English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「食と農の研究メールマガジン」 > バックナンバー > 「食と農の研究メールマガジン」第87号(2010年11月1日号)


ここから本文です。

「食と農の研究メールマガジン」第87号(2010年11月1日号)

目次

 1)トピックス

2)農林水産技術会議事務局の動き
3)新しい技術や研究成果の紹介

4)イベントカレンダー(青少年・消費者向けイベント、セミナー・シンポジウム・研究会等)

5)刊行物

6)編集後記

おまけ

1)トピックス 

本表彰では、開発途上地域の農林水産業等の研究開発について、その一層の発展及びそれに従事する若手研究者の意欲向上に資するため、優れた功績や将来の技術革新等につながる研究業績をあげつつある若手外国人研究者に対して農林水産技術会議会長賞を授与しています。
第4回目である本年は3名(スリランカ、タイ、中国)を表彰します。

日時:平成22年11月8日(月曜日)
10時30分~11時15分 表彰式
11時15分~12時00分 受賞者講演
12時00分~13時30分 祝賀レセプション
場所:つくば国際会議場(エポカル)
参加費無料、当日参加可
詳しくは以下をご覧ください。

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/101025.htm

 

農林水産省は関係機関と共同で、研究成果の迅速な普及・実用化を図ることを目的として、地域マッチングフォーラムを開催します。
今回は、「雨が少ない年でも安心!省エネ・省力・低コストな潅水・施肥の新技術」をテーマとし、温暖寡雨地域における園芸作物の高収益安定生産システムの確立に向けて、日射制御型拍動潅水技術などの最新の研究成果やその実践事例を紹介します。また、技術の普及に役立てるための参加者相互の意見交換や技術相談を行います。

日時:11月18日(木曜日)13時00分-17時00分
場所:サンポートホール高松(香川県高松市)
参加費無料、事前申込不要
詳しくは以下をご覧ください。

[農研機構 近畿中国四国農業研究センター]
http://wenarc.naro.affrc.go.jp/event/matching_forum/2010/chugokushikoku/event_m_forum20101118.html

 

2)農林水産技術会議事務局の動き 

11月5日(金曜日)
場所:つくば国際会議場(エポカルつくば) 中ホール200 中会議室201・202
事前申込不要、参加費無料

[農林水産技術会議事務局ほか]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/101008_1.htm

 

11月5日(金曜日)
場所:つくば国際会議場(エポカルつくば) 大会議室101・102
事前申込不要、参加費無料

[農林水産技術会議事務局・農研機構]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/101008.htm

 

11月24日(水曜日)~26日(金曜日)
場所:幕張メッセ6ホール(千葉県千葉市美浜区)
入場無料、事前登録:11月23日(火曜日)まで(事前登録を行わなくても当日無料で入場可能。)

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/101001.htm

[アグリビジネス創出フェア2010]
http://agribiz-fair.jp/

 

12月1日(水曜日)~3日(金曜日)
場所:農研機構 食品総合研究所
申込期限:11月2日(火曜日)正午

3)新しい技術や研究成果の紹介 

農研機構果樹研究所は、大粒で食味が良く、種なし栽培が可能なブドウ新品種「サンヴェルデ」を育成しました。
「サンヴェルデ」は「巨峰」と同時期に収穫でき、果粒の大きさは14g程度、果皮は黄緑色です。「巨峰」、「ピオーネ」より噛み切りやすく硬い肉質で、食味が優れています。ジベレリン処理により種なし栽培ができます。
ブドウ生産は「巨峰」、「ピオーネ」等の大粒ブドウの種なし栽培が増加していますが、「巨峰」と同様に皮が剥けやすく、これらの品種とは果皮色などの外観や食味が異なる大粒品種が求められていました。「サンヴェルデ」の育成により、ブドウのさらなる需要の拡大が期待されます 。

[農研機構 果樹研究所]
http://fruit.naro.affrc.go.jp/announcements/kisya/H22/10_27/sanberute.html

 

農研機構果樹研究所は、早生で食味の良いカンキツ新品種「津之望」を育成しました。
「津之望」は露地栽培でき、12月中下旬に成熟期を迎える早生品種で、隔年結果性が低く、連年安定生産が容易です。果実は190g程度とウンシュウミカンより大きく、皮が剥けやすく、芳香があって食味の良いのが特徴です。浮皮も発生しにくく、商品果率の高い品種として、今後の普及が期待されます。

[農研機構 果樹研究所]
http://fruit.naro.affrc.go.jp/announcements/kisya/H22/10_27/tunonozomi.html

 

農研機構果樹研究所は、黄肉の生食用モモ新品種「つきかがみ」を育成しました。
「つきかがみ」は、黄肉の主要品種「黄金桃」より1週間程度遅く収穫される晩生品種です。果実は350g程度と大果で、糖度も高く食味が優れています。また、裂果や果面の荒れが少なく外観が優れ、無袋栽培が可能です。「黄金桃」からリレー出荷できる生食用黄肉品種として今後の普及が期待されます。

