English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「食と農の研究メールマガジン」 > バックナンバー > 「食と農の研究メールマガジン」第85号(2010年10月1日号)


ここから本文です。

「食と農の研究メールマガジン」第85号(2010年10月1日号)

目次

1)トピックス

2)農林水産技術会議事務局の動き

3)新しい技術や研究成果の紹介

4)イベントカレンダー(青少年・消費者向けイベント、セミナー・シンポジウム・研究会等)

5)刊行物

6)編集後記

おまけ

1)トピックス 

農産物・食品は炭水化物やビタミン等の重要な栄養素の供給源ですが、近年、その成分が持つ機能性に関する研究(例えば、みかんのβ-クリプトキサンチンによる糖尿病のリスク低下等)が進められています。このような農産物・食品の機能性が明らかになることで、農産物・食品の付加価値向上と適正な食事の摂取による生活習慣病予防への貢献等が期待されます。
今回、農産物・食品の機能性研究の最新の状況を紹介するとともに、今後の研究のあり方やその活用方法等を考えるため、研究者等が一堂に会するシンポジウムを開催します。

10月15日(金曜日)13時30分~16時30分(開場13時00分)
場所:農林水産省7階講堂(東京都千代田区)
参加費無料、定員:300名、申込期限:10月8日(金曜日)18時00分まで

詳しくは以下をご覧ください。
[農林水産技術会議事務局]
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/100917.htm

 

農研機構 生研センターでは、農山漁村の6次産業化に資する画期的な技術開発を民間に委託するとともに、成果を活用した製品の売上の一部を納付していただく事業を実施しています。本年度は、20課題の提案があり、その中から、外部の専門家からなる評価委員における厳正な審査の結果を踏まえて4課題を採択し、9月21日に公表しました。

[農研機構 生研センター]
http://brain.naro.affrc.go.jp/tokyo/press/press100921.pdf

 

2)農林水産技術会議事務局の動き 

11月15日(月曜日)~17日(水曜日)
場所:農林水産技術会議事務局筑波事務所筑波農林研究交流センター及び作物ゲノム育種実験施設[農研機構 作物研究所](茨城県つくば市)
申込期限:10月13日(水曜日)正午
http://www.affrc.go.jp/ja/tsukuba_office/tbhpdf_koryucenta/public

 

11月18日(木曜日)~19日(金曜日)
場所:つくば農林ホール(茨城県つくば市)
申込期限:10月8日(金曜日)
http://www.affrc.go.jp/ja/tsukuba_office/tbhpdf_koryucenta/public

 

3)新しい技術や研究成果の紹介 

農業生物資源研究所は、短いRNA分子により植物の遺伝子の働きを試験管内で抑えることに初めて成功し、その仕組みを明らかにしました。今回の成果にて、短いRNA分子の機能を増強することによりウイルスによる病害を抑えることが可能になると期待されます。

[農業生物資源研究所]
http://www.nias.affrc.go.jp/press/20100921/

 

作物研究所は、食物繊維の一種で機能性多糖のβ-グルカンを従来品種の2~3倍含む二条裸麦品種「ビューファイバー」を育成しました。粉に挽いてパン・菓子類・めん類などにブレンドすることにより、様々な食品への高付加価値化が可能です。大麦の新規用途開発による需要拡大と生産拡大が期待できます。

[農研機構 作物研究所]
http://nics.naro.affrc.go.jp/press/press-48.html

 

セルロース原料から酵素加水分解により、高価な装置を必要とせずセルロースナノファイバーを生成。結晶性が高く、素材として新しい用途が期待されます。

[大臣認定TLO 農林水産技術情報協会AFFTISアイピー]
http://www.afftis.or.jp/IP/special/sp.html

 

4)イベントカレンダー 

青少年・消費者向けイベント

北農研オープンキャンパス-北農研は何をするところ?-

場所:北海道農業研究センター(札幌市豊平区)
入場無料、事前申込不要

詳しくは以下をご覧ください。
[農研機構 北海道農業研究センター]
http://cryo.naro.affrc.go.jp/press/2010/0909/index.html

 

場所:東北農業研究センター福島研究拠点(福島県福島市)
テ ー マ:体験!発見!食と農のふれあいDAY
入場無料、事前申込不要

詳しくは以下をご覧ください。
[農研機構 東北農業研究センター福島研究拠点]
http://tohoku.naro.affrc.go.jp/press/2010/0917.html

 

近畿中国四国農業研究センター綾部研究拠点 一般公開「人と環境にやさしい野菜づくり」

場所:近畿中国四国農業研究センター綾部研究拠点(京都府綾部市)
入場無料、事前申込不要

詳しくは以下をご覧ください。
[農研機構 近畿中国四国農業研究センター]
http://wenarc.naro.affrc.go.jp/event/exhibition/2010/exhibition_index.html

