English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「食と農の研究メールマガジン」 > バックナンバー > 「食と農の研究メールマガジン」第120号(2012年3月15日号)


ここから本文です。

「食と農の研究メールマガジン」第120号(2012年3月15日号)

目次

1)トピックス 

2)新しい技術や研究成果の紹介

3)東日本大震災に関するホームページの紹介

4)イベント情報

5)刊行物

6)編集後記

おまけ

1)トピックス 

農林水産省は、農地土壌の放射性物質除去技術(除染技術)について、実際に除染作業を行う際に参考としていただけるよう、具体的な作業の手順や留意事項等を作業の手引きとしてとりまとめました。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/120302.htm

 

農林水産技術会議は、「農林水産研究における原発事故への対応方針」を新たに策定しました。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/120312.htm

 

2)新しい技術や研究成果の紹介 

独立行政法人国際農林水産業研究センター及びマレーシア森林研究所は、南洋材ラワン(フタバガキ科樹木の総称)を産出する、丘陵フタバガキ林の代表樹種であるセラヤ(Shorea curtisii)の花粉の散布距離と、樹木の幹の直径と種子生産に有効な花粉生産量を、種子の親子関係の遺伝子解析により明らかにしました。
マレーシアの林業では、幹の直径が一定以上の木だけを伐採する「択伐」と呼ばれる手法により木材が収穫されます。しかし、この手法は、次世代の森を作る健全な苗が育ちにくいという問題を抱えています。
これは、択伐により木々の間の距離が遠くなり、花粉が他の木に届かないことや、択伐で残された幹の細い木では花粉が十分に生産されないことから、種子を作る際に、他個体の花粉と受粉(他殖)できず、自らの花粉と受粉してしまう(自殖)ため、生存力の高い種子が生産されにくいためと考えられていました。
今回の研究により、セラヤの花粉の散布距離や幹の直径と花粉生産量など、繁殖特性が明らかになりました。これらの科学的根拠に基づき、遺伝的に多様な森林を育むための新たな伐採指針を提案したことで、熱帯林業経営の持続性の向上が期待されます。

[国際農林水産業研究センター]
http://www.jircas.affrc.go.jp/press/2011/press14.html

 

農研機構東北農業研究センター(東北農研)は、東北農研で育成した直播に適した水稲品種「萌えみのり」を鉄コーティングして直播栽培する技術を開発し、栽培上重要なポイント等をまとめた、生産者向けマニュアルを公表しました。
本マニュアルは、種子のコーティング、圃場準備、播種、管理等の作業手順を写真等でわかりやすく説明しています。
また、技術を導入した場合の経営評価も掲載しており、新たに技術を導入する方が理解しやすいように作成しています。
マニュアルは冊子体のほか、東北農研ホームページからのダウンロードも可能です。

[農研機構 東北農業研究センター]
http://tohoku.naro.affrc.go.jp/press/2011/120306.html

 

最新の研究成果、知見をもとに、具体的なデータを紹介しながら、特に地域の農業技術の普及指導者等を対象に、飼料用米の生産と利用に役立つ情報を伝えることを目的として作成しています。このマニュアルは、最新情報をお伝えするため、2009年度より毎年改訂しています。<2011年度版>では、最新の品種情報、泌乳前期乳牛への給与法、豚、鶏への栄養価などの記載を改定しました。

[農研機構 畜産草地研究所]
http://nilgs.naro.affrc.go.jp/project/jiky-pro/jikyu-d/manual.htm

 

タカサゴシロアリ抽出物に由来する新規ビフェニル化合物、その製造方法、その化合物を有効成分とする医薬を提供する特許をご紹介します。
新規ビフェニル化合物は、タカサゴシロアリの粉砕混合物から、遠心分離や、酸(塩酸、酢酸等)を添加することにより得られる新規の構造を有する抗癌活性物質で、癌細胞に対する優れた選択性を有し、かつアポトーシス(細胞の自然死)促進作用を有しない特徴があります。
当該化合物を、単独又は他の抗癌剤やホルモン療法剤と組み合わせて使用することで、ヒト等の哺乳動物を対象とした癌の予防及び治療に活用することができます。
その他、農林水産関連独立行政法人のライセンス可能な特許を紹介しています。

[農林水産大臣認定TLO 農林水産・食品産業技術振興協会]
http://www.afftis.or.jp/IP/patent/new.html

 

3)東日本大震災に関するホームページの紹介 

東日本大震災の被災対策として、当面の農作業に関し、農家に対する技術指導を行う際の参考となる事項や、復旧・復興のため自治体等が実施する取組に資する技術情報について紹介しています。前号から、追加掲載しました情報は以下のとおりです。
各情報の詳細はホームページでご確認ください。

体系的に整理・解説した技術情報
<森林・農地の除染技術>

  • 「農地土壌の放射性物質除去技術(除染技術)作業の手引き」について(農林水産技術会議事務局)

参考となる個別の研究成果、技術情報
<放射性物質の除染技術>

  • 「放射性物質を含む汚染土壌等から乾式セシウム除去技術の開発」について(農研機構 中央農業総合研究センター)