[農研機構 果樹研究所]
http://fruit.naro.affrc.go.jp/announcements/kisya/H22/10_27/tukikagami.html

 

農研機構中央農業総合研究センターは、屋外に置いてある飼料ロールベールを牛に直接給餌できる給餌装置を開発しました。
本給餌装置を用いれば、牧草が不足する晩秋から早春でもほ場で牛を飼養できます。また、初めて放牧する牛を放牧環境へ慣れさせる場合にも活用でき、放牧飼養の推進や飼養規模の拡大に貢献することが期待されます。

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://narc.naro.affrc.go.jp/press/h22/1020/index.html

 

農林水産・食品産業分野の技術交流展示会「アグリビジネス創出フェア2010」(開催場所:幕張メッセ)において、「農林水産知的財産ネットワークシンポジウム2010」を開催します。
今回のシンポジウムは、農山漁村の6次産業化、地域活性化、産官学連携等の視点を踏まえつつ、農林水産・食品分野における知的財
産の活用と課題について話題を提供し、今後の方向性について検討を行います。

日時:11月25日(木曜日)13時30分~16時00分
場所:幕張メッセ6ホール メインステージ
入場無料、事前登録:11月22日(火曜日)まで(席に余裕がある場合には、当日受付も可能です。)
申込用紙に記入の上、下記申込先へメール又はFAXにてお申込ください。
申込先:農林水産知的財産ネットワーク事務局((社)農林水産技術情報協会内)
FAX:03-3667-8933
E-mail:ip-simp@aff-chizai.net
シンポジウムの内容、申込用紙については、以下をご覧ください。

[アグリビジネス創出フェア2010]
http://agribiz-fair.jp/

[農林水産知的財産ネットワーク事務局((社)農林水産技術情報協会内)]
http://www.aff-chizai.net/ 

 

4)イベントカレンダー 

 青少年・消費者向けイベント

水産総合研究センター遠洋水産研究所 一般公開
「マグロの不思議と魅力」
場所:遠洋水産研究所(静岡市清水区)
入場無料、事前申込不要

[水産総合研究センター]
http://fsf.fra.affrc.go.jp/open/22ippankoukai.htm

 

野菜茶業研究所安濃本所 一般公開
~野菜(Yasai)には愛(ai)がある~
場所:野菜茶業研究所 安濃本所(三重県津市)
入場無料、事前登録不要

[農研機構 野菜茶業研究所]
http://vegetea.naro.affrc.go.jp/anou/open/h22/h22open.html
 

九州沖縄農業研究センター(都城研究拠点)一般公開
「現在・過去・未来、進化をつづける農業技術」
場所:九州沖縄農業研究センター都城研究拠点(宮崎県都城市)
入場無料、事前登録不要

[農研機構 九州沖縄農業研究センター]
http://konarc.naro.affrc.go.jp/oshirase/koukai/2010/miyakonojo/index.html

 

セミナー・シンポジウム・研究会等

農研機構セミナー
「研究とメディアのより良い関係を考える」
場所:農林水産技術会議事務局筑波事務所1階 会議室(茨城県つくば市)
入場無料、事前登録不要(定員100名) 

[農研機構 動物衛生研究所]
http://niah.naro.affrc.go.jp/event/naro_seminar/20101105.html

 

米粉利用研究シンポジウム
「いろいろ米粉のいろいろ米パン」
場所: つくば国際会議場 中ホール(茨城県つくば市)
入場無料、事前登録不要(先着200名)

[農研機構 食品総合研究所]
(PDF:82KB)
http://nfri.naro.affrc.go.jp/guidance/katsudo/pdf/2010/iroirokomeko-2.pdf

 

食品総合研究所研究成果展示会2010
場所:つくば国際会議場(茨城県つくば市)
入場無料、事前登録不要

「2010年(第4回)若手外国人農林水産研究者表彰」表彰式の開催
場所:つくば国際会議場 中ホール(茨城県つくば市)
参加費無料、当日参加可能

[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/101025.htm

 

TARC-JIRCAS40周年記念国際シンポジウム
「持続的開発のための国際農林水産業研究の新たな10年」
場所:つくば国際会議場 中ホール(茨城県つくば市)
参加費無料、参加申込:11月4日12時まで
使用言語:英語(日本語同時通訳)
詳しくは以下をご覧ください。

[国際農林水産業研究センター]
http://www.jircas.affrc.go.jp/event/2010/20101108.html

 

平成22年度花き研究所研究成果発表会
場所:農林水産技術会議事務局筑波事務所(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込必要:11月4日(木曜日)まで

[農研機構 花き研究所]
http://flower.naro.affrc.go.jp/cgi-bin/news/newsview.cgi?dnum=287&category=event

