English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「食と農の研究メールマガジン」 > バックナンバー > 「食と農の研究メールマガジン」第89号(2010年12月1日号)


ここから本文です。

「食と農の研究メールマガジン」第89号(2010年12月1日号)

目次

1)トピックス

2)農林水産技術会議事務局の動き

3)新しい技術や研究成果の紹介

4)イベントカレンダー(青少年・消費者向けイベント、セミナー・シンポジウム・研究会等)

5)刊行物

6)編集後記

おまけ

1)トピックス 

農林水産省は関係機関と共同で、研究成果の迅速な普及・実用化を図ることを目的として、地域マッチングフォーラムを開催します。
各地域にあったテーマを設定し、最新の研究成果とその実践事例などを紹介します。現在、次のとおり開催を予定しておりますので、是非、ご参加ください。

 

1)近畿地域マッチングフォーラム(滋賀)

日時:12月10日(金曜日) 13時00分~17時00分
場所:滋賀県農業教育情報センター(滋賀県大津市)
テーマ:米の可能性を拓く-新規需要米の力、作って活かして地域を元気に

[農研機構 近畿中国四国農業研究センター]
http://wenarc.naro.affrc.go.jp/event/matching_forum/2010/kinki/event_m_forum20101210.html

 

2)関東地域マッチングフォーラム(東京)

日時:12月15日(水曜日) 13時00分~16時30分
場所:科学技術館 サイエンスホール(東京都千代田区)
テーマ:飼料イネ・飼料米の効率的な生産・利用技術

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://narc.naro.affrc.go.jp/event/h22/h22match_kanto/index.html

関連行事:「飼料イネの研究・普及に関する情報交換会」(12月14~15日)
[農研機構 畜産草地研究所]
http://nilgs.naro.affrc.go.jp/press/2010/1111/shiryoine_index.html

 

3)東海地域マッチングフォーラム(愛知)

日時:12月22日(水曜日) 10時00分~12時15分
場所:名古屋大学 野依記念学術交流館(愛知県名古屋市千種区)
テーマ:省力栽培、消費拡大を目指す野菜の新技術・新品種

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://narc.naro.affrc.go.jp/event/h22/h22match_toukai/index.html

同時開催:「農林水産・食品産業新技術開発フェア」(12月21~22日)
[NPO法人 東海地域生物系先端技術研究会]
http://www.biotech-tokai.jp/news/nwsdet.php?id=136

 

2)農林水産技術会議事務局の動き 

共通テーマ:「ここまでできた!お米の研究最前線」

1)新農業展開ゲノムプロ 富山シンポジウム2010

12月10日(金曜日) 14時00分~16時00分
場所:富山県民会館304号室(富山県富山市)
参加費無料、事前申込必要

[新農業展開ゲノムプロジェクト]
http://cropgenome.project.affrc.go.jp/special/symposium20101210.html

 

2)新農業展開ゲノムプロ 愛知シンポジウム2010

12月17日(金曜日) 14時00分~16時30分
会場:ウィルあいち(愛知県女性総合センター) 大会議室(愛知県名古屋市)
参加費無料、事前申込必要

[新農業展開ゲノムプロジェクト]
http://cropgenome.project.affrc.go.jp/special/symposium20101217.html

 

3)新しい技術や研究成果の紹介 

森林や草地など多様な植生が周りに豊富なソバ畑では、花粉を媒介する昆虫が多くみられました。花粉を媒介する昆虫の多くいるソバ畑では、ソバ結実率は良くなりました。

[森林総合研究所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/press/2010/20101116/index.html

 

現在、血栓溶解剤として医療において用いられているプラスミノーゲン活性化剤は、副作用も強いことが知られている。本特許により、食品である乳酸菌からプラスミノーゲン活性化剤を作成できる。
これは、ヒトプラスミノーゲンのみならず、動物のプラスミノーゲンも活性化することから、飼料、ペットフード等としても利用できます。

[大臣承認TLO 農林水産技術情報協会AFFTISアイピー]
http://www.afftis.or.jp/IP/patent/new.html

 

4)イベントカレンダー 

青少年・消費者向けイベント

農環研サイエンスカフェ「温暖化からお米をまもる!」
場所:つくばエキスポセンター内 レストラン滝
参加費無料、事前申込必要:先着25名

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/cafe/cafe101211.html

 

セミナー・シンポジウム・研究会等

2010アグリビジネス創出フェア in Hokkaido
場所:サッポロファクトリー(北海道札幌市)
参加費無料、事前申込不要

[NPO法人 グリーンテクノバンク]
http://www.gtbh.jp/news/index.html

 

第4回農研機構 産学官連携交流セミナー
「イチゴビジネスを飛躍させる次世代生産・交流技術の提案」
場所:農研機構 生物系特定産業技術研究支援センター東京事務所会議室(東京リエゾンオフィス)(東京都港区)
参加費無料、事前申込必要:先着60名

[農研機構]
(PDF:408KB)
http://www.naro.affrc.go.jp/joint_research/news/seminar/2010-4th.pdf

 

森林総合研究所公開シンポジウム
「持続可能な森林経営のための基準・指標-地域レベルへの適用-」
場所:東京大学弥生講堂(東京都文京区)
参加費無料、事前申込不要

[森林総合研究所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/event/2010/20101206/index.html

