English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「食と農の研究メールマガジン」 > バックナンバー > 「食と農の研究メールマガジン」第102号(2011年6月15日号)


ここから本文です。

「食と農の研究メールマガジン」第102号(2011年6月15日号)

目次

1)トピックス

2)新しい技術や研究成果の紹介

3)東日本大震災に関するホームページの紹介

4)六次産業化法に関するお知らせ

5)イベント情報

6)刊行物

7)編集後記

おまけ

1)トピックス 

当研究会では,特定の専門分野に捉われることなく,漁業者・研究者・行政官等が幅広く情報交換を行える場を提供します。漁業における生産現場から消費に至るまでのあり方を包括的に検討することにより、持続可能なビジネスモデルの構築を目指しています。ニュースレターの創刊号では,開発調査センターが行った底びき網漁法のかけまわし漁具の改良事例等について紹介しています。

[水産総合研究センター開発調査センター]
http://jamarc.fra.affrc.go.jp/enganbiz/enganbiz.htm

 

(独)農研機構 農村工学研究所ホームページに「東日本大震災復興支援農工研特設サイト」のページが開設されましたのでお知らせします。
本サイトは、被災した農業関係の施設の点検方法や復旧方法、復旧・復興に役立つ技術等を掲載しており、農研機構農村工学研究所のホームページ及び農林水産省のホームページ「被災地域のための農業技術」等からご覧になれます。
被災地域の行政、普及指導センター等の皆様におかれましては、被災施設の調査・復旧に取り組む際の参考技術としてご活用ください。

[農研機構 農村工学研究所]
http://nkk.naro.affrc.go.jp/2011fukkoushien/index.html

[農林水産技術会議事務局(被災地域のための農業技術)]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/nogyo_gizyutu.htm

 

2)新しい技術や研究成果の紹介 

昨年、一昨年と有明海・八代海では、主にシャトネラを原因プランクトンとする赤潮で甚大な漁業被害を受けました。このシャトネラ赤潮の被害軽減を目的に、上記海域で関係機関が収集している原因プランクトンの分布データを、地図上でわかりやすくリアルタイムで表示するシステムを水産総合研究センター西海区水産研究所で開発し、本年5月27日より公表しています。赤潮の発生状況が迅速に把握でき、漁業者の赤潮対策等に貢献することが期待されます。

[有明海・八代海のシャトネラ等有害赤潮プランクトン分布情報]
http://www.chattonella.jp/

[水産総合研究センター西海区水産研究所]
http://snf.fra.affrc.go.jp/

 

(独)農業生物資源研究所は繭から手作業で作られる真綿(まわた)とは異なり、製造工程の機械化によって製造コスト低減が可能なわた"シルクフィル"を開発しました。
今回開発した "シルクフィル"は、まったく新たな発想で工程を機械化することにより製造コストを低減することができます。
この技術により、シルクの生活用資材としての利用の拡大が期待されます。

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/press/20110518/

 

(独)農業生物資源研究所は、イネにおいて田植え以降に働いている遺伝子の発現に関する情報を網羅的に解析し、データベースRiceXPro (Rice eXpression Profile database)として公開しました。
これらの情報は、イネだけでなく、オオムギ・コムギ等のイネ科作物の遺伝子の機能解明を加速させ、新品種の開発につながると期待されます。

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/press/20110526/

 

アンジオテンシンI変換酵素の活性阻害物質は、魚肉等の食用タンパク質から精製されるもので、健康食品の有効成分として注目されています。しかしながら、精製の際に添加するプロテアーゼ等の酵素剤が高価なため、商品化する上で大きな障害となっています。新しい特許「小麦ふすま、大麦糠、米糠からのアンジオテンシンI変換酵素阻害剤」では、これまで廃棄されていた小麦ふすま、大麦糠、米糠を原料とし、内在性酵素を利用するため、当該活性阻害物質を経済的かつ効率的に製造することができます。その他、農林水産関連独立行政法人のライセンス可能な特許を紹介しています。

[農林水産大臣認定TLO 農林水産技術情報協会AFFTISアイピー]
http://www.afftis.or.jp/IP/patent/new.html

 

3)東日本大震災に関するホームページの紹介 

前号でご紹介後、追加掲載しました技術情報は以下のとおりです。
各技術情報の詳細はホームページでご確認ください。

関連リンク

  • 東日本大震災復興支援農工研特設サイト(農研機構 農村工学研究所)

[農林水産技術会議事務局]
http://nkk.naro.affrc.go.jp/2011fukkoushien/index.html

 

