English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「食と農の研究メールマガジン」 > バックナンバー > 「食と農の研究メールマガジン」第95号(2011年3月1日号)


ここから本文です。

「食と農の研究メールマガジン」第95号(2011年3月1日号)

目次

1)トピックス

2)メッセージ

3)新しい技術や研究成果の紹介

4)イベントカレンダー(青少年・消費者向けイベント、セミナー・シンポジウム・研究会等)

5)刊行物

6)編集後記

おまけ

1)トピックス 

農林水産省農林水産政策研究所は、平成20年度より実施中の世界の食料需給に関するプロジェクト研究の一環で開発した世界食料需給モデルを用い、2020年における世界の食料需給見通しに関する定量的な予測分析を行いました。

[農林水産省 農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/kenkyu/model/2010/index.html

 

イチゴ収穫ロボットは、ハウス内栽培されたイチゴを3次元位置測定し、色味具合・熟度をカメラで判定し、果実を傷つけないよう果柄部分を切断しトレイに収容するロボット。夜間にロボットが収穫作業を行うことで、農家の作業負担を軽減できます。

[農研機構 生物系特定産業技術研究支援センター]
http://brain.naro.affrc.go.jp/iam/Team/iam_team_robo00.html  

 

2)メッセージ 

平成22年度「民間部門農林水産研究開発功績者表彰」農林水産大臣賞受賞者からのメッセージです。

「フレッシュクリームの革新製法「あじわいこだわり製法」の開発」

従来の生クリームとは差別化された、新たな生クリーム製造法を開発したものです。この製造法では生乳をナノろ過膜処理により脱塩濃縮、脱酸素を行い、低酸素状態のままクリームを分離・殺菌することにより従来技術では発生していた酸化臭を抑制し、牛乳本来のまろやかなコクが高まっていながらも、すっきりとした後味が付与されたクリームを生産できます。

[明治乳業株式会社 研究本部 小松 恵徳、玉井 茂、豊田 活、中岡 明美、辻 直樹]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/mg/mg110301/contents_01.htm

 

3)新しい技術や研究成果の紹介 

豚肉の美味しさは脂肪の量に影響されます。筋肉中脂肪蓄積に関連する染色体領域から有意に関連する候補遺伝子とDNAマーカーを見いだしました。
これを用いることにより、特徴ある豚肉生産に寄与できます。

[農研機構 畜産草地研究所]
(PDF:450KB)
http://nilgs.naro.affrc.go.jp/joint_research/files/buta_dnamarker.pdf

 

牛肉の美味しさは、筋肉中の脂肪の量と質に影響されます。和牛の成長ホルモン遺伝子には3つの型があり、遺伝子型の違いが筋肉中の脂肪の量に有意に関係していることを見いだしました。企業、和牛繁殖農家、肥育農家に本遺伝情報を優れた肉牛を選ぶためのDNAマーカーとして利用していただけます。 

[農研機構 畜産草地研究所]
(PDF:380KB)
http://nilgs.naro.affrc.go.jp/joint_research/files/ushi_dnamarker.pdf

 

「カサブランカ」に代表されるオリエンタル系のユリは、豪華で美しい大輪の花が特徴ですが、香りが強いため、結婚式場やレストランなど、食事を伴う華やかな場での使用が控えられてきました。本特許の香り抑制剤を処理することにより、ユリの香り成分であるテルペノイドの生成を抑制することができ、これまで控えられていた、食事を伴う華やかな場での需要が拡大されることが期待されます。

[大臣承認TLO 農林水産技術情報協会AFFTISアイピー]
http://www.afftis.or.jp/IP/special/sp.html

  

4)イベントカレンダー 

青少年・消費者向けイベント

森林講座「東南アジアの自然と植林から学んだこと」
場所:森林総合研究所多摩森林科学園森の科学館(東京都八王子市)
参加費無料(ただし入園料として300円が必要です)
事前申込必要:開催日の2週間前まで(定員45名)

[森林総合研究所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/event/2011/20110312tamalec-se-asia/index.html

 

第36回立田山森のセミナー『スギを植えて育てる』
集合場所:森林総合研究所九州支所(熊本県熊本市)
参加費無料(中学生以上)、事前申込必要:3月9日(水曜日)まで(定員15名)