中央農研市民講座-畑のやっかいもの外来雑草アサガオ類とは?-

場所:食と農の科学館(つくばリサーチギャラリー)
参加費無料、定員約70名(事前申込不要)

[農研機構 中央農業総合研究センター]
http://narc.naro.affrc.go.jp/event/h22/kouza1010/index.htm

 

畜産草地研究所那須研究拠点 一般公開
「見て、触れて、体験してみよう! 畜産草地研究所 公開デー~安全・安心・エコな畜産物生産を目指して~ 」

場所:畜産草地研究所那須研究拠点(栃木県那須塩原市)
入場無料、事前申込不要

詳しくは以下をご覧下さい。
[農研機構 畜産草地研究所]
http://nilgs.naro.affrc.go.jp/press/2010/0910/nasukokai_index.html

 

近畿中国四国農業研究センター 一般公開「みてみようよ!農業研究」

場所:近畿中国四国農業研究センター(広島県福山市)
入場無料、事前申込不要

詳しくは以下をご覧ください。
[農研機構 近畿中国四国農業研究センター]
http://wenarc.naro.affrc.go.jp/event/exhibition/2010/exhibition_index.html

 

近畿中国四国農業研究センター四国研究センター 一般公開「来て、見て、体験! 夢のある地域農業」

場所:近畿中国四国農業研究センター四国研究センター仙遊地区(香川県善通寺市)
入場無料、事前申込不要

詳しくは以下をご覧ください。
[農研機構 近畿中国四国農業研究センター]
http://wenarc.naro.affrc.go.jp/event/exhibition/2010/exhibition_index.html

 

セミナー・シンポジウム・研究会等

平成22年度農研機構シンポジウム「消費拡大に向けた花きの新品種開発と今後の展開方向」

場所:エポカルつくば 3階 中ホール300(茨城県つくば市)
参加費無料、情報交換会は会費制(一人5,000円)
事前登録必要:10月12日(火曜日)まで

詳しくは以下をご覧ください。
[農研機構 花き研究所]
http://flower.naro.affrc.go.jp/cgi-bin/news/newsview.cgi?dnum=281&category=event

食と農の技術交流会in九州2010&九州沖縄地域マッチングフォーラム2010~6次産業で拓く九州沖縄農業の新時代~

場所:福岡ファッションビル8階Bホール(福岡市博多区)
参加費無料、事前登録必要:10月8日(金曜日)まで

詳しくは以下をご覧ください。
[農研機構 九州沖縄農業研究センター]
http://konarc.naro.affrc.go.jp/oshirase/symposium/symposium15/kaisai/index.html

 

平成22年度 果樹用ドリフト低減型防除機に関する現地検討会

検討会:埼玉県農林総合研究センター 園芸研究所講堂(定員150名)
実演会:同所 園芸研究所ナシ栽培ほ場(雨天時は同所講堂前)
(いずれも埼玉県久喜市)
参加費無料、事前登録必要:10月18日(月曜日)まで

詳しくは以下をご覧ください。
[農研機構 生研センター]
http://brain.naro.affrc.go.jp/iam/Event/iam_event101028.htm

 

5)刊行物 

[農林水産技術会議事務局筑波事務所]
http://www.affrc.go.jp/ (「注目情報」に掲載中)

 

[農研機構 畜産草地研究所]
http://nilgs.naro.affrc.go.jp/pub/shiryou/index10.html

 

 

6)編集後記 

9月の三連休に、川越の蔵屋敷に行きました。江戸時代から明治時代にかけて発展した街並みは風情があって、現代に建てられたはずの郵便局や小売店も蔵造りの建物に合わせた外観をしているのです。この建築方法は単に見た目の豪華さだけを追求したものではなく、防火対策もきちんと考えられており、明治時代に大火事が起こった時も蔵造りの建物がぽつぽつと残っていたのだとか。昔の知恵に感心しつつ、「時の鐘」と呼ばれる落ち着いた鐘の音を聴いていたのでした。(雪)


「食と農の扉」「農と食のサイエンス」「農林水産研究開発のすがた」「最近の主な研究成果」などの刊行物がダウンロードできます。
是非ご利用下さい。

http://www.s.affrc.go.jp/docs/kankoubutu.htm

 

【編集発行】

〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省 農林水産技術会議事務局 技術政策課
TEL:03-3501-9886

 


(おまけ) 

10月壁紙 ダリア

[農研機構 花き研究所]
http://flower.naro.affrc.go.jp/cgi-bin/news/newsview.cgi?dnum=289&category=whatsnew

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局技術政策課
ダイヤルイン:03-3502-7406
FAX:03-3507-8794

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図