English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「食と農の研究メールマガジン」 > バックナンバー > 「食と農の研究メールマガジン」第114号(2011年12月15日号)


ここから本文です。

「食と農の研究メールマガジン」第114号(2011年12月15日号)

目次

1)トピックス 

2)新しい技術や研究成果の紹介

3)東日本大震災に関するホームページの紹介

4)イベント情報

5)刊行物

6)編集後記

おまけ

1)トピックス 

農林水産省は、11月30日(水曜日)~12月2日(金曜日)の3日間、千葉県の幕張メッセにて、技術交流展示会「アグリビジネス創出フェア2011」を開催いたしました。
東日本大震災からの復興を支える技術を含め、全国179機関が最新の技術の展示を行い、約2万6千人の参加がありました。たくさんのご参加ありがとうございました。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/111208.htm

 

2)新しい技術や研究成果の紹介 

農業生物資源研究所では、農研機構作物研究所、中央農業総合研究センター、岡山大学資源植物科学研究所、横浜市立大学木原生物学研究所及び帯広畜産大学と共同で、小麦の種子休眠性の制御に、これまで機能が未知であったMFT(Mother of FT and TFL1)遺伝子が関与していることを明らかにしました。
収穫期に雨が多いと発生しやすい穂発芽には種子の休眠性が関係し、休眠性が弱いと穂発芽が起こりやすくなります。登熟期の気温が高いと種子の休眠性が弱くなることを利用して、気温に依存して発現量が変動するMFT遺伝子を同定し、その発現量が多いほど休眠性が強くなることを明らかにしました。
MFT遺伝子の機能発現に関わる領域において、休眠性の強い品種と弱い品種の間で塩基配列が異なることを明らかにし、その配列の違い(多型)を識別するためのDNAマーカーを開発しました。このDNAマーカーを利用することで、穂発芽しにくい小麦品種の開発に貢献することが期待されます。

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/press/20111206/

 

農研機構 北海道農業研究センターは、良食味でアミロース含有率の年次間変動が少ない水稲品種「ゆきさやか」を育成しました。
「ゆきさやか」のアミロース含有率は、北海道内向けの極良食味米「ゆめぴりか」よりやや高いですが、タンパク質含有率が「ゆめぴりか」よりも低く、「ゆめぴりか」と同等の良食味を示します。
「ゆきさやか」のアミロース含有率は温度による変動が少なく、食味が気象条件の影響を受けにくく、やや低アミロースの品種である「ゆめぴりか」や「おぼろづき」よりも安定している特徴があります。

[農研機構 北海道農業研究センター]
http://cryo.naro.affrc.go.jp/press/2011/1125/yukisayaka/index.html

 

農研機構東北農業研究センターでは、冬期に、インターネットを用いた寒締めホウレンソウの糖度予測情報を提供しています。このシステムは、1kmのメッシュに展開された東北地方の7日先までの気象(気温)予測データと、そのデータに基づいた寒締めホウレンソウの糖度予測を、東北6県分の地図上に表示します。寒締めホウレンソウの計画的な出荷に役立てることができ、今年も12月7日から運用していますので、ご利用ください。
システムの利用にはユーザ登録が必要です。どなたでも無料で利用できます。

[農研機構 東北農業研究センター]
http://tohoku.dc.affrc.go.jp/yamase.html

 

「アクアガス」を用いて得られる加熱・殺菌・乾燥植物とその調整方法に関する特許技術をご紹介します。本技術は、「アクアガス」という、微細水滴を含んだ加熱水蒸気を用いて加熱処理をすることにより、農産物の機能性を損なうことなく、長期間安定して常温保存ができる乾燥農産物の生産を可能にします。
その他、農林水産関連独立行政法人のライセンス可能な特許を紹介しています。

[農林水産大臣認定TLO 農林水産技術情報協会AFFTISアイピー]
http://www.afftis.or.jp/IP/patent/new.html

 

3)東日本大震災に関するホームページの紹介 

東日本大震災の被災対策として、当面の農作業に関し、農家に対する技術指導を行う際の参考となる事項や、復旧・復興のため自治体等が実施する取組に資する技術情報について紹介しています。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/nogyo_gizyutu.htm

 

農林水産省では、この度の東日本大震災の発生に伴い、積極的な情報提供をおこなっていくため、各種ホームページを開設しておりますので、ご利用ください。
(全て農林水産省へのリンク)

[東日本大震災に関する情報のページ]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

[東日本大震災の被害に関する相談窓口について]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/madoguti.html

