場 事務棟第3会議室(東京都大田区)
参加費無料、事前申込必要:定員60名

[農研機構 果樹研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/fruit/013019.html

 

NIASオープンカレッジ(全15回)
場所:主婦会館プラザエフ 3階 コスモス(東京都千代田区)
参加費無料
事前申込必要:8月27日(月曜日)まで 原則として先着定員90名

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/opencollege

 

研究会等を含む、より詳細なリストをご覧いただけます。

http://www.affrc.go.jp/ja/news_event/event

 

7)刊行物 

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
(PDF:390.74KB)
http://sto.affrc.go.jp/files/ric/news/news_no69.pdf

 

[農業生物資源研究所]
(PDF:2.29MB)
http://www.nias.affrc.go.jp/seika/nias/h23/h23pdf.pdf

 

8)編集後記 

7月に入り、イベント情報の欄に研究所の一般公開についての記事が増えてきました。各研究所、様々な企画を用意しておりますので、皆様ぜひお越しください。(お)

 


 

 

「食と農の扉」「農と食のサイエンス」「農林水産研究開発のすがた」「最近の主な研究成果」などの刊行物がダウンロードできます。
是非ご利用下さい。

http://www.s.affrc.go.jp/docs/kankoubutu.htm

 

【編集発行】
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省 農林水産技術会議事務局 総務課
TEL:03-3502-7407

(おまけ) 

7月の壁紙 カワラナデシコ

[農研機構 花き研究所]
http://www.naro.affrc.go.jp/flower/download/2012/039972.html

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局総務課
代表:03-3502-8111(内線5847)
ダイヤルイン:03-3502-7407
FAX:03-5511-8622

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図