[森林総合研究所九州支所]
http://www.ffpri-kys.affrc.go.jp/semina/semina.html

 

中央農研市民講座「身近なバイオマス利用」
場所:食と農の科学館(つくばリサーチギャラリー:茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要(定員70名)

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://narc.naro.affrc.go.jp/event/h22/kouza1103/index.html

 

第16回京都ミュージアムロード・森林総合研究所関西支所「森の展示館」体験企画
 「大小様々な木の円板や枝を使って自分だけのオリジナル作品を作ってみよう。ドングリもあるよ!」
場所:森林総合研究所関西支所(京都府京都市)
参加費無料、事前申込必要:3月4日(金曜日)まで(定員:20名)

[森林総合研究所関西支所]
(PDF:567KB)
http://www.fsm.affrc.go.jp/Old/poster_museum-road_16th_20110312.pdf

 

中央農研市民講座in東京:未来に向かう農業技術-ITで拓く次世代農業-
場所:東京大学 弥生講堂一条ホール(東京都文京区)
参加費無料、定員250名(事前申込不要)

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://narc.naro.affrc.go.jp/event/h22/kouza1103t/index.html

 

森林総合研究所関西支所 森林教室
場所:森林総合研究所関西支所 森の展示館(京都府京都市)
参加費無料、定員20名

[森林総合研究所関西支所]
(PDF:416KB)
http://www.fsm.affrc.go.jp/Old/poster_kyoshitsu20110326.pdf

 

第9回 森の“聞き書き甲子園”フォーラム
場所:江戸東京博物館ホール(東京都墨田区)
参加費無料、事前申込必要:3月25日(金曜日)まで(定員400名)

[第9回森の“聞き書き甲子園”実行委員会、第1回海・川の“聞き書き甲子園”実行委員会]
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/hozen/110128.html

 

中央農研市民講座「稲作と地球温暖化」
場所:食と農の科学館(つくばリサーチギャラリー:茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要(定員70名)

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://narc.naro.affrc.go.jp/event/h23/kouza1104/index.html

 

セミナー・シンポジウム・研究会等

東北地域アグリビジネスフェア2010
場所:仙台市情報・産業プラザ(アエル)5階多目的ホール、6階セミナールーム(宮城県仙台市)
参加費無料

[東北地域農林水産・食品ハイテク研究会、農林水産省]
(PDF:197KB)
http://tohoku-hightech.jp/fair%20youryou.pdf

 

食糧-環境インテリジェンスのための衛星情報・空間情報の先進的利用に関するMARCO 国際ワークショップ
場所:つくば国際会議場(エポカルつくば)202会議室(茨城県つくば市)
参加費無料、事前登録必要(当日参加も可能)、使用言語:英語

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/sympo/h22/20110302.html

 

第4回食料需給セミナー「タイの食料需給状況」
場所:農林水産政策研究所セミナー室(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:2月28日(月曜日)まで(定員:100名)

[農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2010/110302.html

 

平成22年度森林総合研究所 北海道地域研究成果発表会
場所:札幌市教育文化会館 1階小ホール(北海道札幌市)
参加費無料、事前申込不要

[森林総合研究所 北海道支所]
(PDF:408KB)
http://www.ffpri-hkd.affrc.go.jp/koho/presentation/presentation2010/presentation2010.pdf

 

中央農研オープンラボ活用促進セミナー
「シロイヌナズナの知見を活用したアブラナ科作物の病害虫防除技術開発の新展開」
場所:中央農業総合研究センター 環境保全型病害虫防除技術開発共同実験棟(茨城県つくば市)
参加費無料(交流会のみ有料)、事前申込必要:2月23日(水曜日)まで

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://narc.naro.affrc.go.jp/event/h22/h22openlab2/index.html

 

平成22年度林業機械化推進シンポジウム
場所:ベルサール秋葉原 2階ホール(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:2月28日(月曜日)まで(定員400名)

[農林水産省]
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kaihatu/110216.html

 

シンポジウム「食文化の活用と創造で地域に活力を!」
場所:日経カンファレンスルーム(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:2月25日(金曜日)まで(定員300名)