[東京電力福島第一原子力発電所事故による農畜水産物等への影響に関するポータルサイト]
http://www.maff.go.jp/noutiku_eikyo/index.html

[農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果(随時更新)]
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

 

4)イベント情報 

青少年・消費者向けイベント

第3回みえ水産フォーラム「三重の水産を学ぼう!」~自然と生きる沿岸漁業・養殖業~
場所:三重県総合文化センター 文化会館2階 大会議室(三重県津市)
参加費無料、事前申込不要

[水産総合研究センター 増養殖研究所]
http://nria.fra.affrc.go.jp/event/symposium/111218_a.html

 

森林教室 講座「森や木のいろいろなこと」
木工「まつぼっくりで作る作品」
場所:森林総合研究所 関西支所 森の展示館
参加費無料、事前申込必要:定員20名

[森林総合研究所 関西支所]
(PDF:294KB)
http://www.fsm.affrc.go.jp/Old/poster_kyoshitsu20111223.pdf

 

中央農研市民講座「身近なバイオマス利用」
場所:食と農の科学館(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://narc.naro.affrc.go.jp/event/h24/kouza1201/index.html

 

セミナー・シンポジウム・研究会等

第263回鶏病事例検討会
場所:農林水産技術会議事務局筑波事務所本館2階 農林ホール(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 動物衛生研究所]
http://niah.naro.affrc.go.jp/event/kai/keibyou/263.html

 

地熱エネルギーに関するシンポジウム in 福島
場所:ホテル辰巳屋 8階 瑞雲の間(福島県福島市)
参加費無料、事前申込必要:定員300名

研究成果報告会「6次産業化の展開方向と課題」
場所:農林水産政策研究所セミナー室(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:12月16日(金曜日)まで

[農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2011/111220.html

 

農研機構(NARO)植物工場つくば実証拠点 第4回研修会「植物工場におけるパプリカ生産について」
場所:農研機構 中央農業総合研究センター 1F大会議室(茨城県つくば市)
参加費無料
事前申込必要:12月20日(火曜日)まで(定員150名)

[農研機構 野菜茶業研究所]
http://vegetea.naro.affrc.go.jp/kyoudou/modelhouse/tsukuba/plant_factory_6.html

 

研究会等を含む、より詳細なリストをご覧いただけます。

http://www.affrc.go.jp/ja/news_event/event

 

5)刊行物 

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
(PDF:359KB)
http://www.affrc.go.jp/PDF/news/pdf/news_no62.pdf

 

[農研機構 中央農業総合研究センター]
(PDF:744KB)
http://narc.naro.affrc.go.jp/chousei/shiryou/kankou/narcnews/narcnews49.pdf

 

[農研機構 近畿中国四国農業研究センター]
(PDF:3.07MB)
http://wenarc.naro.affrc.go.jp/outline/pdf/annual_report_2011.pdf

 

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/magazine/140/

 

[水産総合研究センター 北海道区水産研究所]
(PDF:1.92MB)
http://hnf.fra.affrc.go.jp/H-jouhou/news/kankoubutsu/kitanoumikara12.pdf

 

[水産総合研究センター 東北区水産研究所]
http://tnfri.fra.affrc.go.jp/pub/letter/22/22.pdf

 

6)編集後記 

週末、結婚式に出席するため京都へ行ってきました。思っていたほど寒くはなく、タクシーの運転手さん曰く「例年であれば、紅葉が見頃の11月中旬頃が一番お客さんが多いんだけど、今年は12月になってからどうにか色づいた程度で、あんまりきれいじゃなかった。本当なら、この時期は雪が降ってもいいんだけど、降る気配もない。一体、どうなっているんですかね?」と。これも温暖化の影響でしょうか。
まあ、寒さの苦手な私には好都合でしたが、寒さよりも人の多さに圧倒され、疲れ切った身体で帰途につきました。(yf) 


「食と農の扉」「農と食のサイエンス」「農林水産研究開発のすがた」「最近の主な研究成果」などの刊行物がダウンロードできます。
是非ご利用下さい。

http://www.s.affrc.go.jp/docs/kankoubutu.htm

 

【編集発行】
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省 農林水産技術会議事務局 技術政策課
TEL:03-3501-9886

(おまけ) 

12月の壁紙 イカの赤ちゃん

[水産総合研究センター]
http://www.fra.affrc.go.jp/fun/index.html

 

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局技術政策課
ダイヤルイン:03-3502-7406
FAX:03-3507-8794

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図