農林水産省では、この度の東日本大震災の発生に伴い、積極的な情報提供をおこなっていくため、各種ホームページを開設しておりますので、お知らせします。
(全て農林水産省へのリンク)

 

4)六次産業化法に関するお知らせ 

「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律」(六次産業化法)に基づく事業計画の第1回認定を、5月31日に行いました(東日本大震災に被災した東北農政局管内では6月中旬に別途認定予定)。
なお、第2回認定は10月末を予定しており、各地方農政局等において引き続き事業計画の申請を受け付けていますので、申請を御希望される方は各地方農政局等の総合相談窓口(下記ホームページ)に御相談ください。

[農林水産省 総合食料局]
(事業計画の認定について)
http://www.maff.go.jp/j/press/soushoku/sanki/110531.html

(各地方農政局等の総合相談窓口)
http://www.maff.go.jp/j/soushoku/sanki/6jika/1stop.htm

 

5)イベント情報 

青少年・消費者向けイベント

第21回熱研市民公開講座「アフリカサヘル~サバンナ地域における肥沃度管理-マメ科作物と有機物の有効利用-」
場所:石垣市健康福祉センター 2階 視聴覚室(沖縄県石垣市)
参加費無料、事前申込不要

[国際農林水産業研究センター]
http://www.jircas.affrc.go.jp/event/20110616.html

 

熱研一般公開2011「石垣から世界へ よりよい未来のために」
場所:国際農林水産業研究センター 熱帯・島嶼研究拠点(沖縄県石垣市)
参加費無料、事前申込不要

[国際農林水産業研究センター]
http://www.jircas.affrc.go.jp/event/20110703.html

 

中央農研市民講座「野菜の害虫-ヨトウムシとその仲間たち-」
場所:食と農の科学館(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要(定員約70名)

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://narc.naro.affrc.go.jp/event/h23/kouza1107/index.html

 

セミナー・シンポジウム・研究会等

平成23年度遺伝子組換えダイズ及びトウモロコシの展示栽培
場所:農業生物資源研究所の展示ほ場(茨城県つくば市)
見学費無料、事前申込必要

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/gmo/exhibition2011/20110513/

 

研究成果報告会
「小麦の国際価格変動下における国内産小麦需要の変化について」
場所:農林水産政策研究所 セミナー室(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:6月17日(金曜日)

[農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2011/110621.html

 

研究成果報告会「欧米価格所得政策の分析」
場所:農林水産政策研究所セミナー室(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:7月1日(金曜日)

[農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2011/110705.html

 

食総研・産総研ジョイントシンポジウム「その分析値は信頼できますか?-食品分析における妥当性確認と標準物質・技能試験-」
場所:日本教育会館 中会議室(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:定員130名(先着順)

[産業技術総合研究所]
http://www.nmij.jp/public/event/2011/jointsymposium/

 

イベント一覧

研究会等を含む、より詳細なリストをご覧いただけます。

http://www.affrc.go.jp/ja/news_event/event

 

6)刊行物 

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
http://www.affrc.go.jp/ (「注目情報」に掲載中)

 

 

[農研機構 農村工学研究所]
(PDF:335KB)
http://nkk.naro.affrc.go.jp/library/publication/seika/news/news73/news73.pdf

 

[農研機構 東北農業研究センター]
http://tohoku.naro.affrc.go.jp/periodical/pamphlet/list.html#ph24

 

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/magazine/134/

 

 

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/techdoc/hm/

 

7)編集後記 

先日、十年ぶりに梅酒を漬けてみました。作る手順はそんなに難しくはないのですが、飲めるようになるまで2~3ヶ月、熟成するには1年かかると言われています。前回漬けた時は、熟成した後も数年間寝かせていたため、琥珀色のまろやかな梅酒ができあがりました。今回も成功するだろうか、成功したらしたでより熟成するまで待てるだろうかと、ちょっとハラハラしながら仕上がりを期待しています。(雪)


 

 

「食と農の扉」「農と食のサイエンス」「農林水産研究開発のすがた」「最近の主な研究成果」などの刊行物がダウンロードできます。
是非ご利用下さい。

 

【編集発行】
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省 農林水産技術会議事務局 技術政策課
TEL:03-3501-9886

(おまけ) 

6月の壁紙 シマアジ

[水産総合研究センター]
http://www.fra.affrc.go.jp/fun/index.html

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局技術政策課
ダイヤルイン:03-3502-7406
FAX:03-3507-8794

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図