[電通、日本経済新聞社クロスメディア営業局]
http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/tizai/110215.html

 

第5回有機農業技術総合研究大会
場所:山口大学吉田キャンパス 大学会館(山口県山口市)
参加費1000円(資料代)、事前申込必要:2月26日(土曜日)まで

[NPO法人有機農業技術会議]
http://www.ofrc.net/council.html#no23

 

バイオ燃料利用推進対策セミナー
場所:経団連会館 2階 国際会議場(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:3月4日(金曜日)まで(定員100名)

[農林水産省]
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bio/110214.html

 

第4回果樹研フルーツセミナー「色素たっぷり飲むカンキツ」
場所:南青山会館(東京都港区)
参加費無料、事前申込必要:2月25日(金曜日)まで(定員100名)

[農研機構果樹研究所]
http://fruit.naro.affrc.go.jp/fruitseminar/2010/03-08/kankitu.html

 

国際セミナー「持続可能な森林経営の挑戦」
場所:三田共用会議所 講堂(東京都港区)
参加費無料、事前申込必要:3月1日(火曜日)まで(定員250名)

[農林水産省]
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kaigai/110209.html

 

セミナー「持続的な農業を支援するための多様な手法について」
場所:農林水産政策研究所 セミナー室(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:3月7日(月曜日)まで(定員100名)

[農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2010/110309.html

 

農研機構重点事項研究強化費
「水稲超多収栽培モデルの構築と実証」成果発表会
場所:中央農業総合研究センター大会議室
参加費無料、事前申込必要

[農研機構 作物研究所]
http://nics.naro.affrc.go.jp/event/sonota22/choutasyu.html

 

平成22年度農村工学研究所研究会
場所:農林水産技術会議事務局筑波事務所 本館2階、農林ホール(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込必要:3月2日(水曜日)

[農研機構 農村工学研究所]
http://nkk.naro.affrc.go.jp/ivent/H22/h22_kenkyukai/h22_kaisai_youryou.html

 

平成22年度 新技術セミナー
「農業の再生戦略と農業機械化の展望」
場所:大宮ソニックシティ 小ホール(埼玉県さいたま市)
参加費無料、事前申込必要:2月28日(月曜日)まで

[農研機構 生物系特定産業技術研究支援センター]
http://brain.naro.affrc.go.jp/iam/Event/iam_event110309.htm

 

平成22年度 生研センター研究報告会
場所:大宮ソニックシティ(埼玉県さいたま市)
参加費無料、事前申込必要:2月15日(火曜日)まで

[農研機構 生物系特定産業技術研究支援センター]
http://brain.naro.affrc.go.jp/iam/Event/iam_event110310.htm

 

障がい者就労推進研修会 in つくば:「さまざまな協働が支え合う『農』と『福祉』の地域づくり」
場所:農林水産技術会議事務局筑波事務所 本館2階つくば農林ホール(茨城県つくば市)
参加費無料

[農研機構 農村工学研究所]
(PDF:174KB)
http://nkk.naro.affrc.go.jp/tsukuba.pdf

 

シリーズ第5回「食料需給セミナー:ウクライナの食料需給状況」
場所:農林水産政策研究所 セミナー室(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:3月8日(火曜日)まで(定員100名)

[農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2010/110310.html

 

第5回JAグループ 国産農畜産物商談会
場所:東京国際フォーラム 展示ホール(東京都千代田区)
参加費無料、招待状必要(予めホームページから申込み)

[JA全農/JAバンク/JA全中]
http://www.exhibitiontech.com/ja/index.html

 

公開セミナー「水産と工学の連携によるイノベーションを探る」
場所:関内ホール・小ホール(横浜市中区住吉町4-42-1)
参加費無料、事前申込必要

[水産総合研究センター・海上技術安全研究所]
http://www.fra.affrc.go.jp/pressrelease/pr22/230228/

 

農研機構新技術説明会 ~鳥インフルエンザ・BSE・食品機能性等~
場所:科学技術振興機構 JSTホール(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:定員100名

[農研機構、科学技術振興機構]
http://jstshingi.jp/naro.affrc/2010/

 

