English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「食と農の研究メールマガジン」 > バックナンバー > 「食と農の研究メールマガジン」第104号(2011年7月15日号)


ここから本文です。

「食と農の研究メールマガジン」第104号(2011年7月15日号)

目次

1)トピックス

2)農林水産技術会議事務局の動き

3)新しい技術や研究成果の紹介

4)東日本大震災に関するホームページの紹介

5)イベント情報

6)刊行物

7)編集後記

おまけ

1)トピックス 

農林水産省は、開発途上地域の農林水産業及び関連産業に関する研究開発をより一層促進するため、若手外国人研究者に対する表彰を実施しています。本表彰では、開発途上地域の農林水産業及び関連産業に関する研究開発について、その一層の発展及びそれに従事する若手研究者の意欲向上に資するため、

  • 優れた功績をあげつつある若手外国人研究者
  • 将来の技術革新等につながる優れた研究業績をあげつつある若手外国人研究者

に対して、原則3名以内に賞状及び奨励金を授与するとともに、本年11月に開催予定の表彰式出席のため日本に招へいしています。
募集期間:平成23年7月14日(木曜日)~8月12日(金曜日)

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/110714.htm

 

農研機構 東北農業研究センターは、日本で初めて菓子用の小麦品種「ゆきはるか」を育成しました。
現在、菓子原料に用いられている「キタカミコムギ」は、従来、めん用として利用されていた品種で、やや生地の力が強いのですが、「ゆきはるか」は菓子原料に適した弱い生地特性を持ち、スポンジケーキの膨らみが優れます。
また、縞萎縮病等の病気に強く穂発芽しにくい特性を持ち、多収で作りやすい品種で、根雪期間が80日以下の東北・北陸地域の平坦地での栽培に適します。

[農研機構 東北農業研究センター]
http://tohoku.naro.affrc.go.jp/press/2011/110629-2.html

 

  • 穂発芽耐性が強く、強靱なグルテンを持つ超強力小麦品種「銀河のちから」

農研機構 東北農業研究センターは、強靱なグルテンを持つ超強力小麦品種「銀河のちから」を育成しました。
「銀河のちから」はDNAマーカー選抜を用いてグルテン組成を改善し、グルテンの質を強靱にした小麦です。パンや中華めんの原料として使用できるほか、グルテンの質が弱い他の小麦やもち小麦とのブレンド用など幅広い利用が期待できます。
また、現在の主力品種「ナンブコムギ」は縞萎縮病にかかりやすく、「ゆきちから」は穂発芽しやすい欠点がありますが、「銀河のちから」ではこの点が改善されており、収量や品質の安定を図ることができます。

[農研機構 東北農業研究センター]
http://tohoku.naro.affrc.go.jp/press/2011/110629-1.html

 

2)農林水産技術会議事務局の動き 

農林水産省は、東京電力福島第1原子力発電所の事故を受け、「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業」の「緊急対応研究課題」として研究対象を設定し、研究実施機関の公募を行い、委託先を決定しました。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/110629_2.htm

 

農林水産省は、「養殖ヒラメの寄生虫」が原因と疑われる食中毒事案の発生を受け、「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業」の「緊急対応研究課題」として研究対象を設定し、研究実施機関の公募を行い、委託先を決定しました。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/110629_1.htm

 

3)新しい技術や研究成果の紹介 

(独)農業環境技術研究所は、これまでの研究で収集・整備してきた複数の農業環境データベースを効率よく利用するためのWebサイト「gamsDB」(農業環境情報データセンター)を公開しました。全国をカバーする一辺が約1kmの基準地域メッシュまたはデータ測定地点を指定して、農業気象、土壌、農地利用、温室効果ガスに関する各種のデータをダウンロードできます。操作は非常に簡単で、目的とするメッシュや地点を、Googleマップを利用して検索するツールも備えています。

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/techdoc/press/110617/press110617.html

 