 

農研機構シンポジウム
「麦・大豆栽培における湿害の現実と研究展開~水田高度利用に向けた耐湿性の生理・遺伝研究~」
場所:東京大学弥生講堂・一条ホール(東京都文京区)
参加費無料、事前申込必要

[農研機構 作物研究所]
http://nics.naro.affrc.go.jp/sympo/2010-12sympo.html

 

中国四国地域アグリビジネス創出フェア2010
場所:岡山コンベンションセンター(岡山県岡山市)
参加費無料、事前登録不要

[NPO法人 中四国アグリテック]
http://www2.ocn.ne.jp/~agritech/sub_3_h22_12_8.html

 

中央農研オープンラボ活用促進セミナー
「バイオマスリファイナリー研究の推進を目指して」
場所:中央農業総合研究センター 本館3階第1会議室(茨城県つくば市)
入場無料、事前申込必要:12月1日(水曜日)まで

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://narc.naro.affrc.go.jp/event/h22/h22openlab/index.html

 

九州沖縄農研 アグリネットワーク・フォーラム ~最新の技術、品種から農商工連携へ~
場所:ロマネスクリゾート菊南(熊本県熊本市)
参加費無料、当日参加も可能ですが、事前登録いただければ幸いです。
[農研機構 九州沖縄農業研究センター]
http://konarc.naro.affrc.go.jp/oshirase/2010/Agri_Forum/index.html

 

-新農業展開ゲノムプロ 富山シンポジウム2010-
ここまでできた!お米の研究最前線
場所:富山県民会館304号室(富山県富山市)
参加費無料、事前申込必要

[新農業展開ゲノムプロジェクト]
http://cropgenome.project.affrc.go.jp/kenkyu/index.html

 

中央農研市民講座「土壌の機能と地球温暖化」
場所:食と農の科学館(つくばリサーチギャラリー)(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要(定員約70名)

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://narc.naro.affrc.go.jp/event/h22/kouza1012/index.htm

 

-新農業展開ゲノムプロ 愛知シンポジウム2010-
ここまでできた!お米の研究最前線
会場:ウィルあいち(愛知県女性総合センター) 大会議室(愛知県名古屋市)
参加費無料、事前申込必要

[新農業展開ゲノムプロジェクト]
http://cropgenome.project.affrc.go.jp/special/symposium20101217.html

 

第260回鶏病事例検討会
場所:農林水産技術会議事務局筑波事務所本館2階農林ホール(茨城県つくば市)

[農研機構 動物衛生研究所]
http://niah.naro.affrc.go.jp/event/kai/keibyou/260.html

 

農林水産・食品産業新技術開発フェア2010 in 東海
場所:名古屋大学 野依記念学術交流館(愛知県名古屋市)
参加費無料、事前登録不要

[東海地域生物系先端技術研究会]
http://www.biotech-tokai.jp/news/nwsdet.php?id=136

 

委託プロジェクト研究「地域内資源を循環利用する省資源型農業確
率のための研究開発」成果発表会
場所:滝野川会館大ホール(東京都北区)
参加費無料、事前登録必要:12月15日まで(定員:500名)

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/101130.htm

 

中央農研市民講座
「麦の話」
場所:食と農の科学館(つくばリサーチギャラリー)(茨城県つくば市)
参加費無料、事前登録不要(定員約70名)

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://narc.naro.affrc.go.jp/event/h22/kouza1101/index.htm

 

研究会等を含む、より詳細なリストをご覧いただけます。

 

5)刊行物 

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
http://www.affrc.go.jp/ (「注目情報」に掲載中)

 

[農業生物資源研究所]
(PDF:573KB)
http://www.nias.affrc.go.jp/newsletter/2010/News39.pdf

 

 

 

6)編集後記 

例年、この季節になると我が家の玄関周りがパンジーの花で埋め尽くされるのが普通だった。そのためには、8月末頃に種を蒔き、10月にポットからプランター等に苗を移植して開花するまでに成長させる必要があった。しかし、今年は未だ、本葉がわずかしか無く、つぼみなど想像できない状態である。なぜこうなってしまったかというと、夏の暑さと冬の訪れの早さが原因ではないだろうか。種を蒔くのが9月末にずれ込み、本葉が出揃った頃に一気に気温が低下したことによって成長する時期を逸してしまったようだ。これから日毎に寒くなる時期、簡易に作成した温室もどきにパンジーをいれて、少しでも早く開花できるように見守ってあげることしかできないのだろうか。(KO)


 

「食と農の扉」「農と食のサイエンス」「農林水産研究開発のすがた」「最近の主な研究成果」などの刊行物がダウンロードできます。
是非ご利用下さい。

http://www.s.affrc.go.jp/docs/kankoubutu.htm

 

【編集発行】
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省 農林水産技術会議事務局 技術政策課
TEL:03-3501-9886

(おまけ) 
12月壁紙 クロマグロ
[水産総合研究センター 栽培漁業センター]
http://ncse.fra.affrc.go.jp/05pr/index.html

 

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局技術政策課
ダイヤルイン:03-3502-7406
FAX:03-3507-8794

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図