<農作物の栽培管理に関する技術>

  • 玄米の放射性セシウム低減のためのカリ施用(農研機構 中央農業総合研究センター)

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/nogyo_gizyutu.htm

 

農林水産省では、この度の東日本大震災の発生に伴い、積極的な情報提供をおこなっていくため、各種ホームページを開設しておりますので、ご利用ください。
(全て農林水産省へのリンク)

[東日本大震災に関する情報のページ]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

[東日本大震災の被害に関する相談窓口について]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/madoguti.html

[東京電力福島第一原子力発電所事故による農畜水産物等への影響に関するポータルサイト]
http://www.maff.go.jp/noutiku_eikyo/index.html

[農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果(随時更新)]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

 

4)イベント情報 

青少年・消費者向けイベント

森林教室「光合成ってな~に!?」/木工「さまざまな木の円盤や枝で作る自分だけの作品」
場所:森林総合研究所 関西支所 森の展示館(京都府京都市)
参加費無料、事前申込必要:定員20名

[森林総合研究所 関西支所]
(PDF:472KB)
http://www.fsm.affrc.go.jp/Old/poster_kyoshitsu20120324.pdf

 

中央農研市民講座「千変万化のアブラムシ」
場所:食と農の科学館(つくばリサーチギャラリー)(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要(定員70名)

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://narc.naro.affrc.go.jp/event/h24/kouza1204/index.html

 

NIAS cafe24(農業生物資源研究所 一般公開 サイエンスカフェ)
場所:農業生物資源研究所(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/science_comm/cafe/20120420/

 

セミナー・シンポジウム・研究会等

第264回鶏病事例検討会
場所:農林水産技術会議事務局筑波事務所本館2階農林ホール(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 動物衛生研究所]
http://niah.naro.affrc.go.jp/event/kai/keibyou/264.html

 

ジャトロファ研究会「日本のジャトロファ研究・事業の現状」
場所:つくば国際会議場(エポカルつくば)201中会議室(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込必要

[国際農林水産業研究センター]
http://www.jircas.affrc.go.jp/event/e20120321.html

 

もりゼミ「木材の耐久性」
場所:森林総合研究所 東北支所 大会議室(岩手県盛岡市)
参加費無料、事前申込必要

[森林総合研究所 東北支所]
http://www.ffpri-thk.affrc.go.jp/exh/semi/index.html

 

研究会等を含む、より詳細なリストをご覧いただけます。

http://www.affrc.go.jp/ja/news_event/event

 

5)刊行物 

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
(PDF:558KB)
http://sto.affrc.go.jp/files/ric/news/news_no65.pdf

 

[農研機構 中央農業総合研究センター]
(PDF:6.6MB)
http://narc.naro.affrc.go.jp/chousei/shiryou/kankou/zassoi_manu/zassoi.pdf

 

[農研機構 畜産草地研究所]
http://nilgs.naro.affrc.go.jp/pub/news/news_index.html

 

[農研機構 農業者大学校]
(PDF:2.2MB)
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/files/nousyadai5.pdf

 

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/magazine/143/

 

[森林総合研究所 関西支所]
(PDF:832KB)
http://www.fsm.affrc.go.jp/Joho/res_info_103.pdf

 

[森林総合研究所 林木育種センター 東北育種場]
(PDF:1.09MB)
http://touiku.job.affrc.go.jp/kankoubutu/touhokunorinbokuikushu/touhokunorinbokuikusyu_no199.200.pdf

 

[水産総合研究センター 東北区水産研究所]
http://tnfri.fra.affrc.go.jp/pub/letter/index.html

 

[水産総合研究センター 国際水産資源研究所]
(PDF:2.65MB)
http://fsf.fra.affrc.go.jp/nanatsunoumi/nanaumi2.pdf

 

[水産総合研究センター 西海区水産研究所]
http://snf.fra.affrc.go.jp/print/index.html

 

[水産総合研究センター 増養殖研究所]
(PDF:7.92MB)
http://nria.fra.affrc.go.jp/hakko/letter/z2.pdf

 

6)編集後記 

年が明けてから雪が降る日も多く、今年は本当に冬らしい冬でした。3月初めに、私用で九州へ行ってきましたが、もうすでに季節が変わっているような雰囲気でした。つい先日まで、関東は何時になったら暖かくなるのかと気がかりでしたが、そんな余計な心配は要らなかったようです。日に日に春の足音が聞こえてくる今日この頃です。(ふ)


 

「食と農の扉」「農と食のサイエンス」「農林水産研究開発のすがた」「最近の主な研究成果」などの刊行物がダウンロードできます。
是非ご利用下さい。

http://www.s.affrc.go.jp/docs/kankoubutu.htm

 

【編集発行】
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省 農林水産技術会議事務局 技術政策課
TEL:03-3501-9886

(おまけ) 

3月の壁紙 ベニザケ

[水産総合研究センター]
http://www.fra.affrc.go.jp/fun/index.html

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局技術政策課
ダイヤルイン:03-3502-7406
FAX:03-3507-8794

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図