English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「食と農の研究メールマガジン」 > バックナンバー > 「食と農の研究メールマガジン」第92号(2011年1月15日号)


ここから本文です。

「食と農の研究メールマガジン」第92号(2011年1月15日号)

目次

1)トピックス

2)メッセージ

3)新しい技術や研究成果の紹介

4)イベントカレンダー(青少年・消費者向けイベント、セミナー・シンポジウム・研究会等)

5)刊行物

6)編集後記

おまけ

1)トピックス 

農林水産省農林水産技術会議事務局では、農林水産政策上重要な研究のうち、農林水産分野及び関連分野の研究総力をあげて取り組むべき課題について委託プロジェクト研究を実施しています。
以下の7課題について、平成23年1月6日(木曜日)~2月21日(月曜日)の日程で公募を実施中です。
なお、本委託事業は、平成23年度予算政府案に基づき行っているため、今後、変更等があり得ることをあらかじめご承知おき下さい。

  1. 農林水産物・食品の機能性等を解析・評価するための基盤技術の開発
  2. 画期的な農畜産物作出のためのゲノム情報データベースの整備
  3. 海洋微生物解析による沿岸漁業被害の予測・抑制技術の開発
  4. アグリ・ヘルス実用化研究促進プロジェクト
  5. 鳥インフルエンザ、BSE、口蹄疫等の効率的なリスク低減技術の開発
  6. 新農業展開ゲノムプロジェクト
  7. 気候変動に対応した循環型食料生産等の確立のための技術開発

詳細については、以下のページをご参照下さい。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/project/2011/project2011_new_expansion.htm

 

農林水産省農林水産技術会議事務局では、国際的な課題解決に向けた研究開発の促進を図るため、国際ワークショップの開催や海外との共同研究等の研究交流を活発化するとともに、国際農業研究に携わる我が国若手研究者の育成に資する事業を実施することとし公募を開始致しましたのでお知らせします。
なお、本事業は、平成23年度予算政府案に基づき行っているため、今後、変更等があり得ることをあらかじめご承知おき下さい。

  1. 平成23年度「地球規模課題国際研究ネットワーク事業(国際研究ネットワーク形成等の推進)」の公募について
    公募期間(平成23年1月7日(金曜日)~2月22日(火曜日)17時)
  2. 平成23年度「国際共同研究人材育成推進・支援事業」の公募について
    公募期間(平成23年1月7日(金曜日)~3月3日(木曜日)正午)

詳細については、以下のページをご参照下さい。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/research_international/2011/international_2011.htm

 

2)メッセージ 

平成22年度若手農林水産研究者表彰受賞者からのメッセージです。

  • 「スギ花粉対策のための無花粉スギ品種開発に関する研究」

無花粉スギの遺伝様式を明らかにし、日本で初の無花粉スギ「はるよこい」を品種登録に導くと共に、無花粉スギの大量増殖技術も確立したものである。花粉発生源対策の効率的な方法も提案しており、林業だけでなく生活環境への貢献も期待できます。

富山県農林水産総合技術センター森林研究所 主任研究員 斎藤 真己 氏
http://www.s.affrc.go.jp/docs/mg/mg110115/contents_01.htm

 

3)新しい技術や研究成果の紹介 

植物の生長を制御する遺伝子(Hd16遺伝子)の発現や機能を調整することで、栽培地域に適応したイネ品種の育成や栽培時期の調節に活用できる特許「植物の生長を制御する遺伝子Hd16およびその利用」など、ライセンス可能な特許を紹介中。

[大臣承認TLO 農林水産技術情報協会AFFTISアイピー]
http://www.afftis.or.jp/IP/patent/new.html

 

4)イベントカレンダー 

青少年・消費者向けイベント

日本絹の里第52回特別展 まゆクラフト作品展2010
場所:群馬県絹の里(群馬県高崎市)
入館料:一般200円、大・高生100円

[群馬県立日本絹の里]
(PDF:137KB)
http://www.nippon-kinunosato.or.jp/images/craft.pdf

 

漁業調査船 新「陽光丸」の一般見学会
場所:長崎港常盤岸壁(長崎県長崎市)
参加費無料、事前申込不要
[水産総合研究センター 西海区水産研究所]
http://www.fra.affrc.go.jp/pressrelease/pr22/2301111/

 

第6回北農研サイエンスカフェ
「クラークの丘から」
場所:北海道大学 旧昆虫学教室(北海道札幌市)
参加費無料、事前申込必要(飛び入り歓迎)

[農研機構 北海道農業研究センター]
http://cryo.naro.affrc.go.jp/event/2011/0129/index.html

 

森林講座
「樹木のバイオテクノロジーが切り拓く未来」
場所:森林総合研究所多摩森林科学園森の科学館(東京都八王子市)
参加費無料(ただし入園料として300円必要です)
事前申込必要:講座開催日の2週間前まで(定員45名)

森と人をつなぐ談話会(第12回)
「森林は水を育む -森林と水の謎を解く-」
場所:筑波西武百貨店6階 つくば西武ホール(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要(定員40名)

[森林総合研究所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/event/2011/20110212danwakai12/index.html

 

中央農研市民講座
「アジアの水田にて-イネ害虫防除の海外技術協力-」
場所:食と農の科学館(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要(定員70名)

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://narc.naro.affrc.go.jp/event/h22/kouza1102/index.htm

 