(独)農業生物資源研究所は、東北大学、(独)理化学研究所と共同で、イネの体内リズムが乱れる突然変異体を同定し、その原因が体内時計に関わるOs-GI遺伝子の機能消失によるものであることを発見しました。異なる作期や栽培地域に適した品種育成を進める際、体内リズムを指標とした選抜を行うことで、環境適応能力の高い品種を得ることができると期待されます。

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/press/20110620/

 

(独)農業環境技術研究所は、イネのFACE(開放系大気CO2増加)実験を2010年の猛暑下で実施し、大気中の二酸化炭素(CO2)濃度の増加がイネの収量・品質に及ぼす影響を調査した結果、CO2濃度を高くすることによってコメの収量は増加しましたが、白未熟粒が著しく増加し、コメの品質を左右する整粒率は大幅に低下することがわかりました。

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/techdoc/press/110622/press110622.html

 

農研機構畜産草地研究所は、飼料作物に発生する病害の種類、病原菌や防除法を「飼料作物病害図鑑」としてインターネット上で公開していましたが、このたび、飼料作物に発生する主要な病害について、畜産草地研究所および他の研究機関の研究成果を併せて閲覧できる解説ページを、「飼料作物病害図鑑」中に追加して公開しました。解説ページでは、各飼料作物病害の数多くの病徴写真と病原菌写真に加えて、発生する季節、発生しやすい環境条件などの生態や、抵抗性品種、耕種法などの防除法を掲載しています。

[農研機構 畜産草地研究所]
http://nilgs.naro.affrc.go.jp/press/2011/0623/byogai_index.html

 

飼料イネ栽培、TMRサイレージ調製、乳用牛・肉用牛への給与、営農支援システムの構築、焼酎粕濃縮液の調製に関する技術の紹介ならびに現地での取り組み事例を紹介しています。

[農研機構 九州沖縄農業研究センター]
(PDF:2.59MB)
http://konarc.naro.affrc.go.jp/kankou/manual/02_tmr/rice_slug_mix.pdf

 

発芽玄米の成分として知られるGABA(γ-アミノ酪酸)には、脳内の血流を活発にし脳細胞の代謝機能を高める働きがあるといわれ、近年、チョコレートやドリンク類など様々な食品に取り入れられています。今回の特許「GABA、タウリン高含有発芽種子及びその製造方法、並びに食品の製造方法」を活用すると、例えばGABAの含有溶液と発芽種子とを特定の条件化で接触処理し、従来の技術と比べてGABA含有量の多い発芽種子を簡易に製造することができます。本特許に関する詳細な情報や、その他特許情報については、下記アドレスからご確認ください。

[農林水産大臣認定TLO 農林水産技術情報協会AFFTISアイピー]
http://www.afftis.or.jp/IP/patent/new.html

 

4)東日本大震災に関するホームページの紹介 

前号でご紹介後、追加掲載しました技術情報は以下のとおりです。
各技術情報の詳細はホームページでご確認ください。

参考となる個別の研究成果、技術情報
<田面、畦畔の微細な亀裂の修繕技術>
平成16年新潟県中越地震の農業被害とその復旧(新潟県農業総合研究所)

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/nogyo_gizyutu.htm

 

農林水産省では、この度の東日本大震災の発生に伴い、積極的な情報提供をおこなっていくため、各種ホームページを開設しておりますので、ご利用ください。(全て農林水産省へのリンク)

 

5)イベント情報 

青少年・消費者向けイベント

瀬戸内海区水産研究所 平成23年度一般公開「瀬戸内海、そこが好き!」
場所:水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所廿日市庁舎(広島県廿日市市)
参加費無料、事前申込不要

[水産総合研究センター 瀬戸内海区水産研究所]
http://feis.fra.affrc.go.jp/event/h23koukai/h23kaisai/index.html

 

市民と森林をつなぐ国際森林年の集い in 岡山県真庭市
場所:北房文化センターホール (岡山県真庭市)
参加費無料、事前申込必要:定員350名

[林野庁]
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kaigai/110617.html

 