 

農研機構(NARO)植物工場 つくば実証拠点第4回研修会
~消費者が望む野菜と品種・栽培システムの最新動向~
場所:南青山会館 大会議室
参加費無料、事前申込:11月2日(火曜日)まで

[農研機構 野菜茶業研究所]
http://vegetea.naro.affrc.go.jp/kyoudou/modelhouse/20101001.html

 

中央農研市民講座
「田んぼで高品質のムギを作る」
場所:食と農の科学館(茨城県つくば市)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://narc.naro.affrc.go.jp/event/h22/kouza1011/index.htm

 

平成22年度九州地域研究発表会
「暖温帯・亜熱帯の森林における生物多様性の維持」
入場無料、事前申込不要

[森林総合研究所]
http://www.ffpri.affrc.go.jp/event/2010/20101115/index.html

 

農業環境技術研究所 研究成果発表会2010
「未来につなげよう安全・安心な農業と環境」
場所:新宿明治安田生命ホール(東京都新宿区)
参加費無料、事前申込が必要

[農業環境技術研究所]
http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/sympo/h22/1117.html

 

農村研究フォーラム2010
「農業・農村の持続性と再生可能エネルギーの利活用」
場所:秋葉原コンベンションホール(東京都千代田区)
参加費無料、事前申込必要:11月15日(月曜日)

[農研機構 農村工学研究所]
http://nkk.naro.affrc.go.jp/ivent/H22/forum/forum_1119.html

 

プリオン病の市民講座
「食と医療の安全-BSE、ヤコブ病、鳥インフルエンザ、口蹄疫-」
場所:東京大学弥生講堂(東京都文京区)
参加費無料、事前申込不要

[農研機構 動物衛生研究所]
http://niah.naro.affrc.go.jp/research/press/h221022/H221022.html

 

野菜茶業研究所枕崎茶業研究拠点創立50周年記念講演会
「茶研究のいまむかし」
場所:枕崎市妙見センター(鹿児島県枕崎市)
参加費無料、事前登録不要

[農研機構 野菜茶業研究所]
(PDF:188KB)
http://vegetea.naro.affrc.go.jp/event/makurazaki-50/20101128.pdf

 

野菜茶業課題別研究会
「わが国茶業の発展に向けた茶品種の果たす役割」
場所:鹿児島県市町村自治会館ホール(鹿児島県鹿児島市)
参加費無料、事前申込必要:11月22日(月曜日)まで

[農研機構 野菜茶業研究所]
(PDF:131KB)
http://vegetea.naro.affrc.go.jp/kadaibetsu/h22/h22-4-kaisai.pdf

 

研究会等を含む、より詳細なリストをご覧いただけます。
http://www.affrc.go.jp/ja/news_event/event

 

5)刊行物 

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
http://www.affrc.go.jp/ (「注目情報」に掲載中)

 

[農研機構 作物研究所]
http://nics.naro.affrc.go.jp/news/news38/index.html

 

[農研機構 九州沖縄農業研究センター]
http://konarc.naro.affrc.go.jp/jnews/033/news33.html

 

[農業生物資源研究所]
(PDF:682KB)
http://www.nias.affrc.go.jp/newsletter/2010/News38.pdf

 

[水産総合研究センター]
http://www.fra.affrc.go.jp/mail/no73.html

  

6)編集後記 

先日、研究成果の消費者への広報について、消費者団体の方と意見交換する機会がありました。蛍光色を持つ絹糸で作ったウェディングドレス(GMカイコの開発で実現)などの研究開発の話を聞くとおもしろく、研究に興味も持つが、多くの消費者は、実生活につながる、わかりやすいものでないと目を向けない。以前、タイトル(お米の研究最前線)に惹かれ、一般消費者も対象とした農水省のシンポジウムに参加したが、発表は技術の話が中心で説明内容が難しかった。例えば、カドミウム高吸収イネがなぜ必要か、吸収させたコメはどうするのか、消費者の生活との関わりなどをじっくり説明してほしかったという。参加された方が皆満足のいく説明は難しいかもしれませんが、一般の方の理解を高めるためには、努力が必要なことを実感しました。(ct)


 

「食と農の扉」「農と食のサイエンス」「農林水産研究開発のすがた」「最近の主な研究成果」などの刊行物がダウンロードできます。
是非ご利用下さい。

http://www.s.affrc.go.jp/docs/kankoubutu.htm

 

【編集発行】

〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省 農林水産技術会議事務局 技術政策課
TEL:03-3501-9886

 


(おまけ) 

11月壁紙 キク

[農研機構 花き研究所]
http://flower.naro.affrc.go.jp/cgi-bin/news/newsview.cgi?dnum=293&category=whatsnew

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局技術政策課
ダイヤルイン:03-3502-7406
FAX:03-3507-8794

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図