セミナー・シンポジウム・研究会等

小泉武夫客員研究員セミナー
「有機性廃棄物の大規模コンポスト化と、それを用いた有機農業の実情と今後の展開」
場所:農林水産政策研究所セミナー室(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:1月19日(水曜日)まで(定員150名)

[農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2010/110121.html

 

第15回地域水産加工技術セミナー
「来らっせ、食わっせ、銚子の魚 ~銚子の海は宝の宝庫~」
場所:銚子市民センター(千葉県銚子市)
参加費無料、事前申込不要
[水産総合研究センター]
http://www.fra.affrc.go.jp/pressrelease/pr22/2301112/

 

公開シンポジウム
「未侵入地域での効果的な松くい虫予防対策に向けて」
場所:青森市男女共同参画プラザ「アウガ」 5階AV多機能ホール(青森県青森市)
参加費無料、事前申込不要

[森林総合研究所 東北支所]
http://www.ffpri-thk.affrc.go.jp/index.html

 

障がい者就労推進研修会 in 玉野
「農福連携と地域間交流による地域活性化の可能性」
場所:玉野市立総合文化センター(岡山県玉野市)
参加費無料、事前申込必要:1月24日(月曜日)まで

[農研機構 農村工学研究所]
http://nkk.naro.affrc.go.jp/tamano.html

国際シンポジウム
「地球温暖化と農業とのかかわり」
場所:(1日目)国連大学 ウ・タント国際会議場(東京都渋谷区)
(2日目)三田共用会議所講堂(東京都港区)

参加費無料、事前申込必要:1月26日(水曜日)まで

[農林水産省]
http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kankyo/101227.html

 

東北農研・岩手農研合同シンポジウム
「東北発! 冬場のアスパラガス生産拡大に向けて」
場所:いわて県民情報交流センター(アイーナ) 8階804A会議室(岩手県盛岡市)
参加費無料(情報交換会のみ参加費4,000円)
事前申込必要:1月27日(木曜日)まで(定員130名)

[岩手県農業研究センター]
http://www.pref.iwate.jp/~hp2088/gyoji/h22_aspara_sympo.html

 

セミナー「中国の農業農村政策の現状と今後の方向」
場所:農林水産政策研究所セミナー室(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:2月4日(金曜日)まで(定員100名)

[農林水産政策研究所]
http://www.maff.go.jp/primaff/meeting/kaisai/2010/110208.html

 

革新的な土壌診断技術の利用に関する説明会
「新技術の解析方法等の紹介と実用化に向けた連携の検討」
場所:農林水産本省7階講堂(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/sympo/h22/20110208.html#jimukyoku

 

講演会「イノベーションによる食の未来創成に向けて」
場所:東京工業大学 西9号館 ディジタル多目的ホール(東京都目黒区)
参加費無料、事前申込必要(定員250名)

[東京工業大学]
(PDF:1.38MB)
http://www.mot.titech.ac.jp/food/data/lecture_2011_02_10.pdf

 

研究会等を含む、より詳細なリストをご覧いただけます。
http://www.affrc.go.jp/ja/news_event/event

 

5)刊行物 

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
http://www.affrc.go.jp/ (「注目情報」に掲載中)

 

(PDF:2.66MB)
[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://narc.naro.affrc.go.jp/team/fmrt/manual/groupfarming09.pdf

 

[農研機構 九州沖縄農業研究センター]
http://konarc.naro.affrc.go.jp/houkoku/index.html

 

[農研機構 野菜茶業研究所]
(PDF:5.06MB)
http://vegetea.naro.affrc.go.jp/print/news/vegeteanews37.pdf

 

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/magazine/129/

 

[水産総合研究センター]
(PDF:7.4MB)
http://www.fra.affrc.go.jp/bulletin/news/fnews25.pdf

 

[水産総合研究センター]
(PDF:1.8MB)
http://www.fra.affrc.go.jp/bulletin/letter/no38.pdf

 

6)編集後記 

新年が動き出して2週間、晴天続きの東京にいると明るい年が動き出していると期待も込めて思ってしまいます。
昨年の大晦日、実家の辺りは1日に1m近くの降雪、夜には停電も。
薪ストーブで暖はとれていたものの、水は出ず、年末恒例の歌番組も途中で止まり、帰省していた家族は被害を心配して、ロウソクを灯したテーブルに集まっていました。家のそばを除雪車が通ったのは元日の昼近く。湿った雪で倒木もあり、道路も麻痺する状況。おかげで正月三が日は除雪でくれ、いかに普段の備えがないかを思い知らされた年の初めでした。これも何かの教えだ、と母は悟っていましたが。
兎年は飛躍の年とか。体力的には飛躍が想像できなくなってきましたが、イメージばかりも飛躍を感じれるようにがんばっていきたいものです。(ct)

 


 

「食と農の扉」「農と食のサイエンス」「農林水産研究開発のすがた」「最近の主な研究成果」などの刊行物がダウンロードできます。
是非ご利用下さい。

http://www.s.affrc.go.jp/docs/kankoubutu.htm

 

【編集発行】
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省 農林水産技術会議事務局 技術政策課
TEL:03-3501-9886

(おまけ) 

1月壁紙 タイマイ

[水産総合研究センター 栽培漁業センター]
http://ncse.fra.affrc.go.jp/05pr/index.html

 

おいしい果物カレンダー2011

[農研機構 果樹研究所]
(PDF:229KB)
http://fruit.naro.affrc.go.jp/KIH/calendar2011.pdf

 

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局技術政策課
ダイヤルイン:03-3502-7406
FAX:03-3507-8794

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図