もりの展示ルーム 夏休み公開
場所:森林総合研究所 森の展示ルーム(茨城県つくば市)
入場無料、事前申込不要

[森林総合研究所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/event/2011/20110723morinotenji/

 

市民と森林をつなぐ国際森林年の集い in 宮崎
場所:サンホテルフェニックス 宮崎国際会議場 (宮崎県宮崎市)
参加費無料、事前申込必要:定員650名

[林野庁]
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kaigai/110623.html

 

市民と森林をつなぐ国際森林年の集い in 琵琶湖・淀川流域 第1弾『森を歩く』
場所:山門水源の森、長浜市西浅井文化ホール(滋賀県長浜市)
参加費無料、事前申込必要:定員100名

[林野庁]
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kaigai/110630.html

 

子ども樹木博士
場所:森林総合研究所(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込必要:午前の部30名、午後の部30名

[森林総合研究所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/event/2011/20110723jumoku/

 

北海道農業研究センター一般公開-北農研は何をするところ?-
場所:農研機構 北海道農業研究センター構内(北海道札幌市)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 北海道農業研究センター]
http://cryo.naro.affrc.go.jp/press/2011/0610/index.html

 

動物衛生研究所北海道支所一般公開
場所:農研機構 北海道農業研究センター構内(北海道札幌市)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 動物衛生研究所]
http://niah.naro.affrc.go.jp/event/hokkaido/kokai2011.html

 

平成23年度中央水産研究所高知庁舎一般公開「黒潮の海と生き物」
場所:水産総合研究センター 中央水産研究所高知庁舎(高知県高知市)
参加費無料、事前申込不要

[水産総合研究センター 中央水産研究所]
http://nrifs.fra.affrc.go.jp/event/koukai/h23kochi/OpenLab.html

 

農業生物資源研究所北杜地区一般公開
場所:農業生物資源研究所 北杜地区(山梨県北杜市)
参加費無料、事前申込不要

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/openhouse_hokuto/2011/

 

果樹研究所 つくばちびっ子博士2011「くだもので、音(おと)をならしてみよう」
場所:農研機構 果樹研究所(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 果樹研究所]
http://fruit.naro.affrc.go.jp/announcements/event/hakase/2011/hakase.html

 

農業環境技術研究所 つくばちびっこ博士2011「昆虫採集教室」
場所:農業環境技術研究所 本館玄関ホール(集合)
参加費無料
事前申込必要:7月20日(水曜日)必着(各日定員15名)

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/rplan/event/hakase/2011/chibikko11-saishu.html

 

夏休み公開 みんなで体験!「食と農のサイエンス」~きて、みて、さわって、つくって、たべよう~
場所:食と農の科学館(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 連携広報センター]
http://narc.naro.affrc.go.jp/event/h23/natu/index.htm

 

第38回立田山森のセミナー『森の虫の調べ方』
場所:森林総合研究所 九州支所(熊本県熊本市)
対象:小学生高学年、保護者同伴できる方
参加費無料、事前申込必要:7月27日(水曜日)(定員20名:先着順)

[森林総合研究所 九州支所]
http://www.ffpri-kys.affrc.go.jp/semina/semina.html

 

水産総合研究センター増養殖研究所横須賀庁舎一般公開”海の中の「手がかり」をさがせ「君も海の名探偵!」”
場所:水産総合研究センター増養殖研究所横須賀庁舎(神奈川県横須賀市)
入場無料、事前申込不要

[水産総合研究センター 増養殖研究所]
http://nria.fra.affrc.go.jp/event/koukai11/yokosuka_a.html

 

森林講座 「身近にある木質材料」
場所:森林総合研究所 多摩森林科学園 森の科学館(八王子市廿里町)
参加費無料(ただし、入園料として大人300円、子供(小・中・高)50円必要)
事前申込必要:7月22日(金曜日)(定員45名、応募者多数の場合は抽選)