第261回鶏病事例検討会-ウイルス性疾病の発生事例-
場所:農林水産技術会議事務局筑波事務所 2階つくば農林ホール(茨城県つくば市)
参加費無料

[農研機構 動物衛生研究所]
http://niah.naro.affrc.go.jp/event/kai/keibyou/261.html

 

平成22年度第5回東北農研セミナー「自然と共生した農業技術のあり方を探る」
場所:コラッセふくしま 4階多目的ホール(福島県福島市)
参加費無料、事前申込必要:3月10日(木曜日)まで

[農研機構 東北農業研究センター]
http://tohoku.naro.affrc.go.jp/event/2010/0323.html

 

東北農研シンポジウム「東北地域における四季成り性イチゴ品種による夏秋どり栽培技術の開発」
場所:いわて県民情報交流センター 7階アイーナホール(岩手県盛岡市)
参加費無料、事前申込必要:3月17日(木曜日)まで

[農研機構 東北農業研究センター]
http://tohoku.naro.affrc.go.jp/event/2010/0324.html

 

第28回近赤外講習会(初級コース)・第69回食品技術講習会
場所:食品総合研究所 管理棟第1会議室(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込必要:2月28日(月曜日)まで

[農研機構 食品総合研究所]
(PDF:186KB)
http://nfri.naro.affrc.go.jp/guidance/katsudo/kinsekigai/dai28kinseki-bosyu.pdf

 

研究会等を含む、より詳細なリストをご覧いただけます。
http://www.affrc.go.jp/ja/news_event/event

 

5)刊行物 

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
http://www.affrc.go.jp/ (「注目情報」に掲載中)

 

[農研機構 北海道農業研究センター]
http://cryo.naro.affrc.go.jp/kankobutu/kenkyuhokoku/hokoku.html

 

[農業生物資源研究所]
(PDF:567KB)
http://www.nias.affrc.go.jp/newsletter/2011/News40.pdf

 

[国際農林水産業研究センター]
http://www.jircas.affrc.go.jp/kankoubutsu/jarq/Vol_html/45-1.html

 

[国際農林水産業研究センター]
(PDF:833KB)
http://www.jircas.affrc.go.jp/english/publication/newsletter/2010/jircasnewsletter60.pdf

 

[森林総合研究所関西支所]
(PDF:902KB)
http://www.fsm.affrc.go.jp/Joho/res_info_099.pdf

 

[森林総合研究所林木育種センター北海道育種場]
(PDF:2.4MB)
http://hokuiku.job.affrc.go.jp/kankoubutsu/oka-No.176.pdf

 

[水産総合研究センター]
http://www.fra.affrc.go.jp/bulletin/bull/bull32/index.html

 

[水産総合研究センター]
http://www.fra.affrc.go.jp/bulletin/bull/bull33/index.html

 

[水産総合研究センター 養殖研究所]
(PDF:5.5MB)
http://nria.fra.affrc.go.jp/letter/7.pdf

 

6)編集後記 

水戸や筑波山など関東の梅の名所では梅まつりが始まっていて、電車広告でもきれいな梅林の風景写真を見かけます。住まいの近くでも、日当たりがよく、風が弱い、建物のそばなどに植わっている梅は2月上旬から咲き出しているものもあります。日が長くなり、暖かくなって、日ごとに梅の花が枝に広がっており、花の様子を見るのが、毎朝の通勤時の楽しみになっています。
先日の新聞で、梅の果汁を煮詰めてペースト状にした梅エキスにインフルエンザウイルスを撃退する効果があり、予防効果も高いとか。
風邪にかかった時に食欲がなかったので、毎食、梅干しを食べていました。ウイルス予防への効力は不明ですが、ご飯が食べられて病状を悪化させてなかったのは効果ありということでしょうか。
3月、梅の花とともに桜の開花前線も気になりますね。(ct) 

 


 

 

「食と農の扉」「農と食のサイエンス」「農林水産研究開発のすがた」「最近の主な研究成果」などの刊行物がダウンロードできます。
是非ご利用下さい。

http://www.s.affrc.go.jp/docs/kankoubutu.htm

 

【編集発行】
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省 農林水産技術会議事務局 技術政策課
TEL:03-3501-9886

(おまけ) 

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局技術政策課
ダイヤルイン:03-3502-7406
FAX:03-3507-8794

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図