[森林総合研究所 多摩森林科学園]
http://www.ffpri-tmk.affrc.go.jp/sinrinkouza2011.html

 

森林教室
場所:森林総合研究所関西支所森の展示館(京都府京都市)
参加費無料、事前申込必要(定員20名)

[森林総合研究所 関西支所]
(PDF:980KB)
http://www.fsm.affrc.go.jp/Old/poster_kyoshitsu20110806.pdf

 

親子森林教室~森林と水について考えよう~
場所:多摩森林科学園「森の科学館」前
参加費無料、事前申込必要:7月15日(金曜日)定員:50名程度

[森林総合研究所 多摩森林科学園]
(PDF:1.05MB)
http://www.ffpri-tmk.affrc.go.jp/water.pdf

 

中央農研市民講座 「20世紀の農業と21世紀の農業-化学農薬と生物農薬の調和-」
場所:食と農の科学館(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要:定員70名

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://narc.naro.affrc.go.jp/event/h23/kouza1108/index.html

 

農業環境技術研究所 つくばちびっ子博士「展示館見学」
場所:農業環境技術研究所 本館玄関ホール(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/rplan/event/hakase/2011/chibikko11-kengaku.html

 

夏休み昆虫教室「しらべてみよう! 昆虫のふしぎ」
場所:森林総合研究所(茨城県つくば市)
小学校3年生以上、参加費無料
事前申込必要:午前の部25名、午後の部25名

[森林総合研究所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/event/2011/20110827konchuu/

 

両日とも 1回目13時00分~14時00分、2回目14時30分~15時30分
サイエンスカフェ「体細胞クローン牛とは?」
場所:農研機構 産学官連携センター東京 リエゾンオフィス(東京都港区)
小学生以上対象、参加費無料
事前申込必要:8月18日(定員:各25名)

[農研機構 畜産草地研究所]
http://nilgs.naro.affrc.go.jp/event/sciencecafe/2011/cafe2011.html

 

セミナー・シンポジウム・研究会等

平成23年度遺伝子組換えダイズ及びトウモロコシの展示栽培
場所:農業生物資源研究所の展示ほ場(茨城県つくば市)
見学費無料、事前申込必要

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/gmo/exhibition2011/20110513/

 

セミナー「諸外国の復興事例から東日本大震災に活かすべき教訓-インドネシア・スマトラ沖地震の復興戦略を中心に-」
場所:農林水産政策研究所セミナー室(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:7月19日(火曜日)(定員100名)

[農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2011/110721.html

 

東北支所地域連携シンポジウム「地域版の林業再生プランを考える」
場所:ホテル東日本盛岡 鳳凰の間(岩手県盛岡市)
参加費無料、事前申込不要(定員120名)

[森林総合研究所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/event/2011/20110722tohoku/index.html

 

平成23年度たまねぎ調製装置に関する現地検討会
場所:白石町「福富ゆうあい館」、佐賀県農業協同組合白石地区第三玉葱選果場(佐賀県杵島郡白石町)
参加費無料、事前申込必要:7月19日(火曜日)

[農研機構 生物系特定産業技術研究支援センター]
http://brain.naro.affrc.go.jp/iam/Event/iam_event110727.htm

 

加工・業務用野菜産地と実需者との交流会 in 大阪
場所:マイドームおおさかC・D展示場(大阪府大阪市)
参加費無料(一般の入場は不可)、事前申込必要

[農畜産業振興機構]
http://www.alic.go.jp/y-keiyaku/yagyomu03_000041.html

 

第515回技術交流セミナー「ダイズ安定生産に向けた品種育成と栽培技術開発ならびに新品種の村おこしへの活用」
場所:製粉会館 5階会議室(東京都中央区)
参加費:会員無料、会員外1,000円
事前申込必要:8月1日(月曜日)まで(定員:40名)

[社団法人農林水産技術情報協会]
http://www.afftis.or.jp/news/seminar/

 

第512回気象談話会:地球温暖化と都市昇温問題
場所:農業環境技術研究所547号室(5階会議室)(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/rplan/library/seminar/info1108.html#kisyou512

 

2011年度(平成23年度)農研機構シンポジウム「高品質カンキツの生産と流通に貢献する革新技術と産地における展開方向」
場所:シンポジウム;かがわ国際会議場(香川県高松市)、情報交換会;レストラン「ミケイラ」(香川県高松市)
参加費無料(シンポジウム)、情報交換会は参加費5,000円
事前申込必要(定員180名)

[農研機構近畿中国四国農業研究センター]
http://wenarc.naro.affrc.go.jp/event/symposium/201108/event_symposium0824.html

 

第38回豚の繁殖衛生セミナー
場所:筑波農林研究交流センター 本館第1セミナー室(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込必要:7月29日(金曜日)

[農研機構 動物衛生研究所]
http://niah.naro.affrc.go.jp/event/kai/prhs/38.html

 

NIASオープンカレッジ
場所:主婦会館 プラザエフ 4階シャトレほか
参加費無料、事前申込必要:定員70名程度

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/opencollege/

 

第262回鶏病事例検討会「鶏の細菌感染とその衛生対策」
場所:農林水産技術会議事務局筑波事務所本館2階 農林ホール(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 動物衛生研究所]
http://niah.naro.affrc.go.jp/event/kai/keibyou/262.html

 

研究会等を含む、より詳細なリストをご覧いただけます。

http://www.affrc.go.jp/ja/news_event/event

 

6)刊行物 

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
http://www.affrc.go.jp/ (「注目情報」に掲載中)

 

[農研機構 中央農業総合研究センター]
(PDF:3.15MB)
http://narc.naro.affrc.go.jp/result2p/images-r2p/iwmmanu.pdf

 

[農研機構 果樹研究所]
(PDF:923KB)
http://fruit.naro.affrc.go.jp/publication/pamphlet/handbook.pdf

 

[農研機構 花き研究所]
(PDF:1.95MB)
http://flower.naro.affrc.go.jp/kankobutsu/news/pdfs/news-no-20.pdf

 

[農研機構 畜産草地研究所]
http://nilgs.naro.affrc.go.jp/pub/news/news_index.html

 

[農研機構 東北農業研究センター]
http://tohoku.naro.affrc.go.jp/seika/jyouhou/H22/seika-index.html

 

[農研機構 近畿中国四国農業研究センター]
(PDF:3.69MB)
http://wenarc.naro.affrc.go.jp/outline/pdf/handbook_2011_jan.pdf

 

[農研機構 近畿中国四国農業研究センター]
http://wenarc.naro.affrc.go.jp/seika/seika_nendo/h22/index.html

 

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/magazine/135/

 

 

7)編集後記 

先週から今週にかけて各地で梅雨明けが発表され、全国で猛暑が到来しています。
我が家では毎日、愛犬の散歩で1時間程度、必ず外出します。犬は肉球と口まわりからでしか体温調節の出来ないため、気温の高い日中でなく、気温が比較的低くなる早朝と日暮れ前後に散歩に行きます。それでも帰宅をすると、フローリングや畳の上に、それも頻繁に場所を変えながら腹ばいになって、上がった体温を下げているようです。時には扇風機の正面、特等席を占拠しながら。
例年より早い梅雨明け、夏本番を前に、我が家では熱中症対策を愛犬も含めて考え始めました。(お)


 

「食と農の扉」「農と食のサイエンス」「農林水産研究開発のすがた」「最近の主な研究成果」などの刊行物がダウンロードできます。
是非ご利用下さい。

 

【編集発行】
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省 農林水産技術会議事務局 技術政策課
TEL:03-3501-9886

(おまけ) 

7月の壁紙 ネオカラヌス

[水産総合研究センター]
http://www.fra.affrc.go.jp/fun/index.html

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局技術政策課
ダイヤルイン:03-3502-7406
FAX:03-3